恋人宅に放火して逮捕 埼玉県川口市の刑事事件弁護士に情状弁護を依頼

2018-11-03

恋人宅に放火して逮捕 埼玉県川口市の刑事事件弁護士に情状弁護を依頼

埼玉県川口市在住のAさんは、恋人のVさんが浮気していることを知り、一時の感情から着火剤とライターを用いて同じ市内にあるVさん宅に放火しました。
Aさんはすぐに現場を離れましたが、時間が経つにつれ次第に後悔の念を抱くようになり、事件の翌日、自分が放火を行ったと埼玉県警武南警察署に出頭しました。
Aさんは現住建造物等放火罪の疑いで逮捕されたため、Aさんの弁護士情状弁護を行い刑の減軽を目指すことにしました。
(フィクションです。)

浮気などから恋人とトラブルになり、それがやがて刑事事件へと発展することは珍しくありません。
そうしたケースでは、恋人に対して怒りや憎悪といった感情を抱くことも多く、感情が昂った結果、放火のような重大事件を起こしてしまうことが十分考えられます。

放火によって他人の住居を焼損した場合、現住建造物放火罪が成立する可能性があります。
物を放火した場合に成立する罪は、放火の対象や生じた結果によっていくつかに分かれます。
その中で、現住建造物等放火罪は最も重い部類に属し、死刑または無期もしくは5年以上の懲役が科される重大な犯罪です。

現住建造物等放火罪のような重大な罪を犯すと、執行猶予が付かず懲役の実刑判決が下されることが多々あります。
懲役の実刑による刑務所行きのリスクを軽減するには、弁護士情状弁護を依頼することが重要です。
情状弁護とは、裁判で被告人に有利な事情を主張することで、裁判官による寛大な処分を求める弁護活動です。
弁護士による情状弁護が功を奏すれば、刑の減軽だけでなく、場合によっては執行猶予を得ることも可能となります。

上記の刑事事件では、①動機が恋人の浮気、②犯行が計画的ではなく突発的、③事件後に自ら出頭といった、Aさんに有利な事情がいくつもあります。
いくらこうした有利な事情があったとしても、裁判において証拠と共にしっかりと主張しなければ、刑の減軽や執行猶予にはなかなか結び付きません。
証拠の作成と裁判における説得的な主張は弁護士の得意分野なので、情状弁護はぜひ弁護士にお任せください。

恋人の家に放火して現住建造物等放火罪の疑いで逮捕されたら、刑事事件専門の弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所に情状弁護をご依頼ください。
埼玉県警武南警察署への初回接見費用:38,400円)

ページの上部へ戻る