成人式で逮捕されたら さいたま市の刑事事件に強い弁護士にすぐ相談を

2018-01-09

成人式で逮捕されたら さいたま市の刑事事件に強い弁護士にすぐ相談を

埼玉県さいたま市のとび職Aさんは、地元の成人式に出席していたところ、式の最中に友人たちと大騒ぎし、制止しようとした市職員らに対して暴力行為を行ったため、通報によってかけつけた埼玉県警浦和西警察署の警察官によって暴行罪の疑いで現行犯逮捕されました。
Aさんの両親は、息子が暴行罪で逮捕されたとの連絡を受け、すぐに弁護士に相談することにしました。
(※フィクションです。)

【成人式での新成人によるトラブル~時には逮捕も~】

ほぼ毎年、成人式での新成人によるトラブルが刑事事件に発展し、逮捕に至るケースも多く見受けられます。
成人式での新成人による刑事事件をまとめると、主に次の犯罪が列挙できます。
・暴行罪、傷害罪などの暴力犯罪
・改造車やスピード超過などの道交法違反
・式の進行を妨げる公務執行妨害罪

実際に今年も、静岡県で成人式にオープンカーのように改造した車を運転したとして道交法違反の疑いで新成人が現行犯逮捕される事件が起きたりしているようです。

一方、福岡県北九州市では、過去2年の間に飲酒で保護されたり、暴れ出したり等で逮捕されたりする新成人が出たことを踏まえ、今年初めて会場外で酒類の持ち込みを制限することに決めました。
また、清掃活動や模擬投票を実施し、成人の自覚を促そうと、様々な取り組みを続けているようです。

公の場で行われた犯罪行為は目撃者も多いことに加え、昨今の市町村では成人式に警察官を配置することも珍しくありませんので、新成人による目に余る行為については刑事事件化するリスクが高くなっていると言えるでしょう。

埼玉県さいたま市成人式での新成人によるトラブルが刑事事件化してお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の無料法律相談または初回接見サービスをご利用ください。
埼玉県警浦和西警察署への初回接見費用:36,400円)

ページの上部へ戻る