児童ポルノ所持罪の逮捕で不安なら 蕨市の刑事事件に強い弁護士に相談を

2018-01-10

児童ポルノ所持罪の逮捕で不安なら 蕨市の刑事事件に強い弁護士に相談を

埼玉県蕨市の会社員Aさんは、1年前に未成年の女子が出演しているアダルトDVDを購入しました。
Aさんは、ここ最近ニュースで話題となっている児童ポルノ所持罪逮捕事件を聞いて、自分にも捜査機関による家宅捜索が及び、埼玉県警蕨警察署児童ポルノ所持罪の疑いで逮捕されるのではないかと不安になったため、刑事事件に詳しい弁護士に相談することにしました。
(※フィクションです。)

【人気漫画家逮捕で広がったショック~児童ポルノ所持罪の捜査網拡大~】

昨年、人気漫画家の方が児童買春・児童ポルノ禁止法違反(単純所持)で書類送検されました。
報道によれば、都内の事務所で複数の児童ポルノDVDを所持していたとの疑いがもたれており、被疑事実を認めているようです。
警視庁少年育成課は、特にその漫画家をマークしていたわけではなく、児童ポルノの供給源を捜査する過程で、たまたま客として関与が浮上したようです。
客の特定→供給源の特定→その他の客の特定という、単純所持罪の捜査の三段階目で警視庁の捜査に浮上したとのことです。

この事件をきっかけに、捜査機関がポルノDVD販売店の顧客リストを捜査しているとの事実が広まったのか、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所さいたま支部にも逮捕の不安に駆られてご相談にいらっしゃる方が増えてきています。

一般に、児童ポルノ所持罪(児童買春・児童ポルノ禁止法違反)においては、捜査機関の捜索を受けること等はあっても、有名人など社会的影響力のある人物であったり、行為が悪質であったり等の事情がない限り、すぐに逮捕されるという可能性もそれほど高くはないと言われています。
とはいえ、逮捕されずにいたとしても、刑事事件の手続きは進んでいきます。
仮に児童ポルノ所持罪の疑いで書類送検されることになった場合、検察官による処分を待つ間に、より軽い処分を求める弁護活動でお役立ちできる可能性がありますので、児童ポルノ所持罪刑事事件化したら、すぐに弁護士に相談すると良いでしょう。

埼玉県蕨市児童ポルノ所持罪刑事事件化してお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の無料法律相談または初回接見サービスをご利用ください。
埼玉県警蕨警察署への初回接見費用:37,300円)

ページの上部へ戻る