埼玉県川越市の刑事事件で活躍する弁護士 傷害事件の逮捕に迅速対応 

2017-06-21

埼玉県川越市の刑事事件で活躍する弁護士 傷害事件の逮捕に迅速対応 

埼玉県川越市に住む自営業の男性Aさんは、ある晩、数名の友人とお酒を飲んで帰る途中、向かいから来たグループと肩が当たり、口論となりました。
相手がAさんの胸倉を掴んできたため、Aさんは頭突きをしたところ、相手は鼻から激しく出血しました。
相手はすぐに携帯電話で警察に通報し、Aさんは埼玉県川越警察署の警察官によって傷害罪の容疑で現行犯逮捕されました。
Aさんの奥さんは、夫が逮捕されたと聞いて狼狽し、傷害事件などの刑事事件に強い弁護士に相談することにしました。
(※フィクションです)

【喧嘩と刑事事件
喧嘩をし相手に怪我をさせてしまった場合,傷害罪となる可能性があります。
刑法204条は,相手を傷害した場合に,15年以下の懲役又は50万円以下の罰金を科すと規定しています。

なお,喧嘩事案の場合,片方が傷害罪で警察に被害届を出したら,もう片方が同じく傷害罪で被害届を出すことが考えられます。
この場合,双方が傷害の処罰の対象となる可能性があります。

 

傷害事件の逮捕と弁護活動】

傷害事件で逮捕されると、最大72時間留置され、裁判所によって勾留が決定されれば、最大10日間身柄を拘束されます。
さらに、この勾留は検察官の請求によって延長することもあります。

逮捕・勾留が被疑者に及ぼす不利益は、家族や勤め先との連絡を失うことなど、多岐におよびます。
傷害事件の逮捕事案では、早期の釈放にあたって、被害者対応が非常に重要になってきます。
例えば、早期の示談対応で被害届を取り下げてもらうことで、釈放の可能性を高めることができます。

このような傷害事件の逮捕事案について、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では多くの被害者対応で実績を挙げています。

埼玉県川越市傷害事件でお悩みの方は、弊所へのご相談や初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県川越警察署への初回接見費用:38,700円)

ページの上部へ戻る