夫婦喧嘩から傷害罪へ発展し逮捕 埼玉県鶴ヶ島市の刑事事件弁護士

2018-12-21

夫婦喧嘩から傷害罪へ発展し逮捕 埼玉県鶴ヶ島市の刑事事件弁護士

埼玉県鶴ヶ島市在住の会社員Aさんは、ある晩、共働きの妻Vさんとの間で、お互いの仕事と家事および育児の分担を巡って言い争いとなり、苛立ちが高じてVさんの頬を強く殴ってしまい、顎の内出血や頸椎捻挫等の傷害を負わせてしまいました。
痛みとショックで動揺したVさんは110番通報したため、駆けつけた埼玉県警西入間警察署がAさんを傷害罪の疑いで現行犯逮捕しました。
警察の調べに対し、Aさんは逮捕事実を認め、強く反省の念を示しています。
Aさんが逮捕されたと連絡を受けたAさんの両親は、Aさんの1日でも早い釈放刑事処分ができるだけ軽くなるよう願い、刑事事件に強い弁護士に事件を依頼することにしました。
(フィクションです。)

時に男性芸能人やその他男性著名人が妻に対して暴力を振るったとして刑事事件化する事案が報道を賑わせることがあり、今年12月18日には兵庫県議員の男性が妻の顔を殴ったとして傷害罪の疑いで兵庫県警明石警察署に逮捕されました。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所さいたま支部でも、夫婦間または恋人同士の口論から暴力行為に発展し、その結果女性を負傷させてしまったとして傷害罪の疑いで逮捕されてしまった方からの法律相談や初回接見のご依頼をいただくことがあり、そのうち数件を受任させていただきました。

このような刑事事件の特徴として、刑事事件化に至った暴力行為以前から、頻繁に口論や言い争いが行われており、夫婦間または恋人間で信頼関係が揺らぎ始めている事情があり、その関係が暴力行為によって決定的に破綻してしまい、被害者が警察に通報に至ったという事情が多く見受けられます。

そのため、被害者から通報を受けた管轄の警察は、加害者を逮捕するケース(特に現行犯逮捕)がとても多く、かつ、被害者と加害者が同居している、または常に連絡が取れる密接な関係であることから、被害者に対する威迫による罪証(証拠)隠滅を懸念して、逮捕後に10日間の勾留を認める傾向が強いです。

このような刑事事件では、弁護士を通じて、心からの謝罪と再発防止の誓約を行い、被害者の信頼を得て刑事処罰を求めない合意を得ることが重要となりますので、このような事案で不起訴処分を複数獲得した実績のある、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の初回無料の法律相談または初回接見サービスをご利用ください。
埼玉県警西入間警察署への初回接見費用:39,400円)

ページの上部へ戻る