親の死を隠して年金不正受給で逮捕 埼玉県狭山市の詐欺罪の刑事弁護士

2018-02-28

親の死を隠して年金不正受給で逮捕 埼玉県狭山市の詐欺罪の刑事弁護士

埼玉県狭山市の無職Aさんは、父親が亡くなったことを隠して年金を不正受給したとして、詐欺罪の疑いで埼玉県警狭山警察署逮捕されました。
Aさんは詐欺行為の事実を認めており、弁護士を通じてできる限り被害の弁償をしたいと考えています。
(フィクションです。)

【高齢化社会の進行で年金不正受給の詐欺罪も増加する?】

上記刑事事件例では、被疑者は詐欺行為を認めているため、刑事弁護人としては被害弁償を申し出たり、官公庁に対する詐欺罪では示談が成立しないことが多いため、例えば贖罪寄附等により反省の念を示したりする等の刑事弁護活動が予想されます。

他方、実際の刑事事件として、今年2月26日、父親が亡くなったことを隠して年金を不正受給したとして、詐欺罪の疑いで、神戸市中央区の男性(56歳)が逮捕されました。

この被疑者は、区役所職員からの助言に従ったとして、不正受給による詐欺行為を否認しています。

詐欺罪の法定刑は10年以下の懲役ですので、詐欺行為を否認している場合、極めて高い確率で起訴され、裁判になると思われます。

そして、裁判で詐欺行為の事実を争う場合には、詐欺の故意や行為性を否定する信頼できる証拠を集める必要があるため、刑事事件の経験豊富な弁護士に依頼することが必要となるでしょう。。

なお、内閣府の高齢社会白書では、2013年の時点で、総人口に占める高齢者(65歳以上の方)の割合は25%を超えており、2035年には33.4%、2060年には約40%に達すると予想されています。

高齢化社会の進行に伴い、上記刑事事件のような年金不正受給による詐欺罪も増加することが見込まれます。

埼玉県狭山市年金の不正受給による詐欺罪刑事事件化してお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の初回無料の法律相談や初回接見サービスのご利用をご検討ください。
埼玉県警狭山警察署への初回接見費用:41,200円)

ページの上部へ戻る