保険金目的の殺人罪、詐欺罪も成立? 埼玉県さいたま市の刑事事件専門弁護士

2018-04-22

保険金目的の殺人罪、詐欺罪も成立? 埼玉県さいたま市の刑事事件専門弁護士

埼玉県さいたま市在住の自営業Aさんは、義父Vさんが資産家であることに目を付け、Aさんの妻を保険金受取人とする生命保険をVさんに加入させた上で、Vさんを殺害しました。
その後、Vさんの死亡原因について捜査を進めていた埼玉県警大宮西警察署の調べにより、AさんがVさんを殺害した可能性が出てきたため、慎重に捜査を進めたところ、AさんがVさんの殺害を認める供述をしたため、Aさんを殺人罪の疑いで逮捕しました。
AさんがVさんに掛けられた生命保険保険金を手に入れたか調べが続いており、警察は詐欺罪または詐欺未遂罪の疑いも含めて捜査を進めています。。
(※フィクションです。)

【殺人罪だけに留まらない?保険金目的殺人】

昨年7月、和歌山県白浜町の海水浴場で、水難事故を装って妻を殺害したとして、今年4月19日、被害者の夫が殺人罪の疑いで逮捕されました。

逮捕された被疑者の携帯の履歴からは、被害者である妻を事故に装って殺害する方法等が検索された履歴があり、保険金目的の殺人という線で捜査が進んでいます。

そして、保険金殺人刑事事件において、殺人罪と並んで注目すべきは、生命保険会社に対する詐欺罪、または詐欺未遂罪の成立についてです。

上記保険金殺人刑事事件では、被疑者は妻を被保険者とする複数の生命保険契約を結んでおり、その保険金受取人は夫である被疑者を指定していました。

上記被疑者は、妻を殺害した後に保険金の請求と受取の手続きをしていなかったようです。

判例によれば、詐欺罪の実行の着手時期は、行為者が財物を騙取する意思で欺罔行為を開始した時点で認められるとされ、放火による火災保険保険金詐欺刑事事件について、失火を装って保険会社に保険金支払請求をした時に詐欺の着手が認めらえると判断していることからすると、上記保険金殺人では、詐欺罪は成立しない可能性も考えられるでしょう。

埼玉県さいたま市保険金目的の殺人罪やその他刑事事件でお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の初回無料の法律相談または初回接見サービスをご利用ください。
埼玉県警大宮西警察署への初回接見費用:37,200円)

ページの上部へ戻る