埼玉県さいたま市の少年事件で活躍! 盗撮事件の逮捕事案に強い弁護士 

2017-07-01

埼玉県さいたま市の少年事件で活躍! 盗撮の逮捕事案に強い弁護士 

埼玉県さいたま市在住の高校生Aさんは、市内の公衆トイレで盗撮をしようとしたところ、盗撮の目撃者から通報を受けた埼玉県警岩槻警察署の警察官によって現行犯逮捕されました。
Aさんの両親は、警察からの連絡にショックを隠せず、少年の逮捕事案に詳しい弁護士に相談することにしました。
(※フィクションです)

【少年の盗撮事件】

盗撮を規制する法律として、各都道府県は迷惑行為防止条例を定めています。
埼玉県迷惑行為防止条例の第2条は、公共の場や公共の乗り物における盗撮行為を処罰しています。

警察庁の警察白書によれば、少年による犯罪の検挙数・補導員数は全体的に減少している中、性犯罪については微増となっています。
スマートフォンの普及により、写真撮影やわいせつ画像の取得・頒布が容易になったことも盗撮などの性犯罪増加の背景にあるのでしょう。
また、デジタル世代として育った少年たちの中には、盗撮を容易にする無音アプリや盗撮の証拠画像がスマートフォンに残らない手段を使用していたケースもあるようです。

盗撮逮捕された場合の弁護活動】

少年事件においては、家庭裁判所は、少年の更生という視点から審判の要否を判断し、必要な保護処分を決定していきます。
そこでは、盗撮逮捕された少年が、もう二度と盗撮を行わない真摯な反省をしていることや、更生に適した環境を整えることが考慮されます。
反面、盗撮のような性犯罪は再犯率が高いという傾向があるため、少年の少年の弁護活動には経験豊富な弁護士であることが望まれます。

また、盗撮逮捕された場合には、できるだけ早い段階で弁護士をつけ、不当に不利な取り扱いがされないよう弁護士がサポートしていくことも重要です。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、これまで多くの少年事件を取り扱っており、少年の盗撮事件も経験豊富です。

埼玉県さいたま市盗撮事件でお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の無料相談や初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警岩槻警察署への初回接見費用:37,500円)

ページの上部へ戻る