埼玉県さいたま市大宮の刑事事件に強い弁護士 ひき逃げの逮捕のお悩みならご相談を!

2017-07-09

埼玉県さいたま市大宮の刑事事件に強い弁護士 ひき逃げの逮捕のお悩みならご相談を!

埼玉県さいたま市在住の会社員Aさんは、夜に市内を運転していたところ、人をはねてしまい、怖くなってそのまま帰宅しました。
Aさんはこのことを父親に相談し、逮捕のリスクや埼玉県大宮警察署へ自首すべきか等を相談するため、刑事事件専門の弁護士事務所を探し始めました。
(※フィクションです)

ひき逃げとは】

ひき逃げのニュースは後を絶ちません。ひき逃げ行為とは,人や物に車等をぶつけて,そのまま走り去った場合に成立します。

ただ,ひき逃げ罪などの罪は存在しません。例えば,人をひいて怪我させてしまったような場合,自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律第4条の「過失運転致死傷罪」となります。この場合の法定刑は「7年以下の懲役もしくは禁錮または100万円以下の罰金」です。

それにくわえて,ひき逃げ行為をした場合,道路交通法第72条前段の「救護義務違反」となるのです。交通事故を起こした車の運転手が負傷者を適切な方法で助ける義務を果たさず事故現場から逃げた場合、5年以下の懲役または50万円以下の罰金となります。

また,道路交通法上第72条後段の「報告義務違反」にもあたることになり,110番通報等、事故を捜査機関に報告をしなかった場合、3月以下の懲役または5万円以下の罰金が課されることになります。

以上のように,過失で人をひいてしまった場合,すぐに連絡や救護をしていれば,上記「過失運転致死傷罪」が成立するにすぎないにもかかわらず,ひき逃げした場合には,道路交通法上の救護義務や報告義務違反となり,かなり重く罰せられることになってしまいます。

ひき逃げの弁護活動】

ひき逃げの刑事事件においては、一度事故現場から逃走しているため、逮捕の必要性が高いと判断されるケースが多です。
また、同じ理由で、ひき逃げでは逮捕後の勾留が決定する可能性も高く、身柄拘束が長くなる傾向にあります。
この点、刑事事件の経験豊富な弁護士であれば、起訴を回避するための早期の示談交渉や、起訴されてしまった場合の保釈申請など、早期の身柄解放のために様々な手段を講じて最善の結果を出す可能性を高めることが期待できます。

また、ひき逃げを起こしてしまった時点で、早期に刑事事件に強い弁護士に相談いただき、その状況でベストの弁護活動をスピーディに行うことがとても重要です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の法律事務所として、今まで多くのひき逃げ事件を対応してきました。

埼玉県さいたま市大宮ひき逃げ事件でお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の無料相談や初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警大宮警察署への初回接見費用:3万5000円)

ページの上部へ戻る