Archive for the ‘財産事件’ Category

外国人が転売目的の万引き(窃盗)で逮捕 埼玉県戸田市の刑事事件弁護士

2018-07-14

外国人が転売目的の万引き(窃盗)で逮捕 埼玉県戸田市の刑事事件弁護士

埼玉県戸田市在住のベトナム国籍のAさんは、市内のドラッグストアで化粧品を万引きしたとして、埼玉県警蕨警察署によって窃盗罪の疑いで現行犯逮捕されました。
警察の調べでは、Aさんが万引き窃盗)した化粧品等は合計2500点ほどにのぼり、被害総額は450万円相当に及ぶと見られています。
Aさんは、盗んだ商品を母国の友人等に郵送していたと見られ、共犯の存在等について捜査が続いています。
(フィクションです。)

【在留外国人による犯罪増加の予測】

埼玉県の在留外国人数は、平成29年6月末時点で約16万人に上り、これは埼玉県の総人口に対して2.2%の割合を占め、毎年9から10%の対前年増加率となっています。

在留外国人の増加に伴い、在留外国人による刑事事件の検挙件数も増加すると予想されるところ、同時に、日本での大々的な犯罪とそれによる収益を目的とした外国人犯罪の組織化、集団化も懸念されます。

犯罪を犯した者の国籍を問わず、日本国内で万引き窃盗罪)を行った者に対しては、日本の刑法の窃盗罪が成立し、処罰されることになります(刑法第1条)。

刑法235条に定める窃盗罪は、10年以下の懲役または50万円以下の罰金の法定刑を定めていますが、常習的に、かつ2人以上で共同して犯行を行ったり、建造物の門戸を破壊して窃盗罪を行う等のプロの窃盗犯または窃盗集団に対しては、盗犯防止法の適用により罪が加重され、3年以上の有期懲役を科されることもあります。

また、万引き窃盗)した商品を、別の人間が運搬や保管している場合には、その者に対して刑法256条の盗品譲受け等罪が成立したり、盗品の転売による犯罪収益の収受等で関与した者に対しては組織犯罪処罰法違反(犯罪収益収受罪)が成立する等、摘発の輪が広がることも考えられます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、外国人の方による万引き窃盗罪)の法律相談も多数お受けしており、刑事事件専門の法律事務所の強みとして、入国管理上のご説明等も含めて適切な助言を行っております。

埼玉県戸田市で、転売目的万引き窃盗罪)で刑事事件化または逮捕されてお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の法律相談または初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警蕨警察署への初回接見費用:37,300円)

通勤手当の不正申請で刑事告訴? 埼玉県久喜市の刑事事件弁護士に相談を

2018-07-13

通勤手当の不正申請で刑事告訴? 埼玉県久喜市の刑事事件弁護士に相談を

埼玉県久喜市の会社Vに勤めるAさんは、Vに対して電車とバスを使って通勤する通勤手当届を出していたにも関わらず、実際には自家用車で通勤しており、申請していた通勤手当と自己負担のガソリン代等の差額、合計20万円近くを不正に受給していたことが発覚しました。
Vは社内協議の上で一度Aさんを呼び出し、その後社内での処分と埼玉県警久喜警察署に対する刑事告訴等を含めた法的措置を検討すると言っており、刑事事件化に不安を覚えたAさんは、刑事事件の見通しを知るべく、刑事事件専門の弁護士事務所の法律相談を利用することにしました。
(フィクションです。)

【勤務先に対する財産犯罪】

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所さいたま支部では、上記刑事事件例のような会社による手当や経費の不正申請や、会社の商品を窃盗または横領する等、勤務先会社を被害者とする財産犯罪が多く寄せられています。

刑事訴訟法代230条によれば、「犯罪により害を被った者は、告訴をすることができる。」とされ、警察または検察官が告訴を受理することが捜査が開始される例があります。

告訴(刑事告訴)とは、犯罪の被害者が、犯罪事実について犯人の処罰を求める意思表示を書面にて行うものであり、処罰の意思を含まない単なる被害の申告は「被害届」として区別されています。

勤務先を被害者とする従業員による財産犯罪の場合、上記事例のように被害者と加害者で話し合いが行われ、その後に社内的な処分や法的対応が決められることがあり、この段階で適切な話し合い(示談)が行われ、被害者から加害者に対する刑事上の責任を問わないという合意が形成された場合には、刑事事件化することなく問題が解決する余地もあります。

被害額や被害者の処罰感情も含めて、元勤務先に対する示談をご本人のみで成立させることは難しい面がありますので、刑事事件に詳しい弁護士に相談し、刑事事件の見込みを知ることが大切です。

埼玉県久喜市で、通勤手当不正申請等で勤務先に対する詐欺罪等の刑事事件化でお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の法律相談または初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警久喜警察署への初回接見費用:38,600円)

通院日数水増しの保険金詐欺で逮捕 埼玉県日高市の刑事事件弁護士に接見依頼

2018-07-11

損害額水増しの保険金詐欺で逮捕 埼玉県日高市の刑事事件弁護士に接見依頼

交通事故後の通院日数を水増しして保険金を騙し取ったとして、7月10日、埼玉県警飯能警察署は、埼玉県日高市の接骨院院長のAと事故被害者のBさんを詐欺罪の疑いで逮捕しました。
Aさんは詐欺の事実を認めているものの、Bさんは「記憶にない」と否認しています。
(平成30年7月11日朝日新聞の記事より、事実を一部変更したフィクションです。)

【事件・事故の被害者による犯罪~損害額水増しによる詐欺罪~】

他人が起こした事故や事件によって被害を受けた場合、民法上、損害賠償請求をすることができます(民法第709条等)。

民法上の損害賠償は、主に、治療費や逸失利益等による実損害額と、精神的苦痛等による慰謝料の2つに大別されます。

損害額については、入通院にかかった治療費の領収書を提出したり、不法行為と逸失利益との間の因果関係を厳格に判断する実務により、あまりに過大または不合理な損害賠償請求は多くはありません。

しかし、被害者としての立場を最大限利用して利益を得たいと考える人が少なからずおり、上記刑事事件例のように、保険会社に対して過剰な実損害額を申告して、実際に要した金額以上の保険金を支払わせる詐欺事件が後を絶たず、上記のように医師と共謀したり、加害者と被害者が共謀する等、保険会社を欺くための様々な詐欺行為が行われています。

保険会社は、多数かつ多種多様な保険詐欺の被害を受けてきたため、詐欺罪刑事事件の疑いがある場合には、すぐに被害届または刑事告訴を行うのが通例ですので、被疑者から保険会社に示談を申し出たとしても、示談を受けてくれる可能性は極めてゼロに近いでしょう。

保険金詐欺刑事事件は、逮捕リスクが非常に高いため、身柄が拘束された初期の段階で刑事事件弁護士接見を依頼し、警察の取調べに対して不適切な供述をして後の刑事手続に不利な影響を及ぼさないよう、手段を講じていくことが大切です。

埼玉県日高市で、損害額水増し等による保険金詐欺刑事事件化または逮捕されてお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の法律相談または初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警飯能警察署への初回接見費用:42,800円)

婚活サイトを通じた詐欺罪で逮捕 埼玉県富士見市の刑事事件に強い弁護士

2018-07-10

婚活サイトを通じた詐欺罪で逮捕 埼玉県富士見市の刑事事件に強い弁護士

埼玉県富士見市在住の無職男性Aさんは、婚活サイトで知り合った会社員の女性Vさんに対して、生活の援助や仕事上での損失の補填等の虚偽の理由で、数回にわたってAさんの口座にお金を振り込ませたとして、埼玉県警東入間警察署によって詐欺罪の疑いで逮捕されました。
(平成30年7月9日千葉日報の記事より、事実を一部変更したフィクションです。)

【保釈中に発生した犯罪とその制裁】

総務省統計局『国勢調査報告』により算出した人口統計資料集によると、2015年時点の生涯未婚率は、男性が23%、女性が14%であり、生涯未婚率は今後も上昇を続ける見込みであり、婚活支援サービスの必要性は一層増すと想定されています。

実際、婚活関連サービス業の上場企業の業績推移をみると、結婚相談所や婚活パーティを企画するほとんどの企業が、売上高・営業利益ともに順調に業績を伸ばしています。

これに伴って、特にネットを介した非対面の婚活サービスを悪用した刑事事件の増加が予想されるところ、実際に詐欺罪での逮捕事案が発生しています。

上記刑事事件例は、年齢を偽って婚活サイトに登録した高齢男性が、婚活女性に対して合計320万円を自分の口座に振り込ませたとして詐欺罪逮捕された事件をモデルにしています。

民法上、金銭の譲渡や貸借は、当事者間の合意が真実のものである限り有効であり、その動機に錯誤がある場合は取り消すことができます(民法第95条)。

刑法上では、相手方が真実を知れば当該金銭を譲渡または貸与しないであろう重要な事項について虚偽の働きかけをした場合、刑法246条に定める詐欺罪の「詐取」に該当するとされています。

もっとも、詐欺罪の認定には、どの時点から詐取する意思が生じたか等で争いが生じることもあり、警察の捜査に対する不適切な言動により、後の刑事手続に不利な影響を及ぼさないためにも、刑事事件化の初期から刑事事件に詳しい弁護士の助言を仰ぐことが大切です。

埼玉県富士見市で、婚活サイトを通じた遣り取りで詐欺罪刑事事件化してご不安の方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の法律相談または初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警東入間警察署への初回接見費用:38,900円)

偽札で宅配代金を支払い逮捕 埼玉県川口市の刑事事件弁護士に接見依頼

2018-07-04

偽札で宅配代金を支払い逮捕 埼玉県川口市の刑事事件弁護士に接見依頼

埼玉県川口市在住で、日本人男性と結婚しているフィリピン人のAさんは、インターネット通販で購入し、「ゆうパック」で送られてきたスマートフォンの代金支払いにあたって、偽造の1万円札を渡した疑いで、埼玉県警川口警察署によって偽造通貨行使罪の疑いで逮捕されました。
勤務先で妻Aさんの逮捕を知った夫は、刑事事件の見通しを知るためにも、刑事事件に強い弁護士にAさんの接見を依頼しました。
(平成30年7月3日神戸新聞の記事を元に、人物や場所等の事実を変更してします。)

【非常に重い通貨偽造および偽造通貨行使の罪】

上記刑事事件例は、7月3日に神戸市において、ベトナム人男性が偽造通貨行使罪の容疑で再逮捕された事件をモデルにしています。

実際の刑事事件では、被疑者は、アイフォン13台分の代金である合計164万8500円について、神戸市の郵便局員に対して偽札で支払いを行い、その紙幣が現金読み取り機を通らなかったことを不審に思った郵便局から警察署に通報があり、偽造通貨行使罪が発覚しました。

偽札に関する刑法第148条は、第1項において行使目的での通貨偽造罪を規定し、第2項において偽造通貨行使罪を規定しており、偽札の流通はその国の経済の根幹を揺るがす性質上、無期または3年以上の懲役という非常に重い法定刑となっています。

なお、実際の事件では、被疑者は警察の調べに対し「偽札とは知らなかった」と逮捕容疑を否認しています。

通貨偽造および偽造通貨行使の罪が成立するには、犯罪の故意が必要であり(刑法第38条)、真に偽札であることを知らないで行使した場合には偽造通貨行使罪は成立しません。

ただし、偽札であることを知らないからと言って逮捕されないという訳ではなく、実際には、偽札の態様や入手経路について、逮捕に踏み切ることも含め、捜査機関による厳しい事実追求を受けることになるでしょう。

偽札に関する重大な刑事事件逮捕された場合、刑事事件の経験豊富な弁護士接見を依頼し、不適切な供述を行わないよう捜査対応を受けることが極めて重要です。

埼玉県川口市で、偽札の使用等により刑事事件化または逮捕されてお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の法律相談または初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警川口警察署への初回接見費用:36,600円)

年齢確認で怒って器物損壊罪 埼玉県春日部市の刑事事件弁護士に示談依頼

2018-07-02

年齢確認で怒って器物損壊罪 埼玉県春日部市の刑事事件弁護士に示談依頼

埼玉県春日部市の年金受給者Aさん(67歳)は、市内のコンビニで缶ビールを購入したところ、年齢確認をされたことに腹を立て、レジの液晶画面の確認ボタンを叩くように強く押しました。
これにより液晶画面にヒビが入り、店員は埼玉県警春日部警察署に通報し、Aさんは器物損壊罪の疑いで現行犯逮捕されました。
警察の調べに対し、Aさんは被疑事実は認めているものの「何度も酒を買っているのに、なぜ毎回年齢確認が必要なのか」と供述しています。
(平成30年7月1日神戸新聞の記事を元に、場所等の一部事実を変更しています。)

【怒りに任せて物にあたると現行犯逮捕リスクあり】

上記刑事事件例は、今年7月1日、兵庫県宝塚市在住の建設作業員の男(46歳)が、コンビニで酒類を販売する際の年齢確認に激高し、レジの液晶パネルを壊したとして、器物損壊罪の疑いで兵庫県警宝塚警察署によって現行犯逮捕された事件をモデルにしています。

このように、ちょっとしたサービスに対する不満に対して周囲の物にあたってしまい、刑事事件化する例がしばしば見受けられ、例えば、駅のプラットフォームで駅員の態度に腹を立て、備品を蹴りつけて損壊してしまった器物損壊罪の相談なども弊所に寄せられています。

器物損壊罪を定める刑法261条は、別の犯罪として規定されている、公用文書、私用文書、建造物等を除き、それ以外の他人の物を損壊または傷害した者に対して、3年以下の懲役または30万円以下の罰金を定めています。

器物損壊罪は、刑事告訴がなければ検察官が起訴することができない「親告罪」であり、その弁護活動にあたっては、被害者との示談締結によって告訴を出さない、または取り下げてもらうことが何よりも重要です。

ただし、被害者の目前で物を損壊して現行犯逮捕されたケースでは、被害者の処罰感情が強い傾向がありますので、その刑事弁護については、刑事事件示談交渉の経験が豊富で、示談金や示談条件の相場感やノウハウに詳しい、刑事事件専門の弁護士にお任せすることが良いでしょう。

埼玉県春日部市で、被害者の目前での器物損壊罪刑事事件化または逮捕されてお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の法律相談または初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警春日部警察署への初回接見費用:38,200円)

集配業者が特殊詐欺に加担して逮捕 埼玉県新座市の刑事事件に強い弁護士

2018-06-28

集配業者が特殊詐欺に加担して逮捕 埼玉県新座市の刑事事件に強い弁護士

郵便局から業務委託を受けた都内の集配業者が、架空請求詐欺事件で「ゆうパック」で送られた現金の回収役をしたとして、今年6月27日、埼玉県警新座警察署は、集配業者3人を詐欺罪の容疑で逮捕しました。
被疑者らは配達前に現金入りのゆうパックを回収する一方、配達伝票にサインを記入して郵便局へ提出していました。
埼玉県警は、現金を配達先で受け取る際に摘発されないための新手口とみて、警戒を強めています。
(平成30年6月28日朝日新聞の記事を元に、場所等の事実を一部変更しています。)

【集配業者にまで拡大する大規模な特殊詐欺集団】

特殊詐欺集団による詐欺罪について、過去の刑事事件ブログで何度か取り上げていますが、上記詐欺事件は、詐欺手口がますます狡猾かつ洗練化、大規模化していることを示す衝撃的なニュースと言えるでしょう。

警察の調べによると、被疑者らは共謀して、弁護士になりすまして静岡県の高齢女性に電話をかけ、現金をゆうパックで都内の集合住宅へ送るよう指示し、送られてきた現金600万円を詐取した疑いがあり、その指定住所が、被疑者らによる集配担当地域だったということです。

今年の5月末、名古屋市の高齢女性が上記と同様の方法で現金を要求される被害があり、愛知県警が「だまされたふり作戦」で捜査を行ったところ、現金の送り先に荷物が届かないのに、郵便局の記録が「配達済み」となったため、集配業者詐欺罪関与が浮上したと言われています。

日本郵便によれば、被疑者らが経営する集配業者とは2013年4月に委託契約したとのことですが、外部委託では、事前に営業実態などを審査し、委託後も代表者と定期的に面談などをしたものの、詐欺集団によって郵便システムが悪用されていたことから、国民の信頼の失墜も大きいでしょう。

今後、詐欺集団に加担する外郭が拡大し、より詐欺罪刑事事件化または逮捕される者が増加することも予想されます。

埼玉県新座市で、集配業者等が特殊詐欺に加担して刑事事件化または逮捕された場合は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の法律相談または初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警新座警察署への初回接見費用:38,700円)

悪質クレームで成立しうる刑事事件 埼玉県深谷市の刑事事件弁護士

2018-06-21

悪質クレームで成立しうる刑事事件 埼玉県深谷市の刑事事件弁護士

埼玉県深谷市在住の自営業Aさんは、市内の飲食店Vでの接客サービスが気に入らず、ある日、友人Bと連れ立って大型自動車でV前まで乗り付け、拡声器を用いて「深谷市民の皆さん、ここの店Vは客を客として扱わない店です」などと怒号を浴びせました。
その後、「Vの礼儀知らずは異常だ。このまま手ぶらでは帰れない。」等と脅し、金銭を要求したとして、AとBは、埼玉県警深谷警察署によって、恐喝未遂罪の疑いで逮捕されました。
警察の調べに対し、Aは「Vへの不満をぶちまけたが、金銭の要求はしていない」と事実を否認しています。
(フィクションです。)

上記刑事事件例は、神奈川県横須賀市内の理容店に対して、右翼団体幹部を含む男性2名が、接客態度が気に入らないなどと因縁をつけて、街宣車の拡声器金銭を脅し取ろうとした恐喝未遂罪逮捕事案をモデルに変更を加えたものです。

上記刑事事件では、被害者である理容店店主が脅されてお金を要求されたとの被害届を警察に提出し、その際の音声記録から恐喝の事実と被疑者の身元特定が明らかになったようです。

刑法249条の定める恐喝罪では、人を恐喝して財物を交付させたものは10年以下の懲役を科されます。

恐喝」とは、被害者等に害悪が及ぶことを告知して畏怖させることを言いますが、この「害悪」とは必ずしも違法なものである必要はなく、またその方法は目次の害悪の告知も含まれると判例は解しています。

また、金銭を脅し取る目的の悪質クレームでなくとも、店先に押しかけて拡声器等を使用して大音量で店の悪評を言いふらす行為は、業務妨害罪が成立する可能性もあります。

悪質クレームの内容次第では、複数の罪の構成要件に該当する可能性があり、「金銭の要求はしていない」という恐喝罪の否認主張も、別の罪については意味を持たない可能性がありますので、刑事事件化または逮捕された場合には、刑事事件に詳しい弁護士に相談または接見し、どのような罪が成立し、どのような刑事手続が展開するのかを知ることが重要です。

埼玉県深谷市で、悪質クレームによる刑事事件でお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の法律相談または初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警深谷警察署への初回接見費用:41,660円)

執行猶予期間中の再犯 埼玉県比企郡の万引き(窃盗罪)の刑事事件専門弁護士

2018-06-19

執行猶予期間中の再犯 埼玉県比企郡の万引き(窃盗罪)の刑事事件専門弁護士

埼玉県比企郡在住の会社員Aさんは、2年前に窃盗罪で、懲役1年6月執行猶予3年の有罪判決を下されていましたが、このたび執行猶予期間中に書店Vにて万引き(窃盗)を行い、埼玉県警小川警察署によって窃盗罪の疑いで逮捕されました。
Aさんは万引き(窃盗)の事実を認め、Vに謝罪し、被害額に謝罪金を上乗せして支払い、またAさんの母が身元引受人となったことから釈放されました。
釈放されたAさんは、今回の窃盗罪再犯によって実刑判決を下されるのか不安となり、刑事事件に詳しい弁護士に相談することにしました。
(フィクションです。)

【万引き(窃盗)常習者の再犯とその刑事責任】

刑事事件の一般論として、万引き(窃盗罪)や性犯罪は再犯性が高いと言われており、実際に、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所さいたま支部に寄せられた万引き(窃盗)の法律相談において、過去に窃盗罪の前科がある方がしばしば見受けられます。

常習的に万引き(窃盗)を行う人たちは、食料品や日用品等の価格単価の低いものを万引き(窃盗)して刑事事件化または逮捕されることが多く、被害額が小さい窃盗罪の場合で、初犯やそれに準じる前科の刑事事件の場合、警察は厳重注意または訓戒に止め、事件を検察官に送らない処分をすることもあります。

しかし、被害額が大きい場合、常習的な犯行の場合、共犯等をまじえた計画的な犯行の場合、そして同種前科から間もない刑事事件化の場合は、極めて高い確率で警察は事件を検察官に送り、検察官も実刑や罰金等の何らかの処分をすることになるでしょう。

そして、窃盗罪で有罪判決を下された執行猶予期間中万引き(窃盗)再犯刑事事件では、過去の裁判例を見る限り、再度の執行猶予はほぼ期待できず、実刑判決を下されています。

このような常習的な万引き(窃盗)刑事事件では、初動からの取調べ対応と以下に反省と贖罪を示し、情状主張を行っていくかが重要となるでしょう。

埼玉県比企郡で、執行猶予期間中万引き(窃盗)刑事事件でお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の法律相談または初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警小川警察署への初回接見費用:42,100円)

少年の詐欺事件の逮捕事案続発 埼玉県さいたま市の少年事件弁護士に接見依頼

2018-06-16

少年の詐欺事件の逮捕事案続発 埼玉県さいたま市の少年事件弁護士に接見依頼

<事例1>
埼玉県警察浦和警察署は、埼玉県さいたま市の72歳の女性に対し、女性の長男を名乗って「現金が必要となったので同僚が取りに行く」と電話をかけ、現金300万円を騙し取ろうとした疑いで、14歳の男子中学生の少年詐欺未遂罪の疑いで現行犯逮捕しました。

<事例2>
埼玉県警察大宮警察署は、埼玉県さいたま市の91歳の男性に対し、銀行員を装ってキャッシュカード1枚を騙し取ったとした疑いで、17歳の無職少年詐欺罪の疑いで逮捕しました。

(上記いずれの事例も、平成30年6月13日朝日新聞の記事から引用しています。)

【止まらない少年による特殊詐欺犯罪】

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所さいたま支部でも、少年による特殊詐欺犯罪によって、詐欺罪逮捕されてしまい、留置されている警察署への接見後、受任となった契約が増えてきています。

詐欺罪逮捕された少年弁護士がその動機を聞くと、多くの場合、お金欲しさに詐欺グループに参加したものの、罪悪感から詐欺をやりたくない、またはグループから脱退したいと言っても、特殊詐欺首謀者に脅されて止めることができなかった、という事情があります。

少年による特殊詐欺詐欺罪または詐欺未遂罪逮捕された場合、極めて高い確率で検察官は勾留請求を行い、裁判所が勾留を決定することになります。

勾留が決定すると、最大10日間警察署の留置場等に身柄を拘束されるため、学校等へ事件が発覚する可能性も高くなります。

少年事件逮捕事案では、ご家族の方は、どうして、どのようなことをやって事件になってしまったのか分からないことも多く、ご家族による面会もできませんので、少年事件を専門とする弁護士接見を依頼し、本人の供述と事件の見通しを知ることが大切です。

埼玉県さいたま市で、少年による詐欺事件逮捕されてお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の法律相談または初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警浦和警察署への初回接見費用:35,900円、埼玉県警大宮警察署への初回接見費用:34,900円)

« Older Entries