埼玉県深谷市の刑事事件に強い弁護士 ストーカーの逮捕事件ならご相談を! 

2017-06-26

埼玉県深谷市の刑事事件に強い弁護士 ストーカーの逮捕事件ならご相談を! 

埼玉県深谷市在住の男性会社員Aさんは、近所の飲食店の女性店員Vさんと仲良くなりました。
しかし、Aさんの度を越した発言や態度に、Vさんは嫌気がさし、Aさんに「もう二度と連絡してこないで」と伝えました。
それでもAさんはVさんの働く飲食店に通い続け、Vさんに悪質な声かけをしたり、帰宅するVさんを追跡するようになりました。
Aさんの行動に身の危険を感じたVさんは、警察に相談し被害届を出したました。
後日、Aさんは埼玉県警深谷警察署の警察官によって、ストーカー規制法違反の容疑で逮捕されました。
(※フィクションです)

ストーカー行為を規制する法律】

ストーカー行為は「ストーカー行為等の規制等に関する法律」(ストーカー規制法)によって規制されています。
大まかに、ストーカー規制法では、以下の行為を「ストーカー行為」として処罰しています。
・つきまとい、待ち伏せ
・被害者を監視していると通告すること
・面会や交際を要求すること
・無言電話や拒否されても連続して電話などをかけること
・汚物や動物の死骸などを送付すること
・名誉を害する事実を告げること
・わいせつなことを告げたり、わいせつな画像等を送付すること

ストーカー規制法において、ストーカー行為をした者は、1年以下の懲役または100万円以下の罰金で処罰されます。

ストーカー行為と弁護活動】

ストーカー事件の被害者に対して、被疑者の方が直接接触することは得策ではありません。
たとえ被疑者の方が、ストーカー行為について真摯に反省し、被害者に謝罪したい場合でも、被疑者を被害者に再び接触させると、さらなるつきまとい行為や脅迫行為が疑われてしまうからです。
また、被害者の方は、ストーカー行為によって、被疑者に対して恐怖や不安、嫌悪の感情を持っており、建設的な話し合いは極めて困難です。

このような場合、事実上、弁護士だけが被疑者と被害者を仲介することができます。
ストーカー行為逮捕され刑事事件となった場合、早期に身柄を解放するためには、被害者対応や示談交渉が重要です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の法律事務所であり、多くのストーカー事件を取り扱ってきました。
ストーカー事件に精通した弁護士が、豊富な経験に基づいて被害者対応や示談交渉を行い、被疑者にとって最善の結果が出るよう活動します。

埼玉県深谷市ストーカー事件でお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の無料相談や初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警深谷警察署への初回接見費用:40,800円)

ページの上部へ戻る