埼玉県寄居町の少年事件で活躍する弁護士 無免許運転の逮捕ならまずご相談を! 

2017-06-25

埼玉県寄居町の少年事件で活躍する弁護士 無免許運転の逮捕ならまずご相談を! 

埼玉県寄居町在住の高校生Aさんは、深夜、定期的に仲間同士で集まり、無免許で自動車を運転しています。
ある日、Aさんは自損事故を起こし、駆けつけた埼玉県警寄居警察署の警察官の調べで、無免許運転が発覚しました。
Aさんは道路交通法違反の容疑で現行犯逮捕されました。
警察から連絡を受けたAさんのお母さんは、息子の逮捕にショックを受け、少年事件に強い弁護士に相談することにしました。
(※フィクションです)

【少年による交通犯罪(少年事件)】

警察庁の調べによると、人口減少による影響を考慮しても、この12年間で確実に少年犯罪の発生割合は減少しています。

しかし、交通犯罪や薬物犯罪などは、いわゆる不良行為少年の間で、依然として高い割合で発生する傾向にあります。
少年に典型的な交通犯罪を挙げれば、暴走族などの共同危険行為、無免許運転等があります。

【少年の交通犯罪と弁護活動】

少年事件の手続きは、罪を裁くことよりも、少年を更生させるという観点で設計されています。
14歳以上の少年が逮捕されると、事件は最終的に家庭裁判所に送られ、観護措置や調査官による調査等を経て、審判に付されるか判断されます。
審判が開始されると、事件を保護処分とするか、検察官に送致するか、または不処分とするか判断されます。

少年事件における弁護活動は、違法性を争ったり、情状を主張するだけでなく、少年が自分の犯した罪の重大性を十分に理解し、今後少年が再犯をしないようにどのような環境を整えるべきか、少年が更生するためにどのような指針が必要か、という点が重要となります。

また、無免許運転の場合、審判に向けた活動としては、今後の免許取得に向けた活動や、交通法規の習得のための講習会へ参加や、それを支える家族の支援などが重要になってきます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件および少年事件を専門とする法律事務所であり、数多くの少年事件を取り扱ってきました。
少年事件に精通した弊社の弁護士が、ご家族の方に寄り添いながら、少年にとって最善の結果が出るよう活動します。

埼玉県寄居町の少年の無免許運転事件でお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の無料相談や初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警寄居警察署への初回接見費用:41,700円)

ページの上部へ戻る