埼玉県浦和市の少年事件で活躍する弁護士 住居侵入罪の逮捕のお悩みを解決! 

2017-06-27

埼玉県浦和市の少年事件で活躍する弁護士 住居侵入罪の逮捕のお悩みを解決! 

埼玉県浦和市在住のAさん(18歳)は、両親からの生活援助と動画配信の広告収入で生活しています。
ある日、Aさんは他人の敷地に無断で立ち入る様子を撮影した動画を動画共有サイトにアップロードしました。
この動画はネットで話題となり、一部の視聴者から通報を受けた埼玉県警浦和西警察署の警察官がAさんの家を訪れ、任意の事情聴取を求めました。
Aさんは、今後、住居侵入罪の容疑で逮捕されるのではないかと不安になり、両親と相談した結果、少年事件に強い弁護士に相談することにしました。
(※フィクションです)

住居侵入罪とは】

住居侵入罪は刑法130条に規定されていますが、この条文は大別して2つの行為を処罰すると理解されています。

・正当な理由がないのに、他人の住居や他人の看守する邸宅、建造物もしく艦船に侵入すること

→通常の意味での住居侵入罪です。

・要求を受けたにもかかわらず、これらの場所から退去しないこと

→いわゆる不退去罪です。

住居侵入罪および不退去罪の法定刑は、3年以下の懲役または10万円以下の罰金となっています。

なお、上記の例では住居侵入罪の単独の例を挙げましたが、住居侵入罪は、例えば窃盗罪や強盗罪など他の犯罪行為と結びついて処罰されることが非常に多いです。

【少年の住居侵入罪と弁護活動】
住居侵入罪のように、被害者がいる犯罪では、被害者に対する謝罪や示談交渉が重要です。
また、少年事件においては、被害弁償とともに、被疑者である少年が、今後再犯を犯さず、更生できる環境を整えることも併せて重要です。
さらに、上記の例のように、今後住居侵入罪での逮捕が予想される場合、不当に不利な調書を取らせないなど、捜査の初期段階で弁護士がついていることが非常に大切です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件および少年事件のみを扱う専門の法律事務所です。
少年事件に精通した弁護士が、豊富な経験に基づいて被害者対応や示談交渉を行ったり、少年の更生について最善のご提案を行います。

埼玉県浦和市の少年による住居侵入事件でお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の無料相談や初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警浦和西警察署への初回接見費用:36,400円)

ページの上部へ戻る