未成年がバイクの暴走行為で逮捕されたら 熊谷市の少年事件ご相談受付中

2018-01-19

未成年がバイクの暴走行為で逮捕されたら 熊谷市の少年事件ご相談受付中

埼玉県熊谷市在住の高校生Aさんは、4人の仲間とともに市内の公道をバイクに乗って暴走行為を繰り返したとして、埼玉県熊谷警察署によって道路交通法違反(共同危険行為)の疑いで逮捕されました。
Aさんは被疑事実を認めており、熊谷警察署から連絡を受けたAさんの家族は、Aさんを1日でも早く釈放したいと思い、弁護士に相談するつもりです。
(※フィクションです。)

【バイクの暴走行為は逮捕リスクが高い?】

今年1月17日、バイクで信号無視や蛇行運転を繰り返す暴走行為をしたとして、神奈川県警交通捜査課などは道路交通法違反(共同危険行為)の疑いで、アルバイトの少女や高校2年の女子生徒ら少女3人を逮捕しました。

被疑事実によれば、同日午前2時ごろ、神奈川県警本部前の市道からバイク3台に乗った少女ら6人が爆竹などを投げつけて逃走する騒ぎがあり、一般通報で駆けつけ、少女らを追跡したパトカーのドライブレコーダーの映像などから3人の犯行が浮上し、少女らの身元を特定し今回の逮捕に至りました。

警察署は同乗などしていた他3人の行方を追っていますが、逮捕された少女たちは「警察に追われるのが楽しかった」と被疑事実を認めているようです。

成人の刑事事件であれば、道路交通法第68条(共同危険行為等の禁止)の規定に違反した者は、2年以下の懲役または50万円以下の罰金が科されます。

今回のような未成年による道路交通法違反(共同危険行為)の場合、逃亡の恐れや共犯者との証拠隠滅の恐れから、場合によっては勾留決定、または勾留決定にかわる観護措置が取られる可能性もあり得ます。

これに対する刑事弁護としては、身元引受人による監視・監督体制の構築や少年の被疑事実に対する自省を促すなど、様々な調査を重ねて少年の身柄解放を目指すことがスタートとなるでしょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件と少年事件のみを扱う専門の法律事務所として、逮捕に至った少年事件の身柄解放も数多く経験し、実績を挙げています。

埼玉県熊谷市未成年者が共同危険行為の道路交通法違反で逮捕された少年事件で悩みの方は、弊所の初回無料の法律相談または初回接見サービスをご利用ください。
埼玉県熊谷警察署への初回接見費用:40,060円)

ページの上部へ戻る