歓迎会で酔って暴力事件で逮捕 埼玉県川口市の刑事事件に強い弁護士

2018-04-02

歓迎会で酔って暴力事件で逮捕 埼玉県川口市の刑事事件に強い弁護士に接見依頼

埼玉県川口市の会社に入社したAさんは、新入社員歓迎会で大いに飲み、酔って駅まで向かう途中、通行人Vさんと肩がぶつかり口論となりました。
その結果、AさんはVさんに対して平手打ちをする等の暴力を振るい、Aさんは巡回中の埼玉県警武南警察署の警察官によって暴行罪の疑いで現行犯逮捕されました。
Aさん逮捕の連絡を受けたAさんの両親は、刑事事件に強い弁護士接見を依頼しました。
弁護士接見において、Aさんは大いに酔っていたため、暴力を振るったかどうか覚えていないと言っています。
(フィクションです。)

【花見、歓迎会の季節は刑事事件が増加する?】

4月に入り、お花見や新入生、新入社員歓迎会等で、お酒を楽しむ機会が増えることでしょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所さいたま支部では、4月から酒に酔っての暴行罪傷害罪等の、いわゆる暴力事件でのご相談が多く寄せられています。

多くの暴力事件で共通しているのは、20代前半の新社会人等が、会社の歓迎会等で相当なアルコールを飲み、その帰宅途中の歩道や電車内等で喧嘩となるという流れです。

特に、暴力事件逮捕されてしまった場合、被疑者の親御さんは逮捕の連絡にショックを受け、また、被疑者の新社会人生活を心配し、すぐに弁護士に相談に至るようです。

酔った帰り道等の公衆の場における暴力犯罪は、警察官の巡回が多いことや、通行人による通報が多く、逮捕リスクが非常に高い傾向にあります。

また、酔って暴力事件を起こして逮捕された被疑者が「酔っていて覚えていない」と供述することがありますが、この発言は刑事手続では被疑事実の否認として受け取られ、勾留の必要性判断において重く受けとめられる可能性があります。

ご家族が酔って暴力事件を起こし、逮捕されてしまった場合、すぐに刑事事件の経験豊富な弁護士接見を依頼し、適切な助言を受けることを強くお勧めします。

埼玉県川口市歓迎会で酔って暴力事件を起こして逮捕されてお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の法律相談または初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警武南警察署への初回接見費用:38,400円)

ページの上部へ戻る