劣悪環境でのペット飼育で動物愛護管理法違反 埼玉県深谷市の刑事事件弁護士

2018-09-22

劣悪環境でのペット飼育で動物愛護管理法違反 埼玉県深谷市の刑事事件弁護士

埼玉県深谷市ペットショップを個人経営するAさんは、ペット飼育と繁殖のために、狭い小屋で200匹以上のペット飼育し、エサや糞の処理も不十分だったため異臭がする等、近隣で悪い評判が立ちました。
近隣住民から埼玉県警深谷警察署に通報があり、Aさんは動物愛護管理法違反の疑いで取調べを受け、その後検察官送致(書類送検)されました。
(フィクションです。)

【ペット熱の高まりと違法業者の摘発】

矢野経済研究所のペット市場の調査報告書によれば、2010年以降、日本国内のペット市場規模は年々拡大しており、2010年で13,794億円だったものが2016年には14,889億円へ増加しており、しばらくは拡大傾向が続くとされています。

ペット別に見ると、特に猫の飼育率が拡大しており、猫のエサや写真集等の関連商品分野も売上を伸ばしているようです。

このような中、福井県内のペット販売業者が、一時犬猫約400匹を過密飼育、繁殖したため動物愛護管理法違反刑事事件化した問題で、福井地方検察庁が業者などを不起訴としたのは不服として、公益社団法人日本動物福祉協会(JAWS、本部東京)は今年9月18日までに福井検察審査会に審査を申し立てました。

この刑事事件は、上記協会が当該業者の劣悪な飼育環境を問題視し、動物愛護管理法違反(虐待)の疑いで刑事告発したことを端に発しており、当該刑事事件を不起訴処分としたことに対して、検察官の判断に強い不満と感じているようです。

動物愛護管理法では、理由なく動物を殺傷した場合には2年以下の懲役または200万円以下の罰金、理由なくエサや水を与えなかったり、その他劣悪な環境で飼育し動物の生存を脅かす等した場合、100万円以下の罰金が科せられる等の罰則を設けています。

上記事例のように、動物の権利保護については強い関心を寄せている方もいるため、動物愛護管理法違反の疑いで刑事事件化した場合には、速やかに刑事事件に長けた弁護士に事件を依頼し、適切な対応を知ることが大切です。

埼玉県深谷市で、劣悪環境でのペット飼育等により動物愛護管理法違反刑事事件化または逮捕の恐れがある方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警深谷警察署への初回接見費用:41,660円)

ページの上部へ戻る