覚せい剤密売グループの摘発で広がる刑事事件 埼玉県さいたま市の薬物犯罪の刑事事件に強い弁護士

2018-06-08

覚せい剤密売グループの摘発で広がる刑事事件 埼玉県さいたま市の薬物犯罪の刑事事件に強い弁護士

埼玉県内で覚せい剤密売を繰り返したとして、埼玉県警薬物銃器対策課と大宮東警察署の合同捜査により、さいたま市を拠点とする密売グループの男性5人が麻薬特例法違反(業としての覚醒剤譲り受け)などの疑いで逮捕されました。
警察によって、覚せい剤を購入した150人以上の顧客リストが押収され、これらの顧客に対する覚せい剤の所持または使用による捜査が開始されました。
(フィクションです。)

【密売グループの摘発により拡大する薬物犯罪の刑事事件】

上記刑事事件例は、兵庫県内で覚せい剤密売を繰り返したとして麻薬特例法違反(業としての覚せい剤譲り受け)の疑いで逮捕された姫路市を拠点とする密売グループをモデルとしています。

通常の薬物犯罪であれば、薬物の種類によって覚せい剤取締法大麻取締法等の法令が適用されますが、上記刑事事件では、薬物犯罪による犯罪収益の剥奪や不正行為の助長を阻止する「国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律(麻薬特例法)」が適用されています。

麻薬特例法では、業として行った薬物の不法輸入や犯罪収益の隠蔽等に対して非常に重い罪を科しており、上記事例で適用された、薬物犯罪を犯す意思での規制薬物の譲渡・譲受等の場合、2年以下の懲役または30万円以下の罰金が科されます。

このような大規模な薬物犯罪の摘発があった場合、その関係者や顧客に対する捜査機関の追求が始まり、逮捕者が続発することがあります。

上記の兵庫県の密売グループの摘発後、当該密売グループから覚せい剤を購入したとされる男女を相次いで逮捕され、今年5月には組織的に販売した疑いが強まったとして、男ら2人を麻薬特例法違反の疑いで再逮捕しており、さらに覚せい剤の仕入れ先についても捜査が続く見込みです。

埼玉県さいたま市で違法薬物密売グループが摘発され、それに関わる刑事事件化でご不安の方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の法律相談または初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警浦和東警察署への初回接見費用:37,700円)

ページの上部へ戻る