Archive for the ‘暴力事件’ Category

クラクションに逆上して傷害罪で逮捕 埼玉県久喜市の刑事事件弁護士

2018-11-19

クラクションに逆上して傷害罪で逮捕 埼玉県久喜市の刑事事件弁護士

埼玉県久喜市の道路を自動車運転していた会社員Vさんは、前を走る車が車線をはみ出す蛇行運転をしていたため、クラクションを鳴らして注意したところ、前の車を運転するAさんが急停止してVさんの車を強制的に停車させ、「今俺を煽っただろう」と難癖をつけてVさんに殴る蹴るの暴行を加え怪我を負わせました。
Vさんは110通報して被害を訴え、間もなくAさんは埼玉県警久喜警察署によって傷害罪の疑いで逮捕されました。
警察の調べに対し、Aさんは黙秘を貫いています。
(フィクションです。)

昨今、煽り運転の厳罰化の流れの中で、捜査機関は悪質な煽り運転に対して、道路交通法違反、危険運転致死傷罪(妨害目的運転)、暴行罪等あらゆる法令を駆使して厳正な捜査を行うよう通達を出しており、中には殺人罪で立件された煽り運転の刑事事件も見受けられます。

とは言え、煽り運転のような悪意ある行為とは別に、他ドライバーの危険運転や交通マナー違反を注意を促すためにクラクションを鳴らす等の遣り取りは日常的に行われているところ、ここからさらに刑事事件に発展してしまうケースもあるようです。

岐阜市の男性が車のクラクションを鳴らしたことに腹を立て、被疑者男性2人がクラクションを鳴らした男性を暴行し、携帯電話などを奪った事件では、被疑者らは強盗致傷罪の疑いで逮捕されています。

このような公道での暴力犯罪は、監視カメラや多くの目撃者、ドライブレコーダー等に記録されるため、多くの場合、犯人の特定が迅速で、速やかに逮捕される可能性が高いと言えます。

このような傷害罪刑事事件では、当事者間に感情のわだかまりが強く、示談交渉が難航する可能性もあり、被害者が厳罰を望む結果、検察官によって起訴されてしまうケースも考えられますので、逮捕後すぐに刑事事件に経験豊富な弁護士に被疑者との接見を依頼し、弁護士から刑事事件の手続きと処罰の見込みを聞くことが大切です。

埼玉県久喜市で、クラクションに逆上して傷害罪逮捕されてお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の初回接見サービスをご利用ください。
埼玉県警久喜警察署への初回接見費用:38,600円)

詐欺の受け子を強要して逮捕 埼玉県所沢市の刑事事件弁護士に接見依頼

2018-11-17

特殊詐欺の受け子を強要して逮捕 埼玉県所沢市の刑事事件弁護士に接見依頼

埼玉県所沢市の自称自営業Aさんら3名は、市内の未成年グループに対して強い影響力を持っており、少年Vに対して特殊詐欺受け子になるよう暴行して強要しました。
暴行を受けて怖くなったVさんは、Aさんらから解放された後、埼玉県警所沢警察署に被害を相談し、間もなく、Aさんらは強要未遂罪の疑いで逮捕されました。
(フィクションです。)

昨今では、報道を通じて特殊詐欺の被害が十分知れ渡るようになりましたが、未だに「割の良いアルバイト」と気軽な気持ちで特殊詐欺に加担してしまう若者が後を絶ちません。

ただ、一部の報道によれば、特殊詐欺グループの背景には暴力団や「半グレ」等の反社会的勢力が関与しているとの見方もあり、実際、頭書刑事事件例のように、犯罪を意図する人間によって暴力的手段で特殊詐欺への参加を強要された事案も出てきました。

実際の事案では、今年11月1日、20代の男性2名に対し、特殊詐欺受け子になるよう、移動中の車内で強要したとして、埼玉県在住の指定暴力団組員の男性と住居不定の男性が強要未遂罪の疑いで逮捕されました。

強要罪(刑法第223条)では、生命・身体・自由・名誉・財産に害を加える旨を告知して脅迫したり、または暴行を加えることで、人に義務のないことを行わせたり、権利行使を妨害した場合に成立する犯罪で、3年以下の懲役が科せられます。

「人に義務のないことを行わせ」たとは、犯罪行為に加担するよう働きかけることを含み、特に特殊詐欺のように末端の構成員を多く抱える必要がある犯行への勧誘手段として、今後強要罪での立件が増加することも考えられます。

強要罪の中でも、特殊詐欺への加担を強要する等、犯罪行為の強要は非常に悪質で違法性が高く、起訴された後実刑判決を下される可能性もありますので、刑事事件化した場合には早期に刑事事件弁護士に相談いただくことをお勧めします。

埼玉県所沢市で、特殊詐欺受け子強要して逮捕されてお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の初回接見サービスをご利用ください。
埼玉県警所沢警察署への初回接見費用:40,800円)

行き過ぎクレームで逮捕 埼玉県坂戸市の刑事事件弁護士に接見依頼

2018-11-15

行き過ぎクレームで逮捕 埼玉県坂戸市の刑事事件弁護士に接見依頼

埼玉県坂戸市の飲食店を利用していた建設業で働くAさんは、店員の手際が悪く不必要に長時間待たされたと腹を立て、店員Vに対して食器トレイを投げつけ、「どんだけ待たせるんだ。ぶっ殺すぞ。謝れ」と大声で怒鳴りつけ、Vに土下座をさせました。
Vが店を出た直後、店主は埼玉県警西入間警察署に通報し、Aさんは強要罪および威力業務妨害罪の疑いで逮捕されました。
(平成30年11月15日西日本新聞社の記事を元に、場所や事実を変更したフィクションです。)

【悪質クレームで生じうる刑事責任】

上記刑事事件は、今年11月15日、北九州市八幡西区のコンビニエンスストアにおいて、女性店員(18歳)にトレイを投げ、床を示して「殺すぞ。謝れ」などと脅迫して土下座させ、この間正常な業務を妨げた疑いで、福岡県警八幡西警察署によって、職業不詳の男性が強要罪および威力業務妨害罪の疑いで逮捕された事件をモデルにしています。

強要罪(刑法第223条)とは、生命・身体・自由・名誉・財産に害を加える旨を告知して脅迫したり、または暴行を加えることで、人に義務のないことを行わせたり、権利行使を妨害した場合に成立する犯罪で、3年以下の懲役が科せられます。

強要罪は、人の意思決定に基づく行動の自由を保護するものであり、強要罪における「暴行」とは、相手方の自由な意思決定を拘束してその行動の自由を制約するに足りる程度のものであることを要すると解されています(判例)。

上記刑事事件では、成人男性が、未成年の女子に対して物を投げつけるという暴行によって被害者の意思を委縮させたこと、かつ、「殺す」という脅迫的言動も踏まえ、強要罪が成立したと考えられます。

また、悪質なクレームの手段として、上記のような暴行を用いて、客に迷惑をかけた詫びとして金銭を要求した場合には、恐喝罪(刑法第249条。10年以下の懲役)が成立する可能性もあるでしょう。

さらに、クレーム手段の悪質さ、暴力的な手段である場合、被害店舗の業務妨害させたとして威力業務妨害罪(刑法第234条。3年以下の懲役または50万円の罰金)が成立する可能性もあり、刑事事件化した場合には、被害者や目撃者等への威迫の恐れから、勾留および勾留延長が決定する見込みが高いでしょう。

このような刑事事件では、逮捕直後、すぐに刑事事件に経験豊富な弁護士に被疑者との接見を依頼し、事実を正確に聞き出した上での身体拘束の期間や処罰の見込みの説明を受けることが非常に大切です。

埼玉県坂戸市で、行き過ぎたクレームにより、強要罪威力業務妨害罪等で刑事事件化または逮捕されてお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の初回接見サービスをご利用ください。
埼玉県警西入間警察署への初回接見費用:39,400円)

闇サイトで拉致を引き受け略取・逮捕監禁で起訴 埼玉県川口市の刑事事件弁護士

2018-11-11

闇サイトで拉致を引き受け略取・逮捕監禁で起訴 埼玉県川口市の刑事事件弁護士

埼玉県川口市の無職Aさんは、金欲しさのあまり、ネット上で違法行為の仕事を仲介・斡旋する闇サイトにアクセスし、首謀者の男に命じられるまま、川口市在住の女性Vさんを車ごと拉致して車内に監禁したとして、埼玉県警武南警察署によって営利目的略取罪逮捕監禁罪の疑いで逮捕され、その後起訴されました。
警察の調べに対して、Aさんは逮捕事実を全面的に認めています。
(平成30年11月9日の共同通信社の記事を元に、場所や態様を一部変更したフィクションです。)

上記刑事事件は、静岡県藤枝市の山中で浜松市の女性看護師の遺体が見つかった事件で、女性を車ごと拉致して車内に監禁したとして、営利目的略取罪逮捕監禁罪に問われた男性被告人をモデルに話を再構成しています。

上記事案では、ネットの掲示板を通じて、拉致を主導したとされる新潟県の男性から、営利誘拐目的で女性を拉致して逮捕監禁する仕事と知りながら、それによって得られた違法な利益の分け前欲しさに当該犯罪行為に参加したと被告人は供述しています。

営利目的誘拐罪の法定刑は1年以上10年以下の懲役、逮捕監禁罪の法定刑は3月以上7年以下の懲役とされていますが、両者を一連の犯罪行為として行った場合、両罪は手段と目的の関係(牽連犯)にあるとして、重い方の罪で処断するとするのが判例の立場です。

上記の事案では、被告人は首謀者と共同して誘拐および逮捕監禁行為を行っており、共謀共同正犯として主犯と同じ責任を負いますが、状況によっては主犯に命じられて補助的な役割を担った(幇助犯)にすぎないとの主張もあり得るでしょう。

昨今では、闇サイトを通じて、例えば女性を睡眠薬で眠らせて強制性交や強制わいせつ等を集団で行う事案も発生するようになり、このような共犯関係にある重大事件では、刑事事件を専門とする弁護士に事件を依頼し、被疑者・被告人としての権利を確保しつつ、適切な処分を求めていくことが大切です。

埼玉県川口市で、闇サイト等を通じた略取逮捕監禁罪やその他犯罪行為で刑事事件化または逮捕されてお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の初回無料の法律相談または初回接見サービスをご利用ください。
埼玉県警武南警察署への初回接見費用:38,400円)

タクシー運転手に対する暴力犯罪 埼玉県東松山市の刑事事件弁護士に相談を

2018-11-06

タクシー運転手に対する暴力犯罪 埼玉県東松山市の刑事事件弁護士に相談を

会社員のAさんは、埼玉県東松山市の飲食店でお酒を飲み、タクシーを利用して帰宅しようとしたところ、タクシー運転手Vさんが酔っている客はお断りしますと乗車拒否してことに腹を立て、Aさんに殴る蹴る等の暴行を加えました。
Vさんは埼玉県警東松山警察署に被害届を出し、間もなくAさんは暴行罪の疑いで逮捕されました。
警察の調べに対し、Aさんは「酔っていて覚えていない」と事実を否認しています。
(フィクションです。)

【否認が多いタクシー運転手に対する暴力犯罪】

夜に飲み会等に参加し、終電を乗り過ごしてしまった方が頼りにすることが多いタクシーですが、乗車前のやりとりや乗車中の口論からトラブルに発展し、酔った乗客が勢いに任せて暴力犯罪に発展することが珍しくありません。

昨今報道されたタクシー運転手に対する暴力犯罪を見ると、その原因として、乗車拒否された、乗車中の経路を巡って口論になった、乗車中の会話から喧嘩になった、乗車後の料金支払を渋り逆上した等の理由が挙げられます。

頭書刑事事件例のように、夜間のタクシー運転手に対する暴力犯罪では、多くの被疑者が「酔っていて覚えていない」と事実を否認する傾向にあります。

「酔っていて覚えていない」という供述は、行為自体を否認する場合もあれば、行為はしたかもしれないが故意は無かったと故意否認の場合もあり、いずれにせよ捜査機関からの厳しい追及を受けることになり、捜査機関が必要と判断した場合には逮捕される可能性もあるでしょう。

酔っていた本当に事実を覚えていないこともあるでしょうが、タクシー運転手に対する暴力犯罪刑事事件では、事件の早期に弁護士に依頼し、暴行自体は認め、謝罪し、適切な条件と金額の示談を申し出ることで、検察官の不起訴処分を獲得した例も少なからずありますので、刑事事件化した早期の段階で、刑事事件のプロである弁護士に相談することが最も重要です。

埼玉県東松山市で、タクシー運転手に対する暴力犯罪刑事事件化してお悩みの方は、刑事事件に経験豊富な弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の初回接見サービスをご利用ください。
埼玉県警東松山警察署への初回接見費用:41,400円)

騒音騒ぎで喧嘩となり殺人未遂罪で逮捕 埼玉県比企郡の刑事事件弁護士に接見依頼

2018-11-05

騒音騒ぎで喧嘩となり殺人未遂罪で逮捕 埼玉県比企郡の刑事事件弁護士に接見依頼

埼玉県比企郡の飲食店で働くAさんは、店の前で大きな排気音を立てるバイクに乗って集合している少年たちに対して、強い口調ですぐに立ち退くよう告げたところ、Aさんと少年らは喧嘩となり、Aさんは持参したナイフで少年Vの腹を刺したため、目撃者が警察に通報し、駆けつけた埼玉県警小川警察署の警察官によってAさんは殺人未遂罪の疑いで緊急逮捕されました。
警察の調べに対し、Aさんは「相手が集団だったので護身用に刃物を持っていた。Vを刺すつもりはなかった」と供述しています。
(平成30年11月5日朝日新聞の記事を元に、場所や事実等を変更したフィクションです。)

【衝動的な暴力で故意を否認?殺人未遂罪の場合】

上記刑事事件例は、バイク音がうるさいとの理由で、路上にいた作業員の少年をサバイバルナイフで刺した疑いがあるとして、名古屋市の無職男性が殺人未遂罪の疑いで緊急逮捕された事案をモデルにしています。
少年は左胸を刺されて1~2週間の負傷で命に別状はありませんでしたが、被疑者はバイク音がうるさいのを注意する意図で、殺すつもりはなかったと殺人の故意を否認しています。

一般に、犯罪の成立には故意が必要とされており(刑法第38条第1項)、殺人罪の成立に際しても、人を殺す故意(殺意)が要求されます。

上記事件では被疑者は被害者に対する殺意(殺人の故意)を否認しているようですが、判例では、自分の行為によって他人の死の結果が生じることを意図することに留まらず、その可能性があることを予見しながらあえて行為を行った場合にも殺意(殺人の故意)は認められると解しています。

よって、被害者に対してナイフで切りつけることによって、その結果、当たれば死ぬかもしれないと予見し、その上で行為に及んでいる以上、殺人行為の実行着手を否定することはできず、殺人未遂罪が成立することを免れることは難しいでしょう。。

殺人罪の法定刑は、死刑または無期もしくは5年以上の懲役であり、その未遂罪であっても、重い処罰が下ることが予想されるため、殺人未遂罪の疑いで逮捕された場合には、刑事事件弁護士接見を依頼し、弁護士の適切な助言を受け、不当に自分が不利とならないよう捜査対応を行うことが望ましいでしょう。

埼玉県比企郡で、騒音騒ぎ等で喧嘩となり殺人未遂罪逮捕されて悩みの方は、刑事事件に経験豊富な弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の初回接見サービスをご利用ください。
埼玉県警小川警察署への初回接見費用:42,100円)

市役所窓口での暴力犯罪で現行犯逮捕 埼玉県本庄市の刑事事件弁護士に接見依頼を

2018-10-30

市役所窓口での暴力犯罪で現行犯逮捕 埼玉県本庄市の刑事事件弁護士

埼玉県本庄市在住の無職男性Aさんは、税金の納付について本庄市役所に相談に行ったところ、職員Vさんの態度が気にくわないとの理由で、Vさんに体当たりの暴行を加えました。
その様子を目撃した市役所職員が110番通報し、駆けつけた埼玉県警本庄警察署の警察官によって、Aさんは公務執行妨害罪の疑いで現行犯逮捕されました。
警察の調べに対し、Aさんは「故意にやったわけではない」と故意を否認しています。
(フィクションです。)

上記刑事事件は、今年10月29日、神奈川県相模原市を訪れた男性が、税金の支払い方法をめぐって窓口で対応した職員とトラブルになり、職員に体当たりして暴行を加えたとして、公務執行妨害罪の疑いで現行犯逮捕された事案をモデルにしています。

刑法第95条の公務執行妨害罪は、公務員が職務を執行するにあたり、これに対して暴行または脅迫を加えた場合、3年以下の懲役もしくは禁錮または50万円以下の罰金を科されます。

上記事案では、市役所職員による市民に対する納税方法の説明中に暴行が行われているところ、判例によれば、公務執行妨害罪における「職務」とは、ひろく公務員が取り扱う各種各様の事務すべてが含まれると解されており、また、公務員の職務執行中に暴行または脅迫が加えられた場合には公務執行妨害罪が成立し、その暴行または脅迫によって実際に職務執行が妨害されることは必要としないと解されています。

公務執行妨害罪刑事事件は、類型的に、警察官に対する暴行が最も多いようですが、高齢化の進行する昨今、市役所・区役所におけるトラブルから通報され、刑事事件化するケースも見受けられます。

公務執行妨害罪の過去の量刑を見ると、罰金30万円の命令が下された事例や、1年未満の懲役に執行猶予3年と判決がくだされた例が多いですが、前科や悪質な犯行態様によっては8月から2年ほどの実刑判決を下される例も見受けられます。

埼玉県本庄市で、市役所窓口での暴力犯罪現行犯逮捕されて悩みの方は、公務執行妨害罪刑事事件に経験豊富な弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の初回無料の法律相談、または初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警本庄警察署への初回接見費用:41,460円)

イベントでハメ外しの暴力犯罪で逮捕 埼玉県さいたま市の刑事事件弁護士に接見依頼を

2018-10-29

イベントで暴力犯罪を起こし現行犯逮捕 埼玉県さいたま市の刑事事件弁護士に接見依頼を

埼玉県さいたま市在住の大学生Aさんは、友人とともに、渋谷のハロウィンイベントに参加するために仮装して大宮駅で待ち合わせをしたところ、Aさんらを揶揄する集団と口論のすえ乱闘になり、Aさんはその内一人を殴って負傷させたとして、埼玉県警大宮警察署によって傷害罪の疑いで現行犯逮捕されました。
Aさん逮捕の連絡を受けたAさんの母親は、突然の知らせに驚愕し、息子がどのような状態か、今後どのような処分となるのかを知るべく、刑事事件に強い弁護士接見を依頼することにしました。
(フィクションです。)

【大型の屋外イベントで逮捕者発生】

10月31日のハロウィンを前に、27日深夜から28日未明にかけて、東京・渋谷に仮装した人たちが集まりました。

しかし、イベントでハメを外しすぎたのか、軽トラックが横転させられたり(器物損壊罪)、暴行(暴行罪)や盗撮・痴漢(東京都迷惑行為防止条例違反)などの疑いで逮捕者計5人も出る騒ぎとなりました。

ハロウィンを巡って、近年では、ゴミの放置や参加者同士のトラブルが続いており、特に若者が仮装してイベントを行う渋谷区では、瓶に入った酒類の販売自粛を近隣店舗に呼びかけるなど対策を強化していました。

また、昨年のハロウィンでは、「ハロウィンで目立ちたくて仮装して暴走した」という理由で、埼玉県越谷市内において、16~17歳の少年計7人が越谷市内でバイクで暴走行為をしたとして、道路交通法違反共同危険行為)の疑いで逮捕されました。

ハロウィンイベントも日本に定着してきた感があり、そこで発生するトラブルや刑事事件に対応すべく、警察も警戒を強めており、現行犯逮捕された場合には、刑事事件専門の弁護士接見を依頼し、事件の見通しを知ることが極めて重要です。

埼玉県さいたま市で、屋外イベントにおける暴力犯罪等で刑事事件化または逮捕されてお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の初回無料の法律相談、または初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警大宮警察署への初回接見費用:34,900円)

強引な運転で殺人未遂罪で逮捕 埼玉県加須市の刑事事件弁護士に依頼を

2018-10-25

強引な運転で殺人未遂罪で逮捕 埼玉県加須市の刑事事件弁護士に依頼を

<事例1>
埼玉県加須市在住の会社員男性Aさんは、交際中の女性Vさんとのドライブデート中に口論となり、AさんがVさんを中傷する言葉を言って車を発進させようとしたところ、興奮したVさんがAさんの車にしがみついてきました。
AさんはVさんがしがみついたまま、3キロほど車を運転し続けたとして、埼玉県警加須警察署によって殺人未遂罪の疑いで現行犯逮捕されました。
(平成30年10月24日NNN24の記事を元に、場所等の事実を変更したフィクションです。)

<事例2>
埼玉県加須市在住の会社員男性Aさんは、自宅で酒を飲んだ後、車で近所のコンビニに行こうとしたところ、巡回中していた埼玉県警加須警察署のパトカーに呼び止められました。
Aさんは車の窓越しに呼気検査の協力を求められたところ、酒気帯び運転の発覚を恐れて、警察官が前方にいるにも関わらず車を急発進させて逃走を試みました。
間もなく、Aさんは殺人未遂罪および公務執行妨害罪の疑いで現行犯逮捕されました。
(フィクションです。)

【強引、乱暴な車の運転で思わぬ重大犯罪に発展】

上記刑事事件<事例1>は、今年10月24日、交際相手の男性を車のボンネットに乗せたまま7キロ以上走行させたとして、福岡県久留米市の女性が殺人未遂罪逮捕された事案をモデルにしています。

上記被疑者は、交際相手との別れ話のもつれから口論になり、男性が車の前にいたにもかかわらず車を急発進させ、ボンネットにしがみついた男性を振り払おうと急発進などを繰り返した上、そのままの状態で約7.3キロを走行した疑いがあり、幸い、男性は車が止まった際に飛び降り、ケガはなかったようです。

被疑者は「男性は降りようと思えば降りられた。何回か止まったが、男性が降りなかった」などと被疑事実を否認しているようです。

殺人罪における故意とは、明確に人を殺すという意思は勿論のこと、この行為により人を殺してしまうかもしれないという可能性の認識があれば足りると解されています。

故に、人を轢いてしまう可能性を認識しながら、それでも構わず強引、乱暴な運転を行った場合、殺人の可能性を認識していたと判断され、殺人未遂罪が成立する余地があります。

殺人罪は極めて重罪であり、その未遂罪であっても、検察官によって起訴され、実刑判決を下される可能性が高いため、刑事事件の早い段階で刑事事件を得意とする弁護士に依頼することが大切です。

埼玉県加須市で、強引、乱暴な自動車運転殺人未遂罪により刑事事件化または逮捕されてお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の初回無料の法律相談、または初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警加須警察署への初回接見費用:40,000円)

傷害致死罪で裁判員裁判へ 埼玉県富士見市の刑事事件弁護士に依頼を

2018-10-23

傷害致死罪で裁判員裁判へ 埼玉県富士見市の刑事事件弁護士に依頼を

埼玉県富士見市在住の自営業Aさんは、友人同士の飲み会で盛り上がっていたところ、別の客グループと口論になり、殴り合いの乱闘になりました。
Aさんは空手の有段者であり、Aさんが喧嘩相手のVさんの腹を強く蹴ったところ、Vさんは嘔吐して激しく苦しみ、病院に搬送されたものの間もなく死亡しました。
Aさんは傷害致死罪の疑いで逮捕起訴され、さいたま地方裁判所川越支部で裁判員裁判が開かれることになりました。
(フィクションです。)

【重大刑事事件と裁判員裁判】

司法の専門家である裁判官の判断に対して、有権者を司法判断に参加させることで、国民の司法に対する理解と信頼を促進することが期待できるとして、2009年5月、裁判員の参加する刑事裁判に関する法律(裁判員法)が施行され、同年8月、裁判員制度を導入した初の公判が東京地裁で開かれました。

ただし、裁判員裁判は、原則として裁判員6名と裁判官3名の合議体で行われ、裁判員には複数回の公判出席や守秘義務が課せられる等のコストがかかるため、一定以上の重大事件のみに適用されることになっています。

裁判員裁判の対象となる重大事件とは、①死刑または無期の懲役若しくは禁錮に当たる罪に係る事件、②死刑又は無期若しくは短期一年以上の懲役若しくは禁錮に当たる罪のうち、故意の犯罪行為により被害者を死亡させた罪に係るもの、のいずれかを言い、主な例として、最高裁のHPでは、殺人罪、強盗致死傷罪、傷害致死罪、危険運転致死罪、現住建造物等放火罪、身代金目的誘拐罪、保護責任者遺棄致死罪、覚せい剤取締法違反(密輸入)等を列挙しています。

平成29年6月に、格闘家で元ジムトレーナーの男性が、知人男性を蹴り死亡させたとして傷害致死罪に問われた事件で、今年10月23日、千葉地裁で裁判員裁判の初公判が開かれています。

裁判員裁判の問題点として、裁判員が被害者の心情や処罰感情を強く意識した結果、量刑相場を大幅に超える判決を言い渡してしまう危険が指摘されており、裁判員裁判刑事裁判では、刑事弁護人は、法律のプロではない裁判員に対する分かり易く効果的な弁論の準備が必要となり、熟練度が要求されます。

埼玉県富士見市で、傷害致死罪等により裁判員裁判となる可能性がある方は、刑事事件の経験豊富な弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の初回無料の法律相談、または初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警東入間警察署への初回接見費用:38,900円)

« Older Entries