Archive for the ‘薬物事件’ Category

埼玉県さいたま市でコカイン所持の薬物犯罪で逮捕

2019-03-29

埼玉県さいたま市で大麻・コカイン所持の薬物犯罪で逮捕

埼玉県在住の会社員Aさんは、埼玉県さいたま市のマンションの一室にある無許可バーで仲間数人と大麻を所持していたところ、踏み込んだ埼玉県警大宮警察署の警察官によって大麻取締法違反の疑いで現行犯逮捕されました。
警察は、当該マンションにて大麻等の違法薬物が使用されているとの通報により捜査を進め、今回の立件に至りましたが、バーに居合わせた被疑者らの中には、大麻以外にもコカイン所持していた者がいたため、警察は麻薬及び向精神薬取締法違反の疑いで再逮捕することを検討しています。
(フィクションです。)

【身柄拘束が長期化しやすい薬物犯罪】

最近とある芸能人がコカイン所持逮捕されたことも話題になりましたが、有名人であると否とを問わず、薬物犯罪刑事事件化するケースは後を絶ちません。

今年3月9日、東京・渋谷のマンションにあるバーで、東京の某医科大学の教員を含む男女8名が大麻所持していたところを現行犯逮捕されました。
その後の調べで、被疑者ら3人がコカインを使用していた疑いが強まり、警視庁は、当該人を再逮捕する方針とのことです。

大麻を所持していた場合、大麻取締法第24条の2によって、5年以下の懲役が科されることになります。
大麻の純粋な所持以外にも、大麻の譲り受け、譲り渡しも同様に処罰され、また、営利目的である場合には刑が加重され、7年以下の懲役(情状により7年以下の懲役および200万円以下の罰金の選択刑)が科されます。

また、上記で言及したコカインのように、大麻以外の違法薬物所持した場合も、別の法令により処罰されることになり、例えばコカインの場合、麻薬及び向精神薬取締法によって処罰され、アセチルモルヒネ等以外の麻薬コカインなど)を、みだりに、製剤・小分け・譲り渡し・譲り受け・所持した者は、7年以下の懲役が科されます。

これら複数の法令にまたがる薬物犯罪を犯した場合、基本的には異なる処罰根拠による複数の罪を犯していることになるため、それぞれの薬物犯罪が成立し、併合罪(刑法第45条)として処理される結果、成立する最も重い懲役刑の、長期の1.5倍を限度として量刑が科されることになるでしょう。

薬物犯罪刑事事件では、薬物の売買や譲渡・譲受のため、複数の被疑者が関与(あるいは共犯)している場合が多く、また、犯罪の証拠となる薬物も罪証(証拠)隠滅も容易であることから、捜査機関が犯罪を発覚した場合には、迅速に逮捕手続きを行い、その後も逃走や証拠隠滅を防止するために、勾留を続けることが非常に多いです。

また、薬物犯罪は、不起訴となる見込みも薄い傾向にあり、刑事事件化した初期段階から、一貫して実効的な捜査対応を貫くことが、後々の刑事手続で重要になってきます。

埼玉県さいたま市大麻コカイン等を所持して薬物犯罪刑事事件化または逮捕されてお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所への初回無料の法律相談または初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警大宮警察署への初回接見費用:35,500円)

埼玉県さいたま市の民泊経営者が大麻所持で逮捕

2018-12-26

埼玉県さいたま市の民泊経営者が大麻所持で逮捕

埼玉県さいたま市内で民泊を営む自営業Aさんは、民泊兼自宅の建物内に乾燥大麻所持していたとして、埼玉県警大宮東警察署により大麻取締法違反大麻所持)の疑いで逮捕されました。
Aさんの民泊兼自宅からはキロ単位の大量の乾燥大麻が発見され、警察はAさんが大麻所持だけでなく、販売や譲渡をしていた疑いがあるとして捜査を続けるとともに、検察官は大麻の大量所持について違法性が高いと判断し、Aさんを起訴しました。
(フィクションです。)

来日外国人の増加やインターネット取引の活発化等により、大麻所持使用刑事事件化する事例が後を絶ちません。

大麻と人類との関係は深く、古来から医療目的、宗教目的、娯楽目的等に消費されていましたが、現在の日本においては、医療目的や研究目的のために、都道府県知事から「大麻栽培者」「大麻研究者」と認定されて者以外が、大麻所持、栽培、譲渡、譲受、研究目的の使用をしてはならないとされています(大麻取締法第2条を要約)。

許可なく違法に大麻所持、譲渡、譲受した場合、5年以下の懲役(営利目的の場合、7年以下の懲役または情状により7年以下の懲役および200万円以下の罰金)が科せられます。

大麻取締法違反を含む薬物犯罪の場合、例えば大麻所持の疑いで逮捕された後、薬物という罪証(証拠)隠滅が容易いことを理由に、10日間の身体拘束(勾留)が決定することが多く、その間に尿検査等が行われ大麻使用の疑いが濃厚となった場合には、大麻使用の疑いで再逮捕され、ふたたび10日間の身体拘束(勾留)が決定されることが十分考えられます(さらにそれぞれの勾留について、最大10日間の勾留延長が認められる可能性もあります)。

また、大麻所持の場合、交際相手から内容を知らされることなく渡された等の経緯で大麻所持の疑いで逮捕されることもあり、被疑者がどのような認識で大麻と疑われる物を所持していたかを説明する際には、薬物犯罪刑事事件に詳しい弁護士に必ず相談または接見を行い、適切な捜査対応の指導を受けることが大切です。

埼玉県さいたま市民泊経営者等で大麻所持によって刑事事件化または逮捕されてお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の初回無料の法律相談または初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警大宮東警察署への初回接見費用:36,200円)

大学内で大麻を購入? 大麻取締法違反で逮捕 埼玉県飯能市の少年事件に強い弁護士

2018-11-10

大学内で大麻を購入? 大麻取締法違反で逮捕 埼玉県飯能市の少年事件に強い弁護士

埼玉県飯能市の大学構内において、大学生のAさん(19歳)が大麻所持していたとして、埼玉県警飯能警察署によって大麻取締法違反の疑いで逮捕されました。
大学では大麻取締法違反で昨年にも逮捕者が出ており、警察は大学内での大麻の売買や譲渡等を視野に捜査を進めています。
(平成30年11月9日の産経デジタルの記事を元に、場所や態様を一部変更したフィクションです。)

上記刑事事件は、大阪府の追手門学院大の学生2人が大麻所持していたとして、近畿厚生局麻薬取締部によって大麻取締法違反所持)の疑いで逮捕された事案をモデルにしています。

10年ほど前から、関西大の学生がキャンパス内で大麻を売買し摘発されるなど、学生らの間で大麻が蔓延している実態があるようです。

一般に、少年大麻等の違法薬物に手を出して事件化した件数は年々減少傾向にありますが、少年の際に薬物を使用した経験のある者は、成人後も再度薬物に手を出すケースがあると言われ、早期の違法薬物処置が必要と言われています。

少年事件も成人の刑事事件と同じく、薬物犯罪は、薬物の処分による罪証(証拠)隠滅が容易く刑事手続に悪影響を及ぼす可能性が高いと考えられ、逮捕後に勾留が決定することが多い傾向にあります。

また、薬物犯罪の場合、対象となる大麻をどこで手に入れたのか、所持だけでなく使用したのか、等と捜査が長期化する傾向にあるため、勾留延長も含めて1か月近くの間勾留され、その後家庭裁判所に送致された後も観護措置を取られ、少年鑑別所に収容されることが強く予想されます。

少年は、たばこやアルコールと同じく、軽い好奇心で大麻やその他違法薬物に手を出してしまう経緯も多く、そのような情状を強く主張しつつ、少年の反省状況や今後の更生を支えていく少年事件の経験を多く積んだ弁護士に事件を依頼すると良いでしょう。

埼玉県飯能市で、少年大麻取締法違反、その他違法薬物薬物犯罪少年事件化または逮捕されてお悩みの方は、少年事件の多く扱う弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の初回無料の法律相談または初回接見サービスをご利用ください。
埼玉県警飯能警察署への初回接見費用:42,800円)

少年が大麻所持で現行犯逮捕 埼玉県和光市の少年事件に強い弁護士

2018-10-07

少年が大麻所持で現行犯逮捕 埼玉県和光市の少年薬物事件に強い弁護士

埼玉県和光市の公立中学校に通う中学生Aさんは、ある日、挙動がおかしいと進路指導の教師に指摘され、手荷物検査をされたところ、ポリ袋入りの乾燥大麻所持していたため、教師は埼玉県警朝霞警察署に連絡し、Aさんは大麻取締法違反大麻所持)の疑いで現行犯逮捕されました。
警察の調べに対し、Aさんは「大麻は市内に住む先輩からもらった」と供述しており、大麻所持および使用を認めています。
(平成30年10月5日毎日新聞の記事を元に、場所等の事実を変更したフィクションです。)

【少年の早期の社会復帰のために】

上記少年事件例は、今年10月4日、大麻草を所持していたとして、京都市山科区の市立中学の男子生徒が大麻取締法違反所持)の疑いで現行犯逮捕された事案をモデルにしています。

この事件では、中学校から「生徒の様子がおかしい」と京都府警山科警察署に連絡があり、警察官が任意同行して署内で事情聴取したところ、生徒が乾燥大麻の入ったポリ袋を持っていることが判明し、現行犯逮捕に至りました。

一般に、少年が、覚せい剤や大麻等の違法薬物に手を出して事件化した件数は、年々減少傾向にありますが、少年の際に薬物を使用した経験のある者は、成人後も再度薬物に手を出すケースが目立つため、注意が必要な犯罪であることされています。

少年による薬物犯罪では、成人と同じく、薬物の処分による罪証(証拠)隠滅の容易さ等を理由に、逮捕・勾留の可能性が高いとされています。

都会の繁華街やインターネットを通じて興味本位で違法薬物を買ったり使用したりするケースでは、前科前歴等が無いことを前提に、家庭裁判所は保護観察処分を下すことが多いようです。

しかし、少年薬物犯罪の恐ろしさをあまり意識せずに、反社会的な組織・団体と関係を持って薬物犯罪に加担してしまったような場合には、家庭裁判所の審判で少年少年院送致になってしまうことも十分に考えられます。

未成年である少年が、単独で捜査機関や家庭裁判所の調査官に対して適切な対応を取ることは事実上ほとんど期待できませんので、少年事件化した段階で迅速に弁護士弁護活動・付添人活動を依頼することが重要です。

埼玉県和光市で、少年大麻所持等による薬物犯罪少年事件化または逮捕されてしまった方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の初回無料の法律相談または初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警朝霞警察署への初回接見費用:39,600円)

簡易宿泊所で覚せい剤密売で逮捕 埼玉県川口市の薬物犯罪の刑事事件に詳しい弁護士

2018-09-12

簡易宿泊所で覚せい剤密売で逮捕 埼玉県川口市の薬物犯罪の刑事事件に詳しい弁護士

埼玉県川口市の訪日外国人客が主に利用することで有名な簡易宿泊所において、外国人顧客を相手に覚せい剤密売をしてたとして、埼玉県警川口警察署は職業不詳のAさんを覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕しました。
この簡易宿泊所では、「不審な動きをするやくざ風の男が徘徊している」等の苦情や相談が警察に寄せられており、今後、警察は覚せい剤やその他違法薬物の摘発に注力しています。
(平成30年9月12日産経デジタルの記事を元に、場所等の事実を変更したフィクションです。)

【外国人観光客を相手に大規模密売?】

上記刑事事件例は、大阪市西成区あいりん地区が覚せい剤密売拠点として捜査機関によりマークされ、覚せい剤取締法違反等による薬物犯罪の摘発が相次いでいることから着想を得ています。

大阪市西成区あいりん地区は、かつて路上での違法薬物密売が横行していたことから、大阪府警が徹底的な浄化作戦を展開し、薬物犯罪摘発の成果を上げてきました。

しかし、昨今の訪日外国人客の急増を背景に、訪日外国人客が多く利用することで注目を集めた簡易宿泊所を中心に、再び覚せい剤等の違法薬物密売が盛んになってきたと言われています。

覚せい剤取締法では、法令上許可された場合でないにも関わらず、覚せい剤をみだりに所持、譲渡、譲受した場合には、10年以下の懲役が科せられ、特に営利目的で左記行為を行った場合には、1年以上の有期懲役に処し、または情状により1年以上の有期懲役および500万円以下の罰金に処するとしています。

具体的には捜査機関による捜査を待たねばなりませんが、訪日外国人客が集まる簡易宿泊所等を拠点にして広く違法薬物密売を行っていた場合には、高い確率で「営利目的」が認定され、罪の加重を受けることもあり得るでしょう。

覚せい剤取締法違反を含む薬物犯罪では、組織的犯行であることや証拠隠滅の容易さ等を理由に、逮捕および勾留をされる可能性が非常に高いため、事件の早期から刑事事件弁護士に依頼し、適切な捜査対応の助言と刑事手続の見通しを得ることが大切です。

埼玉県川口市で、簡易宿泊所覚せい剤密売して刑事事件化または逮捕されてお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警川口警察署への初回接見費用:36,600円)

大麻の密輸で大麻取締法違反で逮捕 埼玉県さいたま市の薬物犯罪の刑事事件弁護士

2018-08-14

大麻の密輸で大麻取締法違反で逮捕 埼玉県さいたま市の薬物犯罪の刑事事件弁護士

埼玉県さいたま市在住の自称自営業のAさんは、乾燥大麻密輸した集団の一員であるとして、埼玉県警浦和西警察署大麻取締法違反などの疑いで逮捕され、即日検察官に送致されました。
(平成30年8月9日朝日新聞の記事を元に、事実を一部変更したフィクションです。)

【大麻等違法薬物に関する薬物犯罪と罪の重さ】

上記は、今年8月9日、埼玉県警や東京税関などが、乾燥大麻密輸した疑いがある12人を大麻取締法違反などの疑いで逮捕、送検した事案をモデルにしています。

この刑事事件では、今年3月から4月にかけて、米国から埼玉県内や東京都内に宛てた十数個の段ボール箱の中に、ジャンパーなどに隠された乾燥大麻約29キロを捜査機関が発見し、宛先の住居などに住む男女8人を大麻取締法違反逮捕した後、東京都練馬区のマンションにある拠点にいた他4人を逮捕しました。

大麻等の違法薬物を罰する法律では、その行為によって罪が大きく異なります。

上記刑事事件のように、大麻をみだりに(正当な理由がなく)本邦若しくは外国に輸入(密輸)した者は、7年以下の懲役が科されます。

他に、大麻をみだりに栽培したり、本邦若しくは外国から輸出した場合も上記と同じ罰則を受けます。

また、大麻をみだりに所持、譲受、譲渡した場合、5年以下の懲役が科されます。

上記いずれの場合も、営利の目的で犯行を行った場合には、刑罰が加重されることとなります。

大麻取締法違反を含む薬物犯罪刑事事件は、薬物の入手経路の特定、共犯の可能性、証拠隠滅の容易さ等から、逮捕および勾留される可能性が非常に高く、さらに起訴されて公開の刑事裁判となることが予想されます。

刑事裁判で不利な証拠を提出されないためにも、薬物犯罪刑事事件では、取調べ段階からの刑事事件弁護士の助言と捜査機関に対する働きかけが不可欠です。

埼玉県さいたま市で、大麻密輸等、違法薬物薬物犯罪刑事事件化または逮捕されてお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警浦和西警察署への初回接見費用:36,400円)

覚せい剤リキッドの浸透と有罪判決 埼玉県さいたま市の薬物犯罪の刑事事件に詳しい弁護士

2018-08-12

覚せい剤リキッドと電子たばこ 埼玉県さいたま市の薬物犯罪の刑事事件に詳しい弁護士

埼玉県さいたま市在住の自営業Aさんは、電子たばこで吸引できるように加工した覚せい剤リキッドを所持、使用していたとして、埼玉県警大宮西警察署によって覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕されました。
その後、検察官によって覚せい剤取締法違反の罪状で起訴され、間もなく初公判を迎えます。
(フィクションです。)

【電子たばこの浸透と薬物犯罪の普及の懸念】

電子たばこで成分を蒸発させて吸引する大麻リキッドなどを所持したとして、今年1月に大麻所持の疑いで現行犯逮捕され、その後検察官によって、大麻取締法違反罪に問われたヒップホップミュージシャンの被告人に対して、5月下旬、東京地方裁判所が懲役3年執行猶予5年(求刑懲役3年)の判決を言い渡したことは記憶に新しいところです。

大麻リキッドに続き、覚せい剤リキッドの摘発が国内で初めて確認され、違法薬物電子たばこへの応用について警察当局は警戒を強めています。

違法薬物の売買に詳しい暴力団関係者によれば、違法薬物の成分を混入したリキッドは乱用者の間で浸透しつつあるとのことで、覚せい剤や大麻以外にも危険ドラッグを加工したリキッドも存在していると言われています。

嫌煙ムードの高まりとともに、最近、紙巻きたばこの代用品として電子たばこの利用者が急増しており、違法薬物リキッドは匂いなどから周囲に発覚するリスクが低いとされており、また、従来の違法薬物のように、気化させた成分を吸引する手法より手軽に成分を吸引できる手軽さもあり、インターネットなどを介して売買され人気が出始めているようです。

今後、大麻や覚せい剤、危険ドラックその他違法薬物によるリキッドの所持または使用で刑事事件化または逮捕される事案が増加すると思われますが、薬物犯罪刑事事件は証拠隠滅が容易である性質から、逮捕後に勾留が決まるケースが多く、迅速な弁護士活動の開始が特に求められる分野です。

埼玉県さいたま市で、覚せい剤リキッドの所持や使用により刑事事件化または逮捕されてお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警大宮西警察署への初回接見費用:37,200円)

覚せい剤密売グループの摘発で広がる刑事事件 埼玉県さいたま市の薬物犯罪の刑事事件に強い弁護士

2018-06-08

覚せい剤密売グループの摘発で広がる刑事事件 埼玉県さいたま市の薬物犯罪の刑事事件に強い弁護士

埼玉県内で覚せい剤密売を繰り返したとして、埼玉県警薬物銃器対策課と大宮東警察署の合同捜査により、さいたま市を拠点とする密売グループの男性5人が麻薬特例法違反(業としての覚醒剤譲り受け)などの疑いで逮捕されました。
警察によって、覚せい剤を購入した150人以上の顧客リストが押収され、これらの顧客に対する覚せい剤の所持または使用による捜査が開始されました。
(フィクションです。)

【密売グループの摘発により拡大する薬物犯罪の刑事事件】

上記刑事事件例は、兵庫県内で覚せい剤密売を繰り返したとして麻薬特例法違反(業としての覚せい剤譲り受け)の疑いで逮捕された姫路市を拠点とする密売グループをモデルとしています。

通常の薬物犯罪であれば、薬物の種類によって覚せい剤取締法大麻取締法等の法令が適用されますが、上記刑事事件では、薬物犯罪による犯罪収益の剥奪や不正行為の助長を阻止する「国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律(麻薬特例法)」が適用されています。

麻薬特例法では、業として行った薬物の不法輸入や犯罪収益の隠蔽等に対して非常に重い罪を科しており、上記事例で適用された、薬物犯罪を犯す意思での規制薬物の譲渡・譲受等の場合、2年以下の懲役または30万円以下の罰金が科されます。

このような大規模な薬物犯罪の摘発があった場合、その関係者や顧客に対する捜査機関の追求が始まり、逮捕者が続発することがあります。

上記の兵庫県の密売グループの摘発後、当該密売グループから覚せい剤を購入したとされる男女を相次いで逮捕され、今年5月には組織的に販売した疑いが強まったとして、男ら2人を麻薬特例法違反の疑いで再逮捕しており、さらに覚せい剤の仕入れ先についても捜査が続く見込みです。

埼玉県さいたま市で違法薬物密売グループが摘発され、それに関わる刑事事件化でご不安の方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の法律相談または初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警浦和東警察署への初回接見費用:37,700円)

薬物犯罪の最新事情、大麻リキッド 埼玉県川口市の大麻取締法違反の刑事事件に詳しい弁護士

2018-05-25

薬物犯罪の最新事情、大麻リキッド 埼玉県川口市の大麻取締法違反の刑事事件に詳しい弁護士

埼玉県川口市在住の自営業Aさんは、ネットを通じて知り合った売人から、大麻濃縮物を電子たばこのように気化させて吸う「大麻リキッド」を購入したところ、売人の摘発を通じて購入者であるAさんにも捜査の手が伸び、埼玉県警川口警察署によって大麻取締法違反の疑いで逮捕されました。
翌日、事件は検察官に送致され、検察官はAさんに対する勾留請求を行い、裁判所はAさんに対して10日間の勾留決定を下しました。

【薬物犯罪は大麻回帰の方向へ?】

平成30年5月23日朝日新聞の記事によれば、大麻に含まれる幻覚成分を人工的に抽出し、精製した濃縮物の摘発が急増していようです。

2016年5月、関東信越厚生局麻薬取締部は、大麻の幻覚成分を抽出した濃縮物のひとつである「大麻ワックス」を全国で初めて摘発し、以降、大麻濃縮物の摘発が相次ぎ、同部が鑑定した検体数は2016年22件から、今年は4月末時点ですでに80件に急増しています。

また、大麻濃縮物の一つで、電子たばこのように気化させて吸う「大麻リキッド」を所持したとして、東京都の音楽とタレント活動をしていた男性を大麻取締法違反の疑いで逮捕された事件について、今年5月22日、東京地方裁判所は懲役3年執行猶予5年の判決を下しました。

上記刑事事件では、被告人は、東京都の自宅マンションで、真空パックされた乾燥大麻計約545グラムや大麻の幻覚成分を濃縮した「リキッド」約14グラムなどを所持したとして起訴されていました。

大麻リキッドは、電子たばこに取り付けるカートリッジタイプで、幻覚成分は約60%という高濃度であり、被告人宅からは、複数の電子パイプも見つかっていました。

大麻リキッドは、電子たばこのような新規性により、違法な薬物を利用する者の間で人気が出始めているそうですが、生成された大麻成分の濃縮物を直接吸引するため、幻覚作用が極めて強く、専門家らは警鐘を鳴らしています。

埼玉県川口市大麻リキッドの所持または使用等、大麻取締法違反刑事事件でお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の法律相談または初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警川口警察署への初回接見費用:36,600円)

ストレス解消に覚せい剤使用で逮捕 埼玉県さいたま市の薬物犯罪に強い刑事事件弁護士

2018-05-17

ストレス解消に覚せい剤使用で逮捕 埼玉県さいたま市の薬物犯罪に強い刑事事件弁護士

埼玉県さいたま市在住のAさんは、埼玉県のプロスポーツ団に所属するスポーツ選手ですが、頻繁に「ファンに狙われている」とスポーツ団職員に言うので、埼玉県警浦和東警察署の警察官を呼んで被害の相談をしました。
しかし、Aさんの供述と言動には不審な点が多数あったため、警察が任意でAさんに尿検査を依頼したところ、Aさんの尿から覚せい剤の陽性反応が出ました。
Aさんは覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕され、警察の調べに対し、試合に負けられないというプレッシャーに悩み続け、そのストレス解消覚せい剤使用していたと認めました。
(フィクションです。)

【覚せい剤使用により言動に異常が現れ刑事事件化の発端に】

昨今では既存の法的規制を免れるため、ハーブやアロマ等の名称で危険ドラッグが薬物犯罪において目立っていますが、覚せい剤使用薬物犯罪も検挙件数が大幅に減少した訳ではありません。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所さいたま支部にも、覚せい剤使用による刑事事件化のご相談が寄せられますが、日常生活に大きなストレスを抱え、その不安に耐えきれなくなり覚せい剤使用に至ったという共通点が見受けられます。

実際、覚せい剤は過去には着付け薬、緊張緩和剤として合法的に使用されていた経緯があり、現代のストレス社会にもニーズを見出す人がいるようです。

しかし、覚せい剤には、使用量を増やさないと効果が得られなくなる依存性、一度使用すると快感を脳が覚えてしまいフラッシュバックを起こす日常生活の維持の危険、覚せい剤離脱時の強い倦怠感とうつ状態等の3大症状が現れると言われており、言動や思考が不自然になった結果、警察等によって検挙されるケースも多く見受けられます。

今年5月13日、警視庁西新井警察署が覚せい剤取締法違反(覚せい剤使用)の容疑で、女子プロレスラーを逮捕しました。

上記刑事事件例と同じく、被疑者の言動が不自然となり、「刃物を持った者が私を狙っている」と被害妄想にとらわれ、警察官の任意の尿検査により覚せい剤使用の事実が発覚しました。

覚せい剤使用により覚せい剤取締法違反刑事事件化した場合、ほぼ例外なく検察官に起訴され、公判(裁判)が開かれることになりますので、刑事裁判の経験豊富な弊所弁護士に事件の依頼をすることをお勧め致します。

埼玉県さいたま市ストレス解消目的等の覚せい剤使用刑事事件化または逮捕されてお悩みの方は、弊所の法律相談または初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警浦和東警察署への初回接見費用:37,700円)

« Older Entries