埼玉県本庄市の少年事件に強い弁護士 威力業務妨害罪の逮捕ならご相談を! 

2017-07-29

埼玉県本庄市の少年事件に強い弁護士 威力業務妨害罪の逮捕ならご相談を! 

埼玉県本庄市の高校生Aさん(17歳)は、定期的に夜に外出し、夜間国道を走っている車に、歩道橋から小石を落とす悪戯をしていました。
ある日の夜、いつもより大きな石を落とすと、歩道橋下を走行中のバスのフロントに当たってしまいました。
大事になって怖くなったAさんは、急いで家に帰りました。
後日、埼玉県警北条警察署の警察官がAさんの家を訪れ、Aさんらしき人物が監視カメラに写っていたことを理由に、威力業務妨害罪の疑いで任意の取調べを要請してきました。
Aさんは家族に相談した結果、少年事件に強い弁護士に相談することにしました。
(※フィクションです)

威力業務妨害罪】

威力業務妨害を定める刑法234条は、威力を用いて人の業務を妨害した者に、3年以下の懲役または50万円以下の罰金を処すとしています。
威力業務妨害における「威力」は、一般に人の意思を圧迫するに足りる有形・無形の力を言います。
よって、上記の例のように石を投げた場合は勿論、事務所に動物の死骸を置いて恐怖を与える行為も威力業務妨害罪が成立します。

【少年による威力業務妨害罪の弁護活動】

少年を更生させるためには、少年に適した良好な生活環境や社会環境をつくることが重要です。
少年が非行にはしる原因は、家庭環境や社会環境に起因することが多く、このような場合、少年本人の力では根本的な解決をすることはできません。
このような中で少年を更生させるには、経験豊かな弁護士・付添人が、生活環境や社会環境等に深く関与し、非行の再発の可能性を少なくすることが必要です。

上記の事件のように、本人がちょっとした悪戯から始めた行為でも、常習化し、少年事件へと発展してしまうケースは多々あります。
少年が無用に逮捕されることを防ぎ、または身柄拘束をできるだけ最小限にすることも、少年の更生に必要なことです。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、これまでに多くの少年事件を扱っており、少年事件の経験が非常に豊富です。
少年事件に経験豊富な弁護士が、少年やご家族の方に寄り添いながら、最適な事件解決を目指します。

埼玉県本庄市の少年による威力業務妨害事件でお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の無料相談や初回接見サービスをご検討ください。
本庄警察署への初回接見費用:41,460円)

ページの上部へ戻る