埼玉県さいたま市の刑事事件に強い弁護士 家族が痴漢事件で逮捕されたら初回接見サービスを! 

2017-06-19

埼玉県さいたま市の刑事事件に強い弁護士 家族が痴漢事件で逮捕されたら初回接見サービスを! 

会社員の夫を持つ主婦のAさんは、ある晩、埼玉県大宮東警察署の警察官から電話を受けました。
その内容は,夫が電車内で痴漢をしたため、迷惑防止条例違反の容疑で現行犯逮捕されたというものでした。
Aさんは、とにかく夫と会って話がしたかったので、大宮東警察署に夫との面会を希望しましたが、断られてしまいました。
そこで、Aさんは痴漢事件の刑事事件に強い弁護士に相談し,初回接見をお願いすることにしました。
(※フィクションです)

痴漢行為と迷惑防止条例】
一般に、痴漢行為は各都道府県の迷惑防止条例で規制されています。
埼玉県迷惑行為防止条例の第2条第4項では、次の要件を満たす卑わいな言動を「痴漢行為」として規制しています。

場所:公共の場または公共の乗物

行為:①直接または服の上から他人の身体に触れる
    または
   ②下着などを無断で撮影する

結果:①他人を著しく羞恥させること
    または
   ②他人に不安を覚えさせること

同条例は、上記の痴漢行為に対して、6月以上の懲役または50万円以下の罰金を定めています。
また,常習的な場合にはより1年以下の懲役又は100万円以下の罰金となる可能性もあります。

痴漢事件の逮捕初回接見

痴漢事件で逮捕されると、被疑者は最大48時間警察に留置され、この間に事件を検察に送致するか決定します。
身柄が検察に送致されると、検察官は24時間以内に、被疑者を勾留するか決定します。

この間、家族であっても被疑者に接見することはできません。
接見できるのは、弁護人または弁護人になろうとする者のみです。

このような痴漢事件の逮捕事案について、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では初回接見サービスをお勧めしています。

初回接見サービスによって、ご家族の方は被疑者の方と連絡や伝言ができるだけでなく、刑事事件専門の弊社弁護士による取調べのアドバイスも受けることができます。
また、接見内容は依頼者であるご家族の方に報告し、刑事事件という緊急事態に対して、ご家族の方の不安が少しでも和らぐよう最善を尽くします。

埼玉県さいたま市痴漢逮捕事案でお悩みの方は、弊所の初回接見サービスをご検討ください。
大宮東警察署への初回接見費用:36,200円)

ページの上部へ戻る