外国人労働者を不法就労させ逮捕 埼玉県熊谷市の刑事事件に強い弁護士

2018-06-07

外国人労働者を不法就労させ逮捕 埼玉県熊谷市の刑事事件に強い弁護士

埼玉県熊谷市のコンクリート製品の製造工場において、不法残留中のベトナム人労働者不法就労させたとして、埼玉県熊谷警察署は、市内の人材派遣会社社長Aさんを入国管理法違反不法就労助長)の疑いで逮捕しました。
(平成30年6月7日朝日新聞の記事を元に、一部事実を変更しています。)

【少子高齢化による労働者不足時代の刑事事件】

日本の少子高齢化の進行により就業者数が年々減少している中で、職業訓練等の名目で外国人労働者を雇う会社が増加しています。

厚生労働省が作成した、平成29年10月時点における外国人雇用についての届出状況によれば、外国人労働者数は約128万人に達し、前年比18%の増加を見せ、過去最高を更新しています。

外国人労働者の国籍としては中国人が最大(約29%)で、あいち刑事事件総合法律事務所事務所さいたま支部でも、中国国籍の方の相談者が多く見受けられます。

また、中国人労働者に対するコスト増加の影響により、ベトナム、ネパール等の外国人労働者も高い増加率を見せています。

経営者から見た場合、外国人労働者の廉価なコストは魅力的ですが、反面、入国管理上の配慮をする義務を負うことがあり、その違反に対して刑事責任が発生することもあります。

不法に日本に上陸した者や、ビザが期限切れした不法な滞在者が日本で働くことを不法就労と言い、このような不法就労者を雇用した日本の会社は、不法就労を助長したという罪を負う可能性があります。

入国管理法第73条の2によれば、事業活動に関し、外国人に不法就労活動をさせた者は、3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金、または併科を科されます。

不法就労助長による入国管理法違反刑事事件では、在留期間切れの事実を知らなかった等の否認の主張は非常に難しいですので、早期に刑事事件専門の弁護士に事件を依頼することが重要です。

埼玉県熊谷市外国人労働者不法就労させ刑事事件化または逮捕されてお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の法律相談または初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警熊谷警察署への初回接見費用:40,060円)

ページの上部へ戻る