埼玉県の刑事事件に強い弁護士 性犯罪(強制わいせつ)事件で無罪判決!

2017-10-20

埼玉県の刑事事件に強い弁護士 性犯罪(強制わいせつ)事件で無罪判決!

電車内で乗客女性に無理やりキスをしたなどとして、強制わいせつ罪に問われた名古屋市中区のブラジル人男性に対し、名古屋地裁は5日、無罪(求刑・懲役2年)を言い渡した。
男性は平成28年6月26日、電車内で面識のない乗客女性の隣に座って話しかけ、携帯電話の番号を交換。さらに「飲みに行こう」などと言って女性に複数回キスをし、女性の手をつかんで自分の下半身を触らせた。
田辺三保子裁判官は「自分の行為が相手に受け入れられていると誤解しており、強制わいせつの故意はなかった」と述べた。
(YOMIURI ONLINE 読売新聞を参考にしています)

【1%未満の奇跡?性犯罪無罪判決】

ご存じの方も多いと思いますが、日本の刑事事件では、検察官に起訴された事件の99.9%が有罪となります。

この数字の背景には、検察官は嫌疑不十分な刑事事件は起訴せず、有罪になることが高く見込まれる事件を選別して起訴しているから、という司法の精密性に原因を求める説が有力です。

この判決においては、電車内という大勢の人間が見ている場であること、被告人は被害女性に自分の名を名乗っていたこと、相手の隙を見て身体を触る痴漢等とは異なり、被告人のナンパの延長で相手の体を触るに至っており、被告人が被害者の同意があったと認識することを否定するものではない、と判示しています。

また、被害女性について、羞恥心などによりはっきりと断り切れなかったこと、そのことで外国人である被告人が遠回しな拒絶を理解できなかったことも判決理由として挙げています。

上記事件のように、性犯罪刑事事件では、「わいせつの目的」や「相手方の同意があると誤信した」等の主観的要素、すなわち「故意」を巡って事実を争うケースことが多い傾向にあります。
このような事件では、年間の刑事事件の取り扱い件数が多く、過去の裁判例にも詳しい刑事事件専門の弁護士に弁護を委任すると良いでしょう。

埼玉県の性犯罪刑事事件でお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の無料法律相談または初回接見サービスをご利用ください。
(埼玉県内の警察署への初回接見サービス費用は、0120-631-881にお問い合わせください。)

ページの上部へ戻る