埼玉県さいたま市の刑事事件に強い弁護士 不正競争防止法違反のお悩みはご相談を!

2017-08-19

埼玉県さいたま市の刑事事件に強い弁護士 不正競争防止法違反のお悩みはご相談を!

埼玉県さいたま市在住の会社員Aさんは、転職に際して、現在の勤め先の商品や顧客に関する情報を取得し、転職先で活用しようと考えていました。
しかし退職の間際になって、会社役員から呼び出しがあり、情報が不正にコピーされた形跡があるとして事情を聴かれました。
会社は、情報を不正にコピーした者を特定した際には、不正競争防止法違反として埼玉県警大宮東警察署に刑事告訴するつもりだそうです。
Aさんは家に帰ってから、今後自分が逮捕されるのではないか不安になり、刑事事件に詳しい弁護士に相談することにしました。
(※フィクションです)

不正競争防止法とは】

当初は外国との条約締結のために義務的に制定された不正競争防止法ですが、情報が重要な経営資源として認識された昨今、注目を集めています。
不正競争防止法は時代の流れを反映して多くの改正を重ね、営業秘密について刑事的責任を導入して保護したり、模倣品・海賊版対策の強化など行っています。

会社の営業秘密情報に関して、不正競争防止法では主に以下の行為について10年以下の懲役もしくは2000万円以下の罰金、または併科を課しています。

営業秘密を保有者から示された者が、不正の利益を得る目的、またはその保有者に損害を加える目的で、その営業秘密の管理に係る任務に背き、次のいずれかに掲げる方法でその営業秘密を領得すること
1.営業秘密記録媒体等を横領すること
2.営業秘密記録媒体等の複製を作ること
3.営業秘密記録媒体等の記録等について、消去すべきものを消去せず、かつ、その記録等を消去したように仮装すること

不正競争防止法違反の法定刑は非常に重く、実際の事件例では初犯であっても執行猶予なしの懲役刑が課される傾向にあります。
実際に、半導体メーカーの元技術者が、勤め先の研究データを複製し、転職先の海外企業へ公開した事案で不正競争防止法が適用され、被告人に懲役かつ罰金の併科が言い渡されています。

不正競争防止法違反を刑事事件を起こしたことによる影響は懲役や罰金のみならず、マスコミによる報道やそれに伴う収入の途絶、社会からの白眼視など社旗的な制裁も考えられます。
このような重い刑事事件では、事件の早い段階で刑事事件に詳しい弁護士に弁護の依頼をしてください。

埼玉県熊谷市不正競争防止法違反でお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の無料法律相談または初回接見サービスをご利用ください。
埼玉県警大宮東警察署への初回接見サービス費用:36,200円)

ページの上部へ戻る