狭山市の白タク営業逮捕事件 埼玉の刑事事件(道路運送法違反)に強い弁護士 

2017-11-19

狭山市の白タク営業逮捕事件 埼玉の刑事事件(道路運送法違反)に強い弁護士 

埼玉県狭山市在住の元タクシー運転手で無職のAさんは、白ナンバーの自家用車でタクシーとして営業し(以下「白タク営業」)、日本の法律を知らない外国人観光客をメインに、相場よりも安い料金設定で乗客を集めていました。
しかし、Aさんは埼玉県警狭山警察署の警察官の職務質問により白タク営業の実態が露見し、Aさんは道路運送法違反の疑いで逮捕されました。
(※フィクションです)

白タク営業刑事事件は今後増加する?】

外国人旅行客の増加が著しい昨今、外国人旅行者向けの白タク営業逮捕事件が相次いでいます。

現在の道路運送法では、白タク営業は違法で、無許可で一般旅客自動車運送事業(タクシー等)を営んだ者は、3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金、または併科されます(道路運送法第96条)。

白タク営業規制の背景には、事後的に料金を払うタクシーの支払システムにおいて、目的地到着後に法外に高い料金を請求されるケースが多発したことがあります。

さらに、昨今では、配車サービスやカーシェアリングによる移動サービスが注目を集めており、これらに対する法規制のあり方が問題となっています。

自動車や登録ユーザーの位置情報等をネットワークで共有すれば、従来のようなタクシー会社の営業形態の必要は薄れてきます。
ある経済会社の試算では、現行のタクシーが配車ネットワークによる個人タクシーになれば、交通の移動コストが半分になると言われています。

上記白タク営業規制の背景も、ユーザーの登録情報のネットワーク共有によってすぐに突き止めることが可能になるため、白タク合法化の流れに傾く一助となり得るでしょう。

配車サービスやカーシェアリングはサービスの普遍化、グローバリゼーションと親和性があり、外国人旅行客の利用も多く見込まれていることから、今後白タク営業の法規制に抵触する刑事事件が増加するかもしれません。

埼玉県狭山市白タク営業刑事事件でお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の無料法律相談または初回接見サービスをご利用ください。
埼玉県警狭山警察署への初回接見サービス費用:41,200円)

ページの上部へ戻る