埼玉県三郷市の刑事事件に強い弁護士 暴行罪で逮捕が心配ならご相談を! 

2017-07-30

埼玉県三郷市の刑事事件に強い弁護士 暴行罪で逮捕が心配ならご相談を! 

埼玉県三郷市在住のAさんは、隣人のVさんと仲が悪く、たびたび言い争いを起こしていました。
ある日、ゴミ出しのルールについてAさんとVさんは口論となり、AさんはVさんの胸元を突いたり、胸元を掴んだりしました。
この行為について、Vさんは埼玉県警吉川警察署に被害届を出したため、後日、AさんはVさんへの暴行罪の疑いで吉川警察署から出頭を求められました。
Aさんは、今後自分が逮捕されるのか不安になり、また警察での取調べについて助言を得るべく、刑事事件に強い弁護士に相談することにしました。
(※フィクションです)

暴行罪とは】

刑法208条によれば、暴行を加えた者が人を傷害するに至らなかったとき暴行罪が成立します。
法定刑は、2年以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料です。

暴行罪における暴行とは、人の身体に向けた有形力の行使を言いますが、有形力の行使が被害者の身体に現実に接触する必要はないと考えられています。
判例は、打楽器で大音量を出して被害者を朦朧とさせた事件で暴行罪の成立を認めたり、被害者を驚かすために数歩手前を狙って投石した事件で暴行罪の成立を認めています。

暴行罪逮捕事案】

暴行罪が成立するからといって、すべての事件で逮捕されるわけではありません。
執拗に暴力行為を続けたり、凶器を用いた暴行など、暴行の内容が悪質であったり、公衆の場で暴力が行われ、目撃者や関係者から通報されたケースでは、逮捕に至ることが多いようです。

他方、逮捕されなかった場合でも、被害者が被害届を出している場合には、在宅のまま捜査や取調べが行われることになります。
逮捕されない場合でも、取調べにおいてどのような調書が取られたかということが、後の刑事手続きで非常に重要となります。
捜査機関の圧力によって意に沿わない調書が作られてしまうと、後日それを撤回する際に、証言能力が疑われるなどの不利益が生じることもあり得ます。
そのため、警察の介入が判明した段階で、できるだけ事件の早期から刑事事件に詳しい弁護士に相談することをお勧めします。

埼玉県三郷市暴行罪でお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の無料法律相談または初回接見サービスをご利用ください。
埼玉県警吉川警察署への初回接見費用:41,000円)

ページの上部へ戻る