埼玉県加須市の刑事事件で活躍する弁護士 酒気帯び運転の逮捕で早期釈放を目指す 

2017-06-22

埼玉県加須市の刑事事件で活躍する弁護士 酒気帯び運転の逮捕で早期釈放を目指す 

埼玉県加須市に住む自営業の男性Aさんは、ある晩友人とお酒を飲んだ後、まだ酔っ払ってはいないと思い、車で帰宅しました。
しかし、車道を検問していた埼玉県警加須警察署の警察官によって呼気チェックを受けた結果、酒気帯び運転と判断され、道路交通法違反の容疑で逮捕されました。
警察から連絡を受けたAさんの家族は不安になり、刑事事件に強い弁護士に相談することにしました。
(※フィクションです)

【飲酒運転の種類~酒酔い運転と酒気帯び運転~】
酒酔い運転は、アルコールの影響で正常に車両を運転できない状態を言います。
呼気アルコール濃度ではなく、ろれつが回っていないことや、まっすぐ歩けないなどの状況から判断されます。
一方、酒気帯び運転は、「呼気1リットルあたり0.15mg以上もしくは血液1ミリリットルあたり0.3mg以上」の基準のアルコールを含んで車両を運転することを言います。

なお、酒気帯び運転逮捕された場合、3年以下の懲役または50万円以下の罰金が課される可能性があります。
さらに、警察庁の調査によれば、飲酒運転は、通常時の8.4倍の確率で死亡事故を引き起こすとしています。
よって、酒気帯び運転は、自分や同乗者の生命や身体の安全だけでなく、刑事事件リスクも引き起こす、極めて危険な行為と言えます。

酒気帯び運転による逮捕と弁護活動】
酒気帯び運転逮捕された場合、

・初犯であるかどうか(同種前科・前歴があるか否か)
・検出された血中または呼気中のアルコール濃度の度合い

などの様々な事情によって,早期釈放や不起訴,罰金等,終局処分が変わってくることになります。
当然,弁護活動の方向性も変わってきます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、過去に多くの酒気帯び運転逮捕事件を扱っております。
逮捕直後の早期にご相談いただければ、経験豊富な弁護士が迅速に早期釈放にむけて取り組み、被疑者の方が円滑に社会に復帰することが可能となります。

埼玉県川越市酒気帯び運転事件でお悩みの方は、弊所へのご相談や初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県加須警察署への初回接見費用:40,000円)

ページの上部へ戻る