埼玉県羽生市の刑事事件に強い弁護士 クレプトマニア(窃盗症)事件も相談受付中

2017-09-27

埼玉県羽生市の刑事事件に強い弁護士 クレプトマニア(窃盗症)事件も相談受付中

埼玉県羽生市在住の会社員Aさんは、会社の営業の途中でコンビニに立ち寄り、食品など合計400円程度の商品を万引き(窃盗)してしまいました。
Aさんがコンビニを出たところで店員がAさんを呼び止め、Aさんを裏の事務室に連れていき、証拠のビデオを見せたところ、Aさんは万引き(窃盗)の事実を認めましたため、通報を受けた警察官によって、埼玉県警羽生警察署に連行され、取調べを受けています。
(※フィクションです)

クレプトマニアとは】

クレプトマニア(窃盗症)とは、国際疾病分類において「病的窃盗」とされ、「万引き(窃盗)を止めたくても止められない」という精神障害を言います。

クレプトマニア(窃盗症)の主な特徴として、刑罰などのリスクは理解しているにも関わらず数百円程度の金額の万引き(窃盗)をしてしまうことや、万引き(窃盗)の最中には強い興奮や快感、満足感を得るにも関わらず、行為後には罪悪感を覚えてしまうなど、一般的な道徳感では測れない、自分でもコントロールできない衝動などが挙げられます。
クレプトマニア(窃盗症)は他の精神障害と併発することも多いそうです。

また、クレプトマニア(窃盗症)の男女比で言うと、女性の方が圧倒的に多く、上述の他の精神障害との関連で、特に女性の摂食障害の方が多くクレプトマニア(窃盗症)に悩むことが多いと言われています。

なお、例えば横浜市の「大石クリニック」や群馬県渋川市の「赤城高原ホスピタル」は、専門的にクレプトマニア(窃盗症)の治療に取り組んでいるそうです。

クレプトマニア(窃盗症)のようなデリケートな問題については、本人はもちろん、家族の方の相談も受け付けているようです。
また、クレプトマニア(窃盗症)の疑いを調べるチェックリストもHP上に掲載しているクリニックも多いようですので、クレプトマニア(窃盗症)でお悩みの方は自己チェックのうえ、初診や通院をご検討なさると良いでしょう。

そして、クレプトマニア(窃盗症)でお悩みの方が、万引き(窃盗罪)の疑いで警察に取調べを求められた場合には、速やかに弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にご相談ください。
また、万引き(窃盗罪)の疑いで逮捕されたクレプトマニア(窃盗症)の方のご家族の方は、弊所の初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警羽生警察署への初回接見サービス費用:41,200円)

ページの上部へ戻る