坂戸市の少年事件に強い弁護士 大麻所持の逮捕はご相談を!

2017-07-17

坂戸市の少年事件に強い弁護士 大麻所持の逮捕はご相談を! 

埼玉県坂戸市在住の大学生Aさんは、友人のすすめで大麻を使用し、その後友人経由で定期的に大麻を購入するようになりました。
ある日、埼玉県警西入間警察署の警察官がAさんの家を訪れ、家宅捜索を行いました。
捜索の結果、Aさんの部屋からパック入りの少量の大麻を発見したため、Aさんは大麻取締法違反の容疑で逮捕されました。
Aさんのご両親は、Aさんの逮捕にショックを受け、少年事件に詳しい弁護士に相談することにしました。
(※フィクションです)

大麻の所持と使用】

日本では大麻取締法により、主に問題となるケースについて、以下のとおり刑罰を定めています。

大麻をみだりに栽培、輸出入すること→7年以下の懲役
大麻をみだりに所持、譲受、譲渡すること→5年以下の懲役
大麻取扱資格者でないのに大麻を所持して使用すること→5年以下の懲役

警察庁の犯罪白書によれば、大麻を含む薬物犯罪は、成人・少年ともに減少傾向にあります。
しかし、インターネットの普及により売人との接触が容易になったことや、諸外国で大麻が合法とされていることを背景に、大麻の危険性について誤った認識が広まっていること、そして大麻所持の法定刑は重いことから、依然として大麻の所持や使用には注意が必要です。

【少年の大麻事件の刑事弁護】

大麻などの薬物事件では、捜査が多岐に渡り、かつ証拠隠滅が容易であるため、被疑者が一度大麻の所持や使用で逮捕されると、その後勾留されたり、接見禁止がついたりする例が多くあります。

少年事件では、取調べや調査において、事件に関する認識を正しく捜査機関等に伝えることができないと、供述の信用性が疑われ、事件が家庭裁判所に送致された段階で少年鑑別所に収容される可能性も少なくありません(観護措置)。
ですので、事件の早い段階で弁護士を選任し、取調べや調査に協力してもらうことが重要です。

また、少年事件では、医療機関での治療や薬物を入手したルートとの関係を断つことなど、少年の更生に向けた環境づくりをしめすことが重要です。

埼玉県坂戸市大麻事件でお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の初回無料相談や初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県西入間警察署への初回接見費用:39,400円)

ページの上部へ戻る