埼玉県の刑事事件専門の弁護士!転売目的の万引き事件で逮捕されたら

2017-08-30

埼玉県の刑事事件専門の弁護士!転売目的の万引き事件で逮捕されたら

Aさんは、埼玉県さいたま市の化粧品店で、約1万円分の化粧品を万引きしたところを店員に目撃され、窃盗罪の容疑で埼玉県大宮東警察署逮捕されました。
捜査によって、Aさんは転売目的万引きを行っていたということや、どうやら余罪も多くあるようだということが判明しました。
Aさんの夫は、転売目的万引きだと処分が重くなると聞いたことがあったため、刑事事件に強いという弁護士に相談することにしました。
(※この事例はフィクションです。)

・転売目的の万引き事件

上記の事例のように、転売目的万引きをする人もいます。
漫画本や化粧品、電化製品などを万引きし、リサイクルショップやネットオークション、フリマアプリなどを利用して転売する、という手口が多いようです。
このような転売目的万引きは、悪質性が高いと判断され、重い処分になりやすいといわれています。
転売という目的があって万引きを行っていることから、計画性のある犯行であり、さらに、万引きしたものを転売することによって喪失し、利益を得ているなどの理由があるようです。

それでも万引きなのだから大したことにはならないのでは、と思う方もいるかもしれません。
しかし、万引きが該当する刑法235条の窃盗罪の法定刑は、10年以下の懲役又は50万円以下の罰金です。
ご覧の通り、懲役刑、つまり刑務所に行くという刑罰も、窃盗罪には規定されています。
たとえ万引きの初犯であったとしても、被害額やその手口などによっては、正式裁判になったり、懲役刑になったり、ということはありうる話なのです。

転売目的万引き事件などの刑事事件については、刑事事件専門の弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、ご相談ください。
弊所では、今までも多数の万引き事件についてご依頼いただいております。
まずは弁護士と話してみたい、という方も、初回無料法律相談をご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。
埼玉県大宮東警察署までの初回接見費用:3万6,200円)

ページの上部へ戻る