埼玉県東松山市の少年事件に強い弁護士 恐喝罪の逮捕ならご相談を!

2017-07-10

埼玉県東松山市の少年事件に強い弁護士 恐喝罪の逮捕ならご相談を!

埼玉県東松山市に住む高校生Aさん達複数の学生は、同級生のVさんに脅迫や暴行を行い、定期的に金品を要求していました。
Vさんの態度やお金の出入りについて疑問を抱いたVさんのご両親は、埼玉県警東松山警察署恐喝罪の被害届を出しました。
後日、Aさんを含む複数の生徒が、恐喝罪の容疑で逮捕されました。
Aさんの家族は、息子が恐喝罪逮捕されたという事実にどうしていいか分からず、少年事件専門の弁護士に相談することにしました。
(※フィクションです)

恐喝罪とは】

恐喝を処罰する刑法249条は、脅迫または暴行を用いて相手を畏怖させ、財物や財産上の利益を交付させた者に対し、10年以下の懲役の罰則を定めています。
一般に、少年事件におけるカツアゲ事案は、恐喝罪が適用されることが多いようです。
また、上記事例のように、学校におけるイジメの一環として恐喝罪が行われる事例もあります。
複数の中学生が被害者である同級生を長期的に恐喝した結果、被害総額が5000万円に達する恐喝罪で逮捕された事件も話題となりました。

なお、暴行・脅迫の程度が相手方の反抗を抑圧するものであれば、恐喝罪ではなく、より刑の重い強盗罪が成立する可能性があります。

【少年の恐喝罪の弁護活動】

少年による恐喝事件においても、被害者と示談することは非常に重要です。
恐喝で取得した金銭を弁償すること、謝罪文などを通じて真摯な反省の情を示すこと、そして示談を締結することによって、審判不開始や不処分となる可能性を高めることができます。

また、被害者の処罰感情も重要な要素であり、加害者である少年の代理人として被害者と交渉し信頼を得るためには、少年事件に精通し、かつ示談交渉の経験も豊富な弁護士を選ぶことが大切です。
恐喝罪の示談がまとまれば、少年の身柄が解放される可能性がありますので、少年の早期の社会復帰にも役立ちます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件および少年事件専門の法律事務所です。
少年による経済犯罪、特に恐喝罪のように被害者対応や示談交渉を含む事案で、経験豊富な弁護士が最善の弁護活動を行います。

埼玉県東松山市恐喝事件でお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の無料相談や初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警東松山警察署への初回接見費用:41,400円)

ページの上部へ戻る