少年の暴行保護事件で不処分を達成

2021-08-14

少年の暴行保護事件で不処分を達成

本件は、当時未成年の男性被疑者(少年)が、居酒屋で飲酒をして酔った状態で暴行を行ったという暴行被疑事件でした。
契約締結時、少年は逮捕されていたため、検察官送致時には検察官に対して勾留を行わないよう意見書を提出し、また、検察官が勾留請求を行った際には、裁判所に対して勾留を決定しないよう求める意見書を提出しました。
この結果、少年勾留または勾留に代わる観護措置を取られることなく釈放され、在宅での捜査となりました。
事件が家庭裁判所に送致された後は、事件の法律記録を熟読したうえで少年と電話面談を重ね、少年の内省状況を確認し、家庭裁判所に報告しました。
本件では、被害者に対する謝罪と被害弁償を申し出た結果、刑事処罰を求めない文言を含む示談を締結することに成功しました。
その後、家庭裁判所の調査官との面談や、少年の社会記録の熟読を経て付添人意見書を提出し、審判に臨みました。
最終的に、本件は家庭裁判所によって不処分が決定され、少年の刑事手続きおよび少年審判手続きに不安を抱いていた契約者様に高く満足いただける結果となりました。

ページの上部へ戻る