Archive for the ‘少年事件’ Category

埼玉県越谷市の少年事件に強い弁護士 校内暴力で逮捕されたら

2017-10-17

埼玉県越谷市の少年事件に強い弁護士 校内暴力で逮捕されたら

埼玉県越谷市在住の高校生Aさんは、授業中、再三静かにするようにという教師Vさんの警告を無視し、その結果Aさんは逆上してVさんに暴力を振るい始めました。
この様子をAさんの友人らが撮影し、SNSに投稿したために世間の注目を集め、Vさんが埼玉県警越谷警察署に被害届を出し、Aさんは暴行罪の疑いで逮捕されました。
(※フィクションです)

【未成年者の学生の校内暴力と刑事事件】

今年9月下旬に福岡県の高校で教師に暴行を行い、傷害罪の容疑で逮捕された事件と、同じく同県中学校で教師に対する傷害事件で現行犯逮捕された事件が相次ぎ、世間の注目を集めています。

しかし、教師への暴力と警察による関与は、それほど珍しいことではなようです。
高校・中学の学校内における対教師暴力事件は2014年度で6601件発生しており、これは休日も含めて1日当たり約18件起きていることを意味します。

文部科学省の2014年度の児童生徒の問題行動等に関する調査によれば、この内、学校が学校内の事件で加害生徒に対して警察等と連携した対応をとったのは2721件に及びます。

上記の数字からすれば日常的とも言える学生による校内暴力事件が今回大きく取り上げられたのは、傷害罪の実行行為を撮影しネットに動画がアップロードされたことや、教師が生徒を現行犯逮捕したという点にあると言えるでしょう。

ちなみに、現行犯逮捕を規定する刑事訴訟法213条では、現行犯であれば誰であっても逮捕状無しに逮捕することができる、と定めています。
多くの場合で警察官等の司法警察職員が逮捕することと区別して、一般人が現行犯逮捕することを私人逮捕や常人逮捕とも言います。

教育現場に対する警察の介入に否定的な意見がある一方で、教師に体罰が許されていない以上、明白な刑法犯罪に対して司法の介入を行うことは正当だとする意見もあります。
特に後者の意見について、未成年者の刑法犯罪については家庭裁判所に判断が任され、審判の開始・不開始が決定され、その後の更生措置を決めることが少年法の趣旨にも適うという弁護士の意見もあります。

埼玉県越谷市の未成年者の学生による校内暴力事件でお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の無料法律相談または初回接見サービスをご利用ください。
埼玉県警越谷警察署への初回接見サービス費用:40,200円)

埼玉県所沢市の少年事件に強い弁護士 乳幼児に対する様々な犯罪(保護責任者遺棄など)

2017-10-06

埼玉県所沢市の少年事件に強い弁護士 乳幼児に対する様々な犯罪(保護責任者遺棄など)

埼玉県所沢市在住の女子高校生Aさんは、交際していた同級生との間に子供ができましたが、誰にも相談することができず学校を中退し、なかば家での形で一人暮らしを始めました。
陣痛が始まり、デパートのトイレでAさんは赤ん坊を出産しましたが、将来を悲観し、その赤ん坊をデパートのロッカーに隠してその場を去りました。
しばらくして赤ん坊は保護されましたが、埼玉県警所沢警察署保護責任者遺棄罪の疑いで捜査を開始し、目撃者の証言の結果Aさんを特定し、Aさんに取調べを要請しました。
(※フィクションです)

【未成年の望まぬ出産と少年事件

未成年者が望まぬ形で妊娠してしまい、知識の不足や周囲の援助もなく、やがてその乳幼児に対して遺棄などの犯罪を行ってしまう事件が後を絶ちません。
具体的には、保護責任者遺棄罪、同致死罪、死体遺棄罪、殺人罪などが列挙されます。

例えば2009年の福島県の事件では、産んだばかりの男児を殺害し、死体を埋めたとして高校2年生の女子生徒が殺人の疑いで逮捕されました。
この事件では、年頃の娘の妊娠にも気づかず、自宅のトイレで出産したことに気づかなかった家族に対して、一部で社会的な批判が寄せられ話題となりました。

未成年者の乳幼児に対する少年事件の被疑者の多くが女子である中、2011年、秋田県では高校2年生の男子生徒が保護責任者遺棄罪で逮捕されました。
この事件で、男子生徒は秋田家庭裁判所に送られ少年鑑別所での保護観察となりました。

痛ましい乳幼児に対する犯罪について、何よりもまず、不本意な妊娠をしないよう性教育を充実させ、刑事事件・少年事件の発生を未然に防ぐことが必要です。
もし思いがけない妊娠をしてしまった場合には、信頼できる相談員やスクールカウンセラーに相談し、本人の意思も踏まえて中絶の選択肢も提示する必要があるでしょう。

そして、残念ながら乳幼児に対する保護責任者遺棄罪などの少年事件が発生してしまった場合、刑事事件や少年事件を多く扱う弁護士にすぐに相談してください。
弁護士をつけることで、家庭裁判所での審判において不当に厳しい処分を免れ、社会生活の中で更生していく道への可能性を高めることができるでしょう。

埼玉県所沢市の未成年者による乳幼児への少年事件でお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の無料法律相談または初回接見サービスをご利用ください。
埼玉県警所沢警察署への初回接見サービス費用:40,800円)

埼玉県比企郡の少年事件に強い弁護士 インターネット犯罪にも対応!

2017-09-21

埼玉県比企郡の少年事件に強い弁護士 インターネット犯罪にも対応!

埼玉県内に住む高校生Aさんら4名は、埼玉県比企郡の吉野百穴で肝試しを行い、その様子を動画で撮影してインターネットに投稿しました。
その動画内では、Aさんらが国史指定の百穴の一部を壊す場面も撮影されており、動画視聴者の通報により、Aさんらは埼玉県警東松山警察署の警察官によって器物損壊罪の疑いで逮捕されました。
(※フィクションです)

【少年によるインターネット犯罪

平成29年9月15日、沖縄県の少年4人が沖縄戦の歴史を残す自然文化財「チビチリガマ」を荒らしたとして、器物損壊罪で逮捕されました。
彼らによれば、心霊スポットでの肝試しを題材に動画を撮影し、インターネットへ投稿することが目的だったようです。

人よりも面白く、インパクトがある動画をインターネットへ投稿しようとする思いが極端に強くなってしまうと、過激さがエスカレートし、ついには犯罪を起こしてしまう場合があります。
また、意図的に、違法または反道徳的な行為をインターネットへ投稿し、批判を集めることで視聴数を稼ぐ手法も問題視されています(いわゆる「炎上商法」)。

例えば、スーパーの食品につまようじを入れたり、万引きを装った行動を撮影し、動画をインターネットに投稿した当時19歳の少年が、正当な理由がないのに建造物に侵入したとして、建造物侵入罪で逮捕されています。

また、一つのジャンルとして確立している「廃墟探検モノ」のインターネット動画も建造物侵入罪の成立の可能性があります。

犯罪の構成要件に該当する行為を動画に撮影して、それをインターネットに投稿してしまった場合、行為性そのものを否認することは難しいでしょう。
しかし、例えば被害者が存在する犯罪であれば示談の成立、そうでない場合でも、贖罪寄付や保護者による監督状況の調整等によって、処分を争う手段があるかもしれません。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件・少年事件専門の弁護士事務所として、少年に寄り添い、最善の結果が出るよう活動します。

埼玉県比企郡の少年によるインターネット犯罪でお悩みの方は、弊所の無料法律相談または初回接見サービスをご利用ください。
埼玉県警東松山警察署への初回接見サービス費用:41,400円)

埼玉県大宮区の虞犯(ぐはん)少年事件 相談するなら早期に弁護士

2017-09-18

埼玉県大宮区の虞犯(ぐはん)少年事件 相談するなら早期に弁護士

埼玉県大宮区在住の高校生2年生のAくん(16歳)は、両親と仲が悪い状態でした。
そこで、Aくんは両親に内緒で家出をし、知人の暴力団組事務所の電話番として寝泊まりをし始めることとしました。
家出をしてしまったAくんの行方を気にしていた両親は、埼玉県大宮警察署に捜索願を出したことで、Aくんが暴力団組事務所で寝泊まりをしていることが判明しました。
Aくんは家に帰されましたが、Aくんの両親は、「犯罪していないが、今後この件で逮捕はされないのか。家庭裁判所に送られ、少年院に送られるということはないのか。」など不安になったため、少年事件に強い弁護士事務所に相談へ行くことにしました。
(フィクションです)

虞犯(ぐはん)少年とは~
少年事件は、①犯罪少年、②触法少年、③虞犯(ぐはん)少年の3つに分類されます。
そのうちの③虞犯(ぐはん)少年とは、「20歳未満で、保護者の正当な監督に従わない、犯罪性のある人と交際するなどの虞犯(ぐはん)事由があって、その性格や環境からみて、将来罪を犯す虞のある少年」のことを指しています。
上記事例の場合、Aくん自身、は何ら刑罰法令に触れるような行為はしていませんが、Aくんを取り巻く環境や性格に照らせば、将来罪を犯す可能性があると見受けられるため、Aくんは、「虞犯(ぐはん)少年」にあたると考えられます。

虞犯(ぐはん)少年」は、罪を犯していないので、逮捕・勾留等の身柄拘束を受けるということはありません。
しかし、「虞犯(ぐはん)少年」と判断された場合、補導がなされ、その少年の扱いは児童相談所長の処遇決定にゆだねられます。
この決定により、児童福祉法上の措置がとられることもあれば、家庭裁判所に送致されるということもありえます。
また場合によっては、審判が開かれて、保護観察処分や少年院送致の判断がなされることになります。
実際、虞犯(ぐはん)少年であっても、少年院送致になった例も少なくありません。
そのためにも、早くからの少年に対する付添人活動が重要となってくるのです。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件・少年事件専門に取り扱っている法律事務所です。
少年事件に対しての弁護活動も多数承っていますので、お子様の虞犯(ぐはん)事件でお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、ぜひご相談ください。
埼玉県大宮警察署 初回接見費用:3万5000円)

埼玉県北葛飾郡の盗撮の少年事件・刑事事件に強い弁護士【相談受付中】 

2017-09-07

埼玉県北葛飾郡の盗撮の少年事件・刑事事件に強い弁護士【相談受付中】 

埼玉県北葛飾郡在住の大学生Aさん(19歳)は、上りエスカレーターで女性の下着を撮影していたところを、巡回中の埼玉県警杉戸警察署の警察官に見咎められ、そのまま署へ同行し取調べを受け、いったん家に帰されました。
Aさんはあと2カ月で成人し、少年事件として家庭裁判所に送られるか、成人後に刑事事件として管轄の検察庁に送られるか微妙な時期であるため、Aさんは担当警察官から弁護士に相談することを勧められました。
(※フィクションです)

少年事件刑事事件

満20歳に満たない少年(女子も含みます)が起こした犯罪、または今後起こすおそれのある犯罪を少年事件といいます。

本来、少年事件は、警察または検察庁から家庭裁判所に送られ、審判を受けるかどうかが決まります。
しかし、行為時に少年であっても、その後捜査機関の捜査中において成人になった場合、具体的には、家庭裁判所の審判開始時点で少年ではない事件については、以後は刑事事件として扱われ、管轄の検察庁での処分を受けることになります。

少年事件刑事事件では、その手続きの目的が大きく異なります。

少年事件では、罪を犯した事実の認定と並行して、少年の更生のための環境づくりが求められます。
他方、刑事事件では、罪を犯したかどうかを見極め、罪を犯したと認められる相当の理由がある者を処罰します。

結論から言うと、少年事件刑事事件ではどちらが被疑者にとって有利であるかとは一概には言えません。

少年事件としての扱いであれば、前科がつくというリスクは無くなりますが、家庭裁判所の判断によって更生措置を受けることがあり得ます。
他方、刑事事件であれば、早期の示談成立等によって不起訴を勝ち取ることができれば、そのまま社会生活に戻ることができます。

このような複雑な事案では、弁護人は被疑者およびそのご家族の意向を斟酌し、依頼者にとって最善の方法で弁護活動を行います。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件および少年事件のみ扱う法律事務所であり、事例のような性犯罪を含む、多くの刑事事件および少年事件で実績を挙げています。

埼玉県北葛飾郡盗撮事件でお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の初回無料相談や初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警杉戸警察署への初回接見費用:40,100円)

埼玉県深谷市のいじめ少年事件 暴力行為等処罰法違反で逮捕されたら弁護士にご相談を! 

2017-08-10

埼玉県深谷市のいじめ少年事件 暴力行為等処罰法違反で逮捕されたら弁護士にご相談を! 

埼玉県深谷市在住の中学生Aさん(17)は、友人複数とともに同級生のVさんに対して定期的に暴力をふるっています。
ある日、空き地でAさん達がVさんに対して集団で殴るなどしていたところ、近隣住人が通報し、埼玉県警深谷警察署の警察官によって、Aさん達は暴力行為等処罰法違反の容疑で現行犯逮捕されました。
取調べの結果、傷害罪や恐喝罪などの余罪も発覚し、警察からは今後勾留または観護措置が取られる可能性があると言われました。
Aさんのご両親は、Aさんの今後の事件の先行きに不安を覚え、少年事件に強い弁護士に依頼することにしました。
(※フィクションです)

暴力行為等処罰法とは】

暴力行為等処罰法は、団体または多衆による集団的な暴力犯罪を特に重く処罰する法律です。
主に規制される行為や法定刑を以下に列挙します。

・団体や多衆の威力を示したり、凶器を示したり、数人共同で、暴行罪、脅迫罪または器物損壊罪を犯した場合、3年以下の懲役または30万円以下の罰金
・銃砲や刀剣類を使って傷害を行った場合、1年以上15年以下の懲役
・常習として傷害、暴行、脅迫、器物損壊を行っている者が、傷害を行った場合、1年以上15年以下の懲役、それ以外を行った場合、3月以上5年以下の懲役
・財産上不正の利益を得る目的で、団体または多数の威力を示して面会を強請したり強談威迫をした場合→1年以下の懲役または10万円以下の罰金
・常習として理由なく面会を強請したり強談威迫をした場合→1年以下の懲役または10万円以下の罰金

実際の事件例としては、大学の学生による抗議活動として集団で看板を破壊した事例や、中学生による集団いじめ事件などで暴力行為等処罰法が適用され、それぞれ逮捕や書類送検に至っています。

そして、暴力行為等処罰法が問題となる事件では、少年グループによる集団暴力行為によって非行事実が推認される傾向があるため、厳しい処分を回避し、真に少年のために必要な更生を考えるためには、少年事件に長けた弁護士に相談し、付添人として活動してもらうことをお奨めします。

埼玉県深谷市暴力行為等処罰法違反でお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の無料法律相談または初回接見サービスをご利用ください。
埼玉県警深谷警察署への初回接見費用:41,600円)

埼玉県本庄市の少年事件に強い弁護士 威力業務妨害罪の逮捕ならご相談を! 

2017-07-29

埼玉県本庄市の少年事件に強い弁護士 威力業務妨害罪の逮捕ならご相談を! 

埼玉県本庄市の高校生Aさん(17歳)は、定期的に夜に外出し、夜間国道を走っている車に、歩道橋から小石を落とす悪戯をしていました。
ある日の夜、いつもより大きな石を落とすと、歩道橋下を走行中のバスのフロントに当たってしまいました。
大事になって怖くなったAさんは、急いで家に帰りました。
後日、埼玉県警北条警察署の警察官がAさんの家を訪れ、Aさんらしき人物が監視カメラに写っていたことを理由に、威力業務妨害罪の疑いで任意の取調べを要請してきました。
Aさんは家族に相談した結果、少年事件に強い弁護士に相談することにしました。
(※フィクションです)

威力業務妨害罪】

威力業務妨害を定める刑法234条は、威力を用いて人の業務を妨害した者に、3年以下の懲役または50万円以下の罰金を処すとしています。
威力業務妨害における「威力」は、一般に人の意思を圧迫するに足りる有形・無形の力を言います。
よって、上記の例のように石を投げた場合は勿論、事務所に動物の死骸を置いて恐怖を与える行為も威力業務妨害罪が成立します。

【少年による威力業務妨害罪の弁護活動】

少年を更生させるためには、少年に適した良好な生活環境や社会環境をつくることが重要です。
少年が非行にはしる原因は、家庭環境や社会環境に起因することが多く、このような場合、少年本人の力では根本的な解決をすることはできません。
このような中で少年を更生させるには、経験豊かな弁護士・付添人が、生活環境や社会環境等に深く関与し、非行の再発の可能性を少なくすることが必要です。

上記の事件のように、本人がちょっとした悪戯から始めた行為でも、常習化し、少年事件へと発展してしまうケースは多々あります。
少年が無用に逮捕されることを防ぎ、または身柄拘束をできるだけ最小限にすることも、少年の更生に必要なことです。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、これまでに多くの少年事件を扱っており、少年事件の経験が非常に豊富です。
少年事件に経験豊富な弁護士が、少年やご家族の方に寄り添いながら、最適な事件解決を目指します。

埼玉県本庄市の少年による威力業務妨害事件でお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の無料相談や初回接見サービスをご検討ください。
本庄警察署への初回接見費用:41,460円)

埼玉県幸手市の少年事件に強い弁護士 盗品等関与罪の逮捕で不安ならご相談を! 

2017-07-28

埼玉県幸手市の少年事件に強い弁護士 盗品等関与罪の逮捕で不安ならご相談を! 

埼玉県幸手市在住の高校生Aさんは、友人が近所の駐車場から盗んできたオートバイクを乗り回していました。
しかし、このオートバイクを乗り回した時、自損事故を起こしてしまい、埼玉県警幸手警察署の警察官が見分したところ、このオートバイクが盗品であることが判明しました。
Aさんは幸手警察署の取調べからいったん解放されたものの、無免許運転(免許外運転)と盗品等関与罪(盗品等無償譲受罪)の疑いがあるとして、後日再度の出頭を求められました。
Aさんのご両親は、Aさんが逮捕される可能性があるのではないかと不安になり、少年事件に詳しい弁護士に相談することにしました。
(※フィクションです)

盗品等関与罪とは】

盗品等関与罪とは、刑法第39章に規定されている、盗品等に関する一連の犯罪を言います。
刑法256条の第1項は、盗品等無償譲受罪について、3年以下の懲役と規定しています。
同条第2項は、盗品等運搬罪、盗品等保管罪、盗品等有償譲受罪、盗品等有償処分あっせん罪について、10年以下の懲役および50万円以下の罰金と規定しています。

盗品等関与罪は、盗品等の占有により所有者の物に対する追求権を阻害することを防止することにあると考えられていますが、昨今では犯罪行為によって生じた違法な財産侵害状態を防止する観点も重要視されています。

判例によれば、盗品等関与罪の故意は、「その物が盗品であるかもしれない」という未必の故意で足り、かつ盗んだ者や被害者、罪名について認識は必要無いとしています。

少年事件でも、盗まれた財布や携帯電話、バイクなどの盗品等関与罪が問題となるケースが多くあります。
少年事件盗品等関与罪においても、生活態度の更生とともに、被害者への示談交渉が重要となります。
このような案件は、刑事事件および少年事件を専門とする弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にお任せください。

埼玉県幸手市盗品関与罪でお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の初回無料相談や初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警幸手警察署への初回接見費用:42,200円)

埼玉県上尾市の万引き事件なら…少年事件・窃盗事件に強い弁護士へ相談

2017-07-22

埼玉県上尾市の万引き事件なら…少年事件・窃盗事件に強い弁護士へ相談

埼玉県上尾市の高校に通う15歳のAさんは、ちょうどほしかった雑誌がコンビニに並べてあった所を見て、雑誌を万引きしてしまいました。
しかし、Aさんの万引き行為は店員に目撃されており、通報を受けた埼玉県上尾警察署の警察官に、窃盗罪の容疑で任意同行をされることとなりました。
Aさんは、埼玉県上尾警察署で何回か取調べを受けることになり、今後について不安を感じています。
(※この事例はフィクションです。)

・少年の万引きは多い?

平成28年版犯罪白書によると、平成27年に少年事件として検挙された少年の人員で、一番多い罪名は窃盗罪でした。
窃盗事件は、平成27年に起きた少年事件の約6割を占めます。
窃盗事件の次に多いのは横領事件(全体の1割程度)、続いて傷害事件(全体の1割に満たない程度)、となります。

このように、現在、少年事件として起こっている事件の大半は窃盗事件です。
上記の事例のAさんのように、軽い気持ちで万引きをする、という少年もいるのかもしれません。
確かに、万引きをするのに特別な道具もいりませんし、専門的知識もいりませんから、やろうと思えば万引きできてしまうのかもしれません。
しかし、万引きは、窃盗罪という立派な犯罪なのです。

少年事件は、その後の少年の更生を重視した手続きを取ります。
そのため、たとえ雑誌1冊の万引きであっても、少年院に行く可能性も否定できません。
少年事件の大半を占めているのは、確かに万引きなどを含む窃盗事件ですが、多く起きている事件なんだから大事にはならないだろうというような考えはおすすめできません。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件・少年事件専門の弁護士が、初回無料法律相談や初回接見サービスを行っています。
お子さんが万引き事件を起こしてしまってお悩みの方、少年事件に巻き込まれてしまって不安な方は、まずは弊所の弁護士にご相談下さい。
埼玉県上尾警察署までの初回接見費用:3万6,400円)

坂戸市の少年事件に強い弁護士 大麻所持の逮捕はご相談を!

2017-07-17

坂戸市の少年事件に強い弁護士 大麻所持の逮捕はご相談を! 

埼玉県坂戸市在住の大学生Aさんは、友人のすすめで大麻を使用し、その後友人経由で定期的に大麻を購入するようになりました。
ある日、埼玉県警西入間警察署の警察官がAさんの家を訪れ、家宅捜索を行いました。
捜索の結果、Aさんの部屋からパック入りの少量の大麻を発見したため、Aさんは大麻取締法違反の容疑で逮捕されました。
Aさんのご両親は、Aさんの逮捕にショックを受け、少年事件に詳しい弁護士に相談することにしました。
(※フィクションです)

大麻の所持と使用】

日本では大麻取締法により、主に問題となるケースについて、以下のとおり刑罰を定めています。

大麻をみだりに栽培、輸出入すること→7年以下の懲役
大麻をみだりに所持、譲受、譲渡すること→5年以下の懲役
大麻取扱資格者でないのに大麻を所持して使用すること→5年以下の懲役

警察庁の犯罪白書によれば、大麻を含む薬物犯罪は、成人・少年ともに減少傾向にあります。
しかし、インターネットの普及により売人との接触が容易になったことや、諸外国で大麻が合法とされていることを背景に、大麻の危険性について誤った認識が広まっていること、そして大麻所持の法定刑は重いことから、依然として大麻の所持や使用には注意が必要です。

【少年の大麻事件の刑事弁護】

大麻などの薬物事件では、捜査が多岐に渡り、かつ証拠隠滅が容易であるため、被疑者が一度大麻の所持や使用で逮捕されると、その後勾留されたり、接見禁止がついたりする例が多くあります。

少年事件では、取調べや調査において、事件に関する認識を正しく捜査機関等に伝えることができないと、供述の信用性が疑われ、事件が家庭裁判所に送致された段階で少年鑑別所に収容される可能性も少なくありません(観護措置)。
ですので、事件の早い段階で弁護士を選任し、取調べや調査に協力してもらうことが重要です。

また、少年事件では、医療機関での治療や薬物を入手したルートとの関係を断つことなど、少年の更生に向けた環境づくりをしめすことが重要です。

埼玉県坂戸市大麻事件でお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の初回無料相談や初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県西入間警察署への初回接見費用:39,400円)

« Older Entries