埼玉県さいたま市浦和区の窃盗(万引き)事件で逮捕 刑事事件専門弁護士により早期の釈放!

2017-06-17

埼玉県さいたま市浦和区の窃盗(万引き)事件で逮捕 刑事事件専門弁護士により早期の釈放!

埼玉県さいたま市浦和区の会社員Aさんは、生活のストレスから、家から少し離れたスーパーで万引き窃盗)をしてしまいました。
スーパーの店員は埼玉県警察浦和警察署に通報し、Aさんは同署の警察官によって窃盗の容疑で逮捕されました。
浦和警察署からの連絡を受けたAさんの妻は大変動揺し、刑事事件に強い弁護士に相談することにしました。
(※フィクションです)

万引き窃盗
一般に「万引き」と呼ばれる行為は、刑法235条の窃盗罪に該当します。
犯罪白書によれば、窃盗罪は、認知件数において一般刑法犯の70%以上を占める、最も発生件数の多い犯罪です。

通常、被害総額や窃盗行為の常習性、前科・前歴の有無によって、警察は事件を検察官に送致するか決定します。
ただし、ごく軽微な万引の場合には、警察は検察に事件を送致せずに事件を終了させることがあります(微罪処分)。

窃盗罪は、上記のとおり最も発生件数の多い刑事事件として、様々なケースが想定され、法定刑も、10年以下の懲役または50万円以下の罰金と、幅広く定められています。

窃盗事件の弁護活動】
窃盗罪のように被害者がいる刑事事件では、状況に応じて様々な弁護活動が考えられます。

例えば、窃盗罪の被害者に対して弁償したり、謝罪文を送ることで、窃盗による損失の回復と反省の態度を示すことができます。
さらに、弁護士は被害者の被害感情に応じて様々な示談内容を提示し、被害届や告訴を出さないよう合意することを目指すことがあります。
そして、示談交渉次第では、被害者から、窃盗の罪は許すので刑事訴追をしないでほしいという合意を至ることもあり得ます。

このように、窃盗事件の逮捕事案のような場合、様々な弁護活動が展開されます。
ですから、その対応は刑事事件の経験豊富な弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にお任せください。
弊所では窃盗を含む多くの被害者対応事案において、勾留請求の却下(早期釈放)などを勝ち取った実績があります。

また、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、初回の無料相談の他に、逮捕されてしまった方に対する初回接見サービスも行っています。
埼玉県さいたま市浦和区窃盗万引き)事件でお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士にご相談ください。
浦和警察署までの初回接見費用:35900円)

ページの上部へ戻る