埼玉県久喜市の刑事事件に強い弁護士 名誉毀損罪の逮捕で不起訴を目指す

2017-07-08

埼玉県久喜市の刑事事件に強い弁護士 名誉毀損罪の逮捕で不起訴を目指す

埼玉県久喜市在住の会社員Aさんは、元交際相手のVさんのブログに、Vさんを中傷する書き込みを執拗に繰り返していました。
Vさんは警察に通報し、後日、Aさんは埼玉県警久喜警察署の警察官によって、名誉毀損罪の容疑で逮捕されました。
逮捕の知らせを受けたAさんの家族はショックを受け、刑事事件専門の弁護士事務所を探し始めました。
(※フィクションです)

名誉毀損罪とは】

名誉毀損を処罰する刑法230条は、公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、3年以下の懲役もしくは禁錮または50万円以下の罰金に処すると定めています。
名誉毀損における「公然」とは、不特定多数の者が視聴できる状態を言い、昨今ではインターネット上での誹謗中傷から刑事事件に発展する事例が目立っています。

また、判例によれば、名誉毀損における「事実」は、悪事やスキャンダルはもちろん、その他人の社会的地位または価値を侵害するに足りる事実も含むとされています。

そして、名誉毀損罪は、告訴がなければ検察官が起訴することができない「親告罪」です(刑法232条第1項)。

名誉毀損罪の弁護活動】

上記のとおり、名誉毀損罪は親告罪であり、被害者との示談交渉により告訴を取り下げていただくことが、弁護活動の中心となります。
名誉毀損罪逮捕された場合、早い段階からの示談交渉を行うことにより、十分な時間と建設的な交渉を重ねることができ、不起訴になる可能性が高くなります。
よって、ご家族等が名誉毀損罪で逮捕された場合、すぐにでも接見を依頼し、弁護活動を開始することをお勧めします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の法律事務所として、今まで多くの示談交渉をまとめています。
名誉毀損の被害者の方への示談金の相場や交渉技術、金銭よりも名誉回復を重視する被害者への謝罪の方法などについて、刑事事件に精通した弁護士が最善の弁護活動を行います。

埼玉県久喜市名誉毀損事件でお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の無料相談や初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警久喜警察署への初回接見費用:38,600円)

ページの上部へ戻る