Archive for the ‘暴力事件’ Category

埼玉県越谷市の少年事件に強い弁護士 校内暴力で逮捕されたら

2017-10-17

埼玉県越谷市の少年事件に強い弁護士 校内暴力で逮捕されたら

埼玉県越谷市在住の高校生Aさんは、授業中、再三静かにするようにという教師Vさんの警告を無視し、その結果Aさんは逆上してVさんに暴力を振るい始めました。
この様子をAさんの友人らが撮影し、SNSに投稿したために世間の注目を集め、Vさんが埼玉県警越谷警察署に被害届を出し、Aさんは暴行罪の疑いで逮捕されました。
(※フィクションです)

【未成年者の学生の校内暴力と刑事事件】

今年9月下旬に福岡県の高校で教師に暴行を行い、傷害罪の容疑で逮捕された事件と、同じく同県中学校で教師に対する傷害事件で現行犯逮捕された事件が相次ぎ、世間の注目を集めています。

しかし、教師への暴力と警察による関与は、それほど珍しいことではなようです。
高校・中学の学校内における対教師暴力事件は2014年度で6601件発生しており、これは休日も含めて1日当たり約18件起きていることを意味します。

文部科学省の2014年度の児童生徒の問題行動等に関する調査によれば、この内、学校が学校内の事件で加害生徒に対して警察等と連携した対応をとったのは2721件に及びます。

上記の数字からすれば日常的とも言える学生による校内暴力事件が今回大きく取り上げられたのは、傷害罪の実行行為を撮影しネットに動画がアップロードされたことや、教師が生徒を現行犯逮捕したという点にあると言えるでしょう。

ちなみに、現行犯逮捕を規定する刑事訴訟法213条では、現行犯であれば誰であっても逮捕状無しに逮捕することができる、と定めています。
多くの場合で警察官等の司法警察職員が逮捕することと区別して、一般人が現行犯逮捕することを私人逮捕や常人逮捕とも言います。

教育現場に対する警察の介入に否定的な意見がある一方で、教師に体罰が許されていない以上、明白な刑法犯罪に対して司法の介入を行うことは正当だとする意見もあります。
特に後者の意見について、未成年者の刑法犯罪については家庭裁判所に判断が任され、審判の開始・不開始が決定され、その後の更生措置を決めることが少年法の趣旨にも適うという弁護士の意見もあります。

埼玉県越谷市の未成年者の学生による校内暴力事件でお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の無料法律相談または初回接見サービスをご利用ください。
埼玉県警越谷警察署への初回接見サービス費用:40,200円)

埼玉県さいたま市の刑事事件に強い弁護士 幼児虐待の傷害致死罪の裁判員裁判にて

2017-10-11

埼玉県さいたま市の刑事事件に強い弁護士 幼児虐待の傷害致死罪の裁判員裁判にて

埼玉県さいたま市在住の自営業Aさんは、夜中に泣き止まない1歳の幼児に腹を立て、暴行をした結果、幼児は死んでしまいました。
Aさんは埼玉県警岩槻警察署に逮捕・勾留され、さいたま地方検察庁はAさんを起訴しました。
第一審判決で検察はAさんの傷害致死罪に対して懲役10年を求刑していましたが、裁判員裁判による判決は求刑の1.5倍にあたる懲役15年という判決を下しました。
Aさんおよび弁護士は、過去の傷害致死罪の判例における量刑と比較して処罰が重すぎるとして控訴する予定です。
(※フィクションです)

裁判員裁判量刑

特定の刑事事件について、有権者(市民)から事件ごとに選ばれた裁判員が、職業裁判官とともに審理に参加する制度を裁判員制度と言います。
2004年5月に裁判員法が成立し、2009年5月に施行され、同年8月に初の裁判員裁判が行われました。

裁判員制度が導入されるのは、死刑または無期懲役・無期禁固に該当する犯罪や、死刑または無期もしくは短期1年以上の懲役・禁錮にあたる罪であって、故意に被害者を死亡させた事件です。

そして、幼児を虐待死させ、両親が傷害致死の罪に問われた裁判員裁判で、2014年の最高裁判決が、求刑の1.5倍にあたる判決を出した第1審・第2審判決を破棄して、ほぼ求刑どおりの懲役の判決を下しました。

これは最高裁が裁判員裁判の判決を破棄自判した初の事例であり、最高裁判決では「裁判員裁判といえども、他の裁判の結果との公平性が保持された適正なものでなければならない」と言及しています。

これに対して、学者や実務では賛否両論で、過去の量刑相場や裁判所の中立性を重視する賛成派も、裁判員裁判の制度趣旨や立法過程を重視する反対派も双方とも説得力のある主張をしています。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件のプロ集団として多くの事件の知識を積み重ね、被告人に最善の結果を出すべく様々な主張を行っていきます。

埼玉県さいたま市裁判員裁判事件でお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の無料法律相談または初回接見サービスをご利用ください。
埼玉県警岩槻警察署への初回接見サービス費用:37,500円)

【相談受付中】埼玉県加須市の刑事事件に強い弁護士 傷害事件の容疑を晴らす

2017-09-12

【相談受付中】埼玉県加須市の刑事事件に強い弁護士 傷害事件の容疑を晴らす

埼玉県加須市在住の会社員Aさんは、市内で買い物の途中、通行人のVさんと口論となりました。
後日、埼玉県警加須警察署の警察官がAさん宅を訪れ、Vさんに対する傷害罪の容疑で取調べをしたいと任意同行を求められました。
警察官が言うには、Vさんから、被害届、医師の診断書、事件の目撃証言が提出されているとのことです。
Aさんは図らずも傷害罪の被疑者となってしまい大変驚き、刑事事件に詳しい弁護士に相談することにしました。
(フィクションです)

【思わぬことで刑事事件の被疑者に…】

一般に、刑事事件は捜査機関が事件の端緒を認識することから始まります。
具体的には、職務質問、所持品検査、自動車検問、現行犯逮捕、自首、告訴、告発、被害届、通報などが挙げられます。

上記事例では、被害者による被害届の提出と、被疑事実(傷害罪)を立証する医師の診断書、Aさんの暴力行為の目撃証言が警察署に提出されており、このような資料が提出された場合、ほぼ確実に警察は捜査を開始することになります。

日本の刑事事件の制度上では、犯罪を起訴するかしないかは検察官の専権となっています(起訴便宜主義、刑訴法248条)。
ですから、警察は所定の微罪や軽い罪を除いて、全件を検察官に送致する義務を負っています。

上記の例の中には、正当防衛(刑法36条)が成立する場合や、そもそも被害者において虚偽告訴罪(刑法172条)が成立する可能性もあるのですが、警察の捜査段階ではそこまで踏み込んで判断することはできませんので、あくまで刑事事件の被疑者として取調べを受けることになります。

このような場合、冤罪であると主張して自身の正義を貫き、徹底的に被疑事実を争うことも考えられますが、他方で早く事件を終わらせた方が利益が大きいと判断されれば、迅速に示談交渉を開始するという方法も考えられます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、年間2000件以上の刑事事件の相談を受けており、豊富な経験に基づいた効果的な助言をすることができると自負しております。

埼玉県加須市刑事事件でお悩みの方は、弊所の無料法律相談または初回接見サービスをご利用ください。
埼玉県警加須警察署への初回接見サービス費用:40,000円)

さいたま市の動物虐待・動物愛護法違反事件なら…刑事事件専門の弁護士

2017-08-29

さいたま市の動物虐待・動物愛護法違反事件なら…刑事事件専門の弁護士

埼玉県さいたま市の税理士の男性が、野良猫を虐待して死なせたという、動物愛護法違反の容疑で逮捕されました。
男性は、野良猫を虐待し、その様子を動画にしてインターネットへアップしていたようです。
(※平成29年8月29日NHKNEWSWEB他より)

・野良猫の虐待は犯罪!

動物愛護法とは、「動物の愛護及び管理に関する法律」という法律の通称です。
動物愛護法では、動物虐待やその遺棄を防止することなどが定められています。

今回、上記税理士の男性は、野良猫を虐待し、死なせたとして、動物愛護法違反の容疑で逮捕されています。
動物愛護法44条1項では、「愛護動物をみだりに殺し、又は傷つけた者は、2年以下の懲役又は200万円以下の罰金に処する」とされています。
動物愛護法での「愛護動物」とは、「牛、馬、豚、めん羊、山羊、犬、猫、いえうさぎ、鶏、いえばと及びあひる」などとされています(動物愛護法44条4項)。
野良猫は、このうちの「猫」にあたりますから、上記事件での男性の虐待行為は、動物愛護法違反となるのです。
過去には、同様に猫を虐待して死なせ、インターネットでその様子を流したという動物愛護法違反事件で、懲役6か月、執行猶予3年という判決が出た事例があります(福岡地判平14.10.21)。

動物虐待による動物愛護法違反事件のような、聞きなじみのない刑事事件は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、ご相談ください。
弊所の弁護士は、刑事事件専門の弁護士ですから、一般の方が聞きなれないような刑事事件についても、安心してご相談いただけます。
逮捕されてしまっている方がいる場合には、初回接見サービスのご利用で、被疑者・被告人の方のもとへ、弁護士が直接出向き、取調べへの助言などが可能です。
0120-631-881では、専門スタッフがいつでもご相談・初回接見のご予約を承っていますので、まずはお電話ください。
(弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所 さいたま支部:JR大宮駅から徒歩5分)

埼玉県深谷市のいじめ少年事件 暴力行為等処罰法違反で逮捕されたら弁護士にご相談を! 

2017-08-10

埼玉県深谷市のいじめ少年事件 暴力行為等処罰法違反で逮捕されたら弁護士にご相談を! 

埼玉県深谷市在住の中学生Aさん(17)は、友人複数とともに同級生のVさんに対して定期的に暴力をふるっています。
ある日、空き地でAさん達がVさんに対して集団で殴るなどしていたところ、近隣住人が通報し、埼玉県警深谷警察署の警察官によって、Aさん達は暴力行為等処罰法違反の容疑で現行犯逮捕されました。
取調べの結果、傷害罪や恐喝罪などの余罪も発覚し、警察からは今後勾留または観護措置が取られる可能性があると言われました。
Aさんのご両親は、Aさんの今後の事件の先行きに不安を覚え、少年事件に強い弁護士に依頼することにしました。
(※フィクションです)

暴力行為等処罰法とは】

暴力行為等処罰法は、団体または多衆による集団的な暴力犯罪を特に重く処罰する法律です。
主に規制される行為や法定刑を以下に列挙します。

・団体や多衆の威力を示したり、凶器を示したり、数人共同で、暴行罪、脅迫罪または器物損壊罪を犯した場合、3年以下の懲役または30万円以下の罰金
・銃砲や刀剣類を使って傷害を行った場合、1年以上15年以下の懲役
・常習として傷害、暴行、脅迫、器物損壊を行っている者が、傷害を行った場合、1年以上15年以下の懲役、それ以外を行った場合、3月以上5年以下の懲役
・財産上不正の利益を得る目的で、団体または多数の威力を示して面会を強請したり強談威迫をした場合→1年以下の懲役または10万円以下の罰金
・常習として理由なく面会を強請したり強談威迫をした場合→1年以下の懲役または10万円以下の罰金

実際の事件例としては、大学の学生による抗議活動として集団で看板を破壊した事例や、中学生による集団いじめ事件などで暴力行為等処罰法が適用され、それぞれ逮捕や書類送検に至っています。

そして、暴力行為等処罰法が問題となる事件では、少年グループによる集団暴力行為によって非行事実が推認される傾向があるため、厳しい処分を回避し、真に少年のために必要な更生を考えるためには、少年事件に長けた弁護士に相談し、付添人として活動してもらうことをお奨めします。

埼玉県深谷市暴力行為等処罰法違反でお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の無料法律相談または初回接見サービスをご利用ください。
埼玉県警深谷警察署への初回接見費用:41,600円)

埼玉県さいたま市大宮区の傷害致死事件で弁護士を依頼 幼児を揺さぶって逮捕

2017-08-02

埼玉県さいたま市大宮区の傷害致死事件で弁護士を依頼 幼児を揺さぶって逮捕

大阪府吹田市で、当時生後1か月だった次男に暴行を加えて死亡させたとして、警察は父親を傷害致死の容疑で逮捕しました。
長男の身体を揺さぶって暴行を加えて、頭にけがをさせ、死亡させたという容疑にかけられています。
容疑者は「全く身に覚えがない」とし、虐待した事実について否定しています。

そもそも幼児揺さぶりが傷害にあたるのでしょうか。

子供を無理に泣き止まそうと強く揺さぶって、脳などに障害を及ぼす「乳幼児揺さぶられ症候群」が最近あいついでいます。
親などに強く揺さぶられ、脳に重い障害が残ったり、死に至るケースも少なくなく、虐待の一つとされています。
脳に障害が残れば傷害罪が成立し、結果、死に至れば傷害致死罪が成立します。

今回の事件も、頭を強く揺さぶられることで脳を損傷する「乳幼児揺さぶられ症候群」の可能性が高いとみられます。

容疑者は、揺さぶりについては「身に覚えがなく」、「赤ちゃんが泣こうがどうしようが気にしないので」と述べています。

そもそも傷害致死罪とは、相手を暴行する意思を有していれば成立する犯罪で、、相手に傷害を負わせようという意思までは必要ありません。暴行の結果、傷害を負わせ、死に至らしめることで傷害致死罪が成立するので、相手を殺してやろうとか、相手が死ぬことの認識も必要ありません。

今回の容疑者は、そもそも揺さぶりについて否認しているので、暴行の故意もないことになります。
ただ、逮捕容疑は傷害致死罪なので、今回の事件が公判請求させた場合は、そもそも容疑者は暴行もしていないということになりますので、無罪を争うことになるのでしょうね。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、上記のような例を含む傷害致死事件の経験も豊富です。
埼玉県さいたま市大宮区傷害致死事件で逮捕されてお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
埼玉県大宮警察署 初回接見費用:3万5000円)

埼玉県三郷市の刑事事件に強い弁護士 暴行罪で逮捕が心配ならご相談を! 

2017-07-30

埼玉県三郷市の刑事事件に強い弁護士 暴行罪で逮捕が心配ならご相談を! 

埼玉県三郷市在住のAさんは、隣人のVさんと仲が悪く、たびたび言い争いを起こしていました。
ある日、ゴミ出しのルールについてAさんとVさんは口論となり、AさんはVさんの胸元を突いたり、胸元を掴んだりしました。
この行為について、Vさんは埼玉県警吉川警察署に被害届を出したため、後日、AさんはVさんへの暴行罪の疑いで吉川警察署から出頭を求められました。
Aさんは、今後自分が逮捕されるのか不安になり、また警察での取調べについて助言を得るべく、刑事事件に強い弁護士に相談することにしました。
(※フィクションです)

暴行罪とは】

刑法208条によれば、暴行を加えた者が人を傷害するに至らなかったとき暴行罪が成立します。
法定刑は、2年以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料です。

暴行罪における暴行とは、人の身体に向けた有形力の行使を言いますが、有形力の行使が被害者の身体に現実に接触する必要はないと考えられています。
判例は、打楽器で大音量を出して被害者を朦朧とさせた事件で暴行罪の成立を認めたり、被害者を驚かすために数歩手前を狙って投石した事件で暴行罪の成立を認めています。

暴行罪逮捕事案】

暴行罪が成立するからといって、すべての事件で逮捕されるわけではありません。
執拗に暴力行為を続けたり、凶器を用いた暴行など、暴行の内容が悪質であったり、公衆の場で暴力が行われ、目撃者や関係者から通報されたケースでは、逮捕に至ることが多いようです。

他方、逮捕されなかった場合でも、被害者が被害届を出している場合には、在宅のまま捜査や取調べが行われることになります。
逮捕されない場合でも、取調べにおいてどのような調書が取られたかということが、後の刑事手続きで非常に重要となります。
捜査機関の圧力によって意に沿わない調書が作られてしまうと、後日それを撤回する際に、証言能力が疑われるなどの不利益が生じることもあり得ます。
そのため、警察の介入が判明した段階で、できるだけ事件の早期から刑事事件に詳しい弁護士に相談することをお勧めします。

埼玉県三郷市暴行罪でお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の無料法律相談または初回接見サービスをご利用ください。
埼玉県警吉川警察署への初回接見費用:41,000円)

刑事事件専門の弁護士!さいたま市浦和区の器物損壊事件で示談なら

2017-07-20

刑事事件専門の弁護士!さいたま市浦和区の器物損壊事件で示談なら

さいたま市浦和区在住のAさんは、隣人Vさんについて以前から気にくわないと感じており、嫌がらせのつもりで、Vさんの大切にしていた車の窓ガラスを割りました。
Vさんは埼玉県浦和警察署に被害届を出し、Aさんは器物損壊罪の疑いで取調べを受けることになりました。
Aさんは、さすがに器物損壊事件を起こすのはやりすぎたと後悔しており、Vさんに謝って示談できないかと考えています。
(※この事例はフィクションです。)

・器物損壊事件には示談?

器物損壊罪は、刑法261条に規定されており、「他人の物を損壊し、又は傷害した者は、3年以下の懲役又は30万円以下の罰金若しくは科料に処する。」とされています。
器物損壊罪は、「他人の物」を損壊した場合に成立しますから、自分の物を壊しても器物損壊罪にはなりません。
上記事例のAさんは、Vさんのものである車の窓ガラスを割っているのですから、器物損壊罪にあたるでしょう。

この器物損壊罪は、親告罪、つまり、被害者等の告訴がなければ起訴できない犯罪です。
そのため、器物損壊事件を起こしてしまったのであれば、起訴前、早期に被害者の方と示談を行い、告訴を取り下げていただくか、告訴を出さないことを約束していただくことができれば、刑罰を受けることや前科がつくことの心配をせずに済むことになります。
しかし、当事者同士での示談交渉はもつれる可能性が高いですし、被害感情が大きく、そもそも示談の場についてもらえない、ということもままあります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門の弁護士が、初回無料相談を行っています。
弊所の弁護士は、刑事事件専門の弁護士ですから、器物損壊事件示談についても、もちろん専門の範囲です。
まずは弁護士の話を聞いてみるだけでも、不安の解消に繋がります。
相談予約は0120-631-881でいつでも受け付けていますので、まずはお電話ください。
埼玉県浦和警察署までの初回接見費用:3万5,900円)

埼玉県行田市の刑事事件に強い弁護士 強要の逮捕のお悩みはご相談を!

2017-07-18

埼玉県行田市の刑事事件に強い弁護士 強要の逮捕のお悩みはご相談を!

埼玉県行田市の会社経営者Aさんは、従業員が仕事で失敗をすると、暴力的な言動でその従業員を非難し、長時間立ちっぱなしで仕事をさせたり、本来の業務ではない雑務を長期間行わせるなどしていました。
これについて、従業員VがAさんに謝罪と賠償を求め、これに応じなければ、埼玉県行田警察署に対して強要罪での告訴も辞さないと伝えました。
強要罪の容疑で逮捕されるかもしれないと不安を覚えたAさんは、刑事事件に強い弁護士に相談することにしました。
(※この事例はフィクションです。)

強要罪とは】

刑法223条は、脅迫や暴行を用いて人に義務のないことを行わせ、または権利行使を妨害した者に、3年以下の懲役を定めています。

判例によれば、強要罪における「強要」は、自分に何ら権利や権限がなく、つまり相手にその義務がないのに、暴行・脅迫を用いて無理に作為、不作為および受任を強いることと言います。
上記の例の場合、雇用者は従業員に対して、雇用契約の趣旨から逸脱しない範囲で、指導や訓戒、懲戒をする権利がありますが、この例ではこの権利を逸脱して、脅迫により無理に雑務を行わせたとして強要罪が成立する可能性があります。

強要罪が成立し逮捕された例として、以下の事例があります。

・服飾量販店において、客が店員に土下座を強要した。
・ネットゲームの仲間を脅して引っ越しを強要した。
・謝罪文の文面を読み上げるよう強要した。
・新聞記者が料理店経営者に告訴をしないことを強要した。

なお、強要罪は非親告罪ですので、被害者の告訴の有無に関わらず、検察官は起訴するかどうか判断することができます。

また、強要罪は、暴行罪、恐喝罪、強制わいせつ罪など、他の罪と密接に関係するため、刑事事件に精通した弁護士にご相談することをお奨めします。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、強要事件の相談も多数受け付けており、実績を挙げています。
埼玉県行田市強要事件でお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の無料相談または初回接見サービスをご利用ください。
埼玉県行田警察署までの初回接見費用:41,860円)

埼玉県ふじみ野市の刑事事件 死体遺棄罪の逮捕で執行猶予を目指す弁護士

2017-07-15

埼玉県ふじみ野市の刑事事件 死体遺棄罪の逮捕で執行猶予を目指す弁護士

埼玉県ふじみ野市在住のフリーターのAさんは、ある日先輩に呼び出されると、死体遺棄を命じられました。
当初はAさんは死体遺棄を拒否しましたが、先輩からの暴力と脅しに屈し、やむなく車で死体を運び出し、県内の山中に埋めました。
後日、AさんとAさんの先輩は、埼玉県警東入間警察署の警察官により、死体遺棄罪の容疑で逮捕されました。
警察から連絡を受けたAさんのお母さんは大変ショックを受け、刑事事件に詳しい弁護士に接見を依頼することにしました。
(※この事例はフィクションです。)

死体遺棄罪と余罪に対する弁護活動】

刑法190条は、死体等を損壊・遺棄・領得した者に対し、3年以下の懲役を定めています。

遺棄とは、社会通念上、埋葬とは認められない手段で死体を放棄することを言います。
判例では、殺人の証拠を隠すために、土中に埋めたり水中に沈めたりすることは勿論、戸棚に隠して外から戸を釘打ちすること、屋内床下に死体を隠匿することも遺棄と判断しています。

警察が死体遺棄罪で被疑者を逮捕した場合、その死亡原因についても同時に捜査を進めることが実務上多く、後に殺人罪や傷害致死罪などの刑事事件に発展することがあります。
ですので、死体遺棄罪においては、事件の早い段階から弁護士を付け、刑事事件の見通しを立てておくことが非常に重要です。

また、たとえ死体遺棄罪について認めている場合でも、殺人など自分が関与していない事実について認める必要はありません。
しかし、警察などの捜査機関においては、被疑者の自白証拠を重要視しているため、行き過ぎた捜査の可能性があり得ます。
このような場合、できるだけ早期に弁護士を選任し、取調べの相談をすることで、不当に不利な扱いを受けることを回避することが期待できます。

上記事例のように、殺人実行者の強制的な命令に従って死体遺棄を行った者の刑事事件において、執行猶予を獲得し、懲役の実刑判決を免れた事例がございます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の弁護士事務所として、様々な刑事事件のノウハウを蓄積してきました。
埼玉県ふじみ野市の死体遺棄罪でお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の無料相談または初回接見サービスをご利用ください。
埼玉県警東入間警察署までの初回接見費用:38,900円)

« Older Entries