埼玉県大宮区の虞犯(ぐはん)少年事件 相談するなら早期に弁護士

2017-09-18

埼玉県大宮区の虞犯(ぐはん)少年事件 相談するなら早期に弁護士

埼玉県大宮区在住の高校生2年生のAくん(16歳)は、両親と仲が悪い状態でした。
そこで、Aくんは両親に内緒で家出をし、知人の暴力団組事務所の電話番として寝泊まりをし始めることとしました。
家出をしてしまったAくんの行方を気にしていた両親は、埼玉県大宮警察署に捜索願を出したことで、Aくんが暴力団組事務所で寝泊まりをしていることが判明しました。
Aくんは家に帰されましたが、Aくんの両親は、「犯罪していないが、今後この件で逮捕はされないのか。家庭裁判所に送られ、少年院に送られるということはないのか。」など不安になったため、少年事件に強い弁護士事務所に相談へ行くことにしました。
(フィクションです)

虞犯(ぐはん)少年とは~
少年事件は、①犯罪少年、②触法少年、③虞犯(ぐはん)少年の3つに分類されます。
そのうちの③虞犯(ぐはん)少年とは、「20歳未満で、保護者の正当な監督に従わない、犯罪性のある人と交際するなどの虞犯(ぐはん)事由があって、その性格や環境からみて、将来罪を犯す虞のある少年」のことを指しています。
上記事例の場合、Aくん自身、は何ら刑罰法令に触れるような行為はしていませんが、Aくんを取り巻く環境や性格に照らせば、将来罪を犯す可能性があると見受けられるため、Aくんは、「虞犯(ぐはん)少年」にあたると考えられます。

虞犯(ぐはん)少年」は、罪を犯していないので、逮捕・勾留等の身柄拘束を受けるということはありません。
しかし、「虞犯(ぐはん)少年」と判断された場合、補導がなされ、その少年の扱いは児童相談所長の処遇決定にゆだねられます。
この決定により、児童福祉法上の措置がとられることもあれば、家庭裁判所に送致されるということもありえます。
また場合によっては、審判が開かれて、保護観察処分や少年院送致の判断がなされることになります。
実際、虞犯(ぐはん)少年であっても、少年院送致になった例も少なくありません。
そのためにも、早くからの少年に対する付添人活動が重要となってくるのです。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件・少年事件専門に取り扱っている法律事務所です。
少年事件に対しての弁護活動も多数承っていますので、お子様の虞犯(ぐはん)事件でお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、ぜひご相談ください。
埼玉県大宮警察署 初回接見費用:3万5000円)

ページの上部へ戻る