イベントでハメ外しの暴力犯罪で逮捕 埼玉県さいたま市の刑事事件弁護士に接見依頼を

2018-10-29

イベントで暴力犯罪を起こし現行犯逮捕 埼玉県さいたま市の刑事事件弁護士に接見依頼を

埼玉県さいたま市在住の大学生Aさんは、友人とともに、渋谷のハロウィンイベントに参加するために仮装して大宮駅で待ち合わせをしたところ、Aさんらを揶揄する集団と口論のすえ乱闘になり、Aさんはその内一人を殴って負傷させたとして、埼玉県警大宮警察署によって傷害罪の疑いで現行犯逮捕されました。
Aさん逮捕の連絡を受けたAさんの母親は、突然の知らせに驚愕し、息子がどのような状態か、今後どのような処分となるのかを知るべく、刑事事件に強い弁護士接見を依頼することにしました。
(フィクションです。)

【大型の屋外イベントで逮捕者発生】

10月31日のハロウィンを前に、27日深夜から28日未明にかけて、東京・渋谷に仮装した人たちが集まりました。

しかし、イベントでハメを外しすぎたのか、軽トラックが横転させられたり(器物損壊罪)、暴行(暴行罪)や盗撮・痴漢(東京都迷惑行為防止条例違反)などの疑いで逮捕者計5人も出る騒ぎとなりました。

ハロウィンを巡って、近年では、ゴミの放置や参加者同士のトラブルが続いており、特に若者が仮装してイベントを行う渋谷区では、瓶に入った酒類の販売自粛を近隣店舗に呼びかけるなど対策を強化していました。

また、昨年のハロウィンでは、「ハロウィンで目立ちたくて仮装して暴走した」という理由で、埼玉県越谷市内において、16~17歳の少年計7人が越谷市内でバイクで暴走行為をしたとして、道路交通法違反共同危険行為)の疑いで逮捕されました。

ハロウィンイベントも日本に定着してきた感があり、そこで発生するトラブルや刑事事件に対応すべく、警察も警戒を強めており、現行犯逮捕された場合には、刑事事件専門の弁護士接見を依頼し、事件の見通しを知ることが極めて重要です。

埼玉県さいたま市で、屋外イベントにおける暴力犯罪等で刑事事件化または逮捕されてお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の初回無料の法律相談、または初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警大宮警察署への初回接見費用:34,900円)

ページの上部へ戻る