埼玉県の刑事事件専門弁護士~万引き事件の再犯で逮捕なら

2017-07-11

埼玉県の刑事事件専門弁護士~万引き事件の再犯で逮捕なら

埼玉県さいたま市に住んでいるAさんは、市内のスーパーマーケットで万引きを繰り返し、埼玉県大宮警察署に、窃盗罪の容疑で逮捕されました。
Aさんは、過去にも何度も万引きして逮捕されており、いわゆる再犯の万引き事件でした。
その後、Aさんは窃盗罪で起訴され、正式裁判を受けることになりましたが、まさか万引きで裁判を受けることになると思っていなかったAさんは、埼玉県の刑事事件専門の弁護士に相談することにしました。
(※この事例はフィクションです。)

万引きでも刑事裁判

万引きは、刑法235条の窃盗罪にあたる犯罪です。
窃盗罪の法定刑は、10年以下の懲役又は50万円以下の罰金です。
このように、窃盗罪の法定刑には懲役刑も定められているので、上記の事例のAさんのように、たとえ万引きであっても、刑事裁判になる可能性は十分あります。

特に、今回の事例のAさんのように、過去に何度も万引きを行って逮捕されたというような、再犯事件では、処分は前回の場合よりも厳しくなる可能性が高いです。
万引きも何回も繰り返せば、反省の色が見えないといった理由から、刑事裁判まで発展する可能性があるのです。

このように、再犯を繰り返し、刑事裁判まで発展することを避けるためには、万引き逮捕されたら早期に刑事事件に強い弁護士に相談し、再犯を犯さないための対策をきちんと取ることが重要です。
万引きの原因などを弁護士と一緒に考え、一緒に再犯防止のための活動を行っていきましょう。
再犯防止策をきちんと構築することは、今後の更生のためにも、処分を軽くするためにも重要なことです。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門の弁護士万引き事件にも丁寧に対応します。
万引き事件でご家族が逮捕されてしまってお困りの方、再犯防止についてお悩みの方は、まずは弊所の弁護士までご相談下さい。
埼玉県大宮警察署までの初回接見費用:35,200円)

ページの上部へ戻る