交通事故(過失運転致傷)を起こして不安なら 川越市の刑事事件に強い弁護士

2018-01-11

交通事故(過失運転致傷)を起こして不安なら 川越市の刑事事件に強い弁護士

<事例1>
埼玉県川越市の会社員Aさんは、会社のストレスで不眠状態が続いたため睡眠薬を定期的に服用していました。
ある日、Aさんは早朝出勤のため車で出勤したところ、睡眠薬の影響で思考能力が低下し、そのため交差点のガードレールに衝突してしまう交通事故を起こしてしまいました。
Aさんは、現場検証に来た埼玉県警XX警察署の取調べを受け、睡眠薬の影響で正常な運転が困難な状態のまま車を運転したとして、道路交通法違反の疑いで書類送検されました。

<事例2>
埼玉県川越市の会社員Aは、不注意で前を走っている車に衝突し、その車に乗っていた2名に怪我を負わせてしまいました。
Aさんは、現場検証に来た埼玉県警XX警察署の取調べを受け、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷罪)の疑いで書類送検されました。

(※いずれもフィクションです。)

【痛ましい交通事故が続発】

警察庁の統計では、平成22年頃から交通事故発生件数は減少傾向にあり、その結果死傷者数および負傷者数も減少しているようです。

一方、平成27年の国勢調査では、前回調査から約96万3千人の人口減であり、1年あたり20万近くの人口が減少していることを鑑みれば、必ずしも交通事故の発生確率が減少しているとは言い難いでしょう。

今年1月9日、前橋市で85歳の高齢者が運転する車が、通学中の2人の女子高生をはねて重傷を負わせ、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷罪)の容疑で逮捕される事件が大きく報道で取り上げられ、改めて交通犯罪に対する国民の意識が高まっています。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所さいたま支部でも、昨年12月下旬頃から過失運転致傷罪のご相談が多く寄せられています。

過失運転致傷罪のご相談では、被疑者の方が在宅のまま捜査が進んでいるケースが多いですが、中には逮捕されており、親族の方がご相談に来られた事件もありました。

また、道路交通法違反では、交通事故の発生を警察に連絡しない通報義務違反や、ひき逃げ・当て逃げ等の救護義務違反のご相談が多いです。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の法律事務所として多くの交通犯罪の弁護活動で実績を挙げております。

埼玉県川越市過失運転致傷罪や道路交通法違反等の交通犯罪でお悩みの方は、弊所の無料法律相談または初回接見サービスをご利用ください。
埼玉県警川越警察署への初回接見費用:38,700円)

ページの上部へ戻る