埼玉県寄居町の刑事事件に強い弁護士 窃盗事件のセカンドオピニオンも受付中

2017-09-01

埼玉県寄居町の刑事事件に強い弁護士 窃盗事件のセカンドオピニオンも受付中

埼玉県寄居町在住の会社員Aさんは、窃盗の容疑で埼玉県警寄居警察署から取調べを受け、その後、在宅のまま捜査が進んでいます。
Aさんは事件を弁護士に委任することにしましたが、その弁護士は、「被害者と連絡をとったところ、被害者は被疑者への怒りで感情的になっており、示談交渉を始めるのは時間を置いた方が良い」と言っています。
しかし、2週間経過しても弁護士からは同じ回答を受けたため、Aさんは弁護活動が進んでいるのか不安になってきました。
そこでAさんは、別の弁護士にこの事件の相談をして、セカンドオピニオンを求めることにしました。
(フィクションです)

弁護士の相談とセカンドオピニオン

もともと医療分野で広まっているセカンドオピニオンですが、司法サービスとしての弁護士にもその効用に注目が集まっています。
刑事事件の当事者になるという深刻な問題を抱える状況で、より信頼できそうな弁護士に納得のいく解決を求めたいと思うのは自然のことです。

全ての弁護士が刑事事件、そしてある特定の分野に精通しているとは限りません。
医師にもそれぞれ専門分野があるように、弁護士にもそれぞれ得意とする分野が当然存在します。

たまたま最初に相談した弁護士が、必ずしも最善の助言をできているとは限りません。
セカンドオピニオンを通して、現状をしっかりと把握し、弁護士を変えるのか、それともそのまま続けるのかについて、ご自身が納得できる判断をすることが大切でしょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の法律事務所として、年間に2000件超の法律相談と、220件以上の無罪・不処分を獲得するなど、実績も多数です。

埼玉県寄居町刑事事件でお悩みの方、セカンドオピニオンをお求めの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の無料法律相談または初回接見サービスをご利用ください。
埼玉県警寄居警察署への初回接見サービス費用:42,560円)

ページの上部へ戻る