通勤途中の運転ミスで死亡事故を起こし逮捕 埼玉県深谷市の刑事事件弁護士

2018-12-18

通勤途中の運転ミスで死亡事故を起こし逮捕 埼玉県深谷市の刑事事件弁護士

埼玉県深谷市在住の会社員Aさんは、ある朝、通勤のために車を運転していたところ、高齢男性Vさん(78歳)が停車している車の後ろから突然飛び出してきたため、ブレーキが間に合わずVさんと衝突してしまいました。
Aさんはすぐに救急車と警察を呼びましたが、Vさんは搬送先の病院にて間もなく死亡しました。
Aさんは埼玉県警深谷警察署過失運転致死罪の疑いで現行犯逮捕されましたが、Aさんが被疑事実を認めており、警察による証拠収集も速やかに終了したことから、逮捕翌日に釈放されました。
Aさんは、今後どのような刑事処分が下されるのか不安となり、交通犯罪刑事事件に詳しい弁護士に事件を依頼するつもりです。
(フィクションです。)

総務省統計局のHPによれば、15歳以上の者で、通勤や通学のための利用交通手段を調査した結果、自家用車で通勤・通学する者が最大で約2751万人(通勤・通学者合計の約44%)に及ぶそうです。

公共交通機関が発達している大都市では自家用車での通勤・通学の割合は低く、東京都で自動車通勤・通学する者は、全体の約11%程度しかおらず、地方へ行けば行くほど割合が高くなる傾向にあります。
埼玉県の場合、自家用車のみを通勤・通学に利用する者は、全体の約32%にのぼるようです。

この割合から考えると、通勤・通学の際の運転における過失によって交通事故を起こしてしまうことは、決して非日常的なこととは言えず、このように思わぬ交通犯罪を起こしてしまうことに対して、日ごろから自動車保険を準備することを始め、万が一の場合に頼れる刑事事件弁護士を知っておくことも大切です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所さいたま支部でも、上記刑事事件例のような過失運転致死傷罪を含め、多くの交通犯罪刑事事件のご相談が寄せられ、受任させていただきました。

過失運転致死傷罪は、自動車の運転という日常的行為に伴う過失犯のため、誰でもが起こしてしまう危険がある刑事事件であり、特に上記事例のように被害者が死に至ってしまった場合には、極めて高い確率で検察官によって起訴され、懲役刑または禁錮刑を求刑される可能性が見込まれるところですが、弊所では、交通犯罪刑事事件に強い弁護士が、実刑判決を回避し、執行猶予付き判決を勝ち取った事例が多くございます。

埼玉県深谷市通勤途中の運転ミスで死亡事故を起こし、過失運転致死傷罪刑事事件化または逮捕されてお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の初回無料の法律相談または初回接見サービスをご利用ください。
埼玉県警深谷警察署への初回接見費用:41,660円)

ページの上部へ戻る