市役所窓口での暴力犯罪で現行犯逮捕 埼玉県本庄市の刑事事件弁護士に接見依頼を

2018-10-30

市役所窓口での暴力犯罪で現行犯逮捕 埼玉県本庄市の刑事事件弁護士

埼玉県本庄市在住の無職男性Aさんは、税金の納付について本庄市役所に相談に行ったところ、職員Vさんの態度が気にくわないとの理由で、Vさんに体当たりの暴行を加えました。
その様子を目撃した市役所職員が110番通報し、駆けつけた埼玉県警本庄警察署の警察官によって、Aさんは公務執行妨害罪の疑いで現行犯逮捕されました。
警察の調べに対し、Aさんは「故意にやったわけではない」と故意を否認しています。
(フィクションです。)

上記刑事事件は、今年10月29日、神奈川県相模原市を訪れた男性が、税金の支払い方法をめぐって窓口で対応した職員とトラブルになり、職員に体当たりして暴行を加えたとして、公務執行妨害罪の疑いで現行犯逮捕された事案をモデルにしています。

刑法第95条の公務執行妨害罪は、公務員が職務を執行するにあたり、これに対して暴行または脅迫を加えた場合、3年以下の懲役もしくは禁錮または50万円以下の罰金を科されます。

上記事案では、市役所職員による市民に対する納税方法の説明中に暴行が行われているところ、判例によれば、公務執行妨害罪における「職務」とは、ひろく公務員が取り扱う各種各様の事務すべてが含まれると解されており、また、公務員の職務執行中に暴行または脅迫が加えられた場合には公務執行妨害罪が成立し、その暴行または脅迫によって実際に職務執行が妨害されることは必要としないと解されています。

公務執行妨害罪刑事事件は、類型的に、警察官に対する暴行が最も多いようですが、高齢化の進行する昨今、市役所・区役所におけるトラブルから通報され、刑事事件化するケースも見受けられます。

公務執行妨害罪の過去の量刑を見ると、罰金30万円の命令が下された事例や、1年未満の懲役に執行猶予3年と判決がくだされた例が多いですが、前科や悪質な犯行態様によっては8月から2年ほどの実刑判決を下される例も見受けられます。

埼玉県本庄市で、市役所窓口での暴力犯罪現行犯逮捕されて悩みの方は、公務執行妨害罪刑事事件に経験豊富な弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の初回無料の法律相談、または初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警本庄警察署への初回接見費用:41,460円)

ページの上部へ戻る