Archive for the ‘性犯罪’ Category

13歳未満少女とのわいせつ行為で逮捕 埼玉県加須市の性犯罪の刑事事件に強い弁護士

2018-12-09

13歳未満少女とのわいせつ行為で逮捕 埼玉県加須市の性犯罪の刑事事件に強い弁護士

埼玉県の地方公務員Aさんは、援助交際を目的にSNSを通じて未成年者Vと連絡を取り合い、車でVを連れ出しドライブや食事を楽しんだ後、埼玉県加須市内のホテルにおいて、Vが13歳未満であることを知りながら、Vとわいせつ行為を行いました。
後日、Vの家族から埼玉県警加須警察署に相談があり、Aさんとのわいせつ行為の事実が発覚し、加須警察署強制わいせつ罪の疑いでAさんを逮捕しました。
(平成30年12月6日時事通信社の記事を元に、場所や態様を変更したフィクションです。)

【未成年者・青少年とのわいせつ行為の年齢認識~故意否認は極めて困難】

上記刑事事件例は、今年12月6日、群馬県伊勢崎市内のホテルで、相手が13歳未満と知りながら12歳の中学生少女と性行為をしたとして、群馬県警少年課が、茨城県水戸市在住の公務員男性を強制性交等罪の疑いで逮捕した事案をモデルにしており、被疑者「間違いありません」と容疑を認めているようです。

警察の調べでは、被疑者はSNSを通じて今年5月ごろに少女と知り合い、群馬県へのドライブに連れ出したとのことで、7月に少女と家族の相談から刑事事件化に至りました。
犯行の動機について、被疑者は「性的欲求を満たすため」と話し、少女の年齢について「12歳と聞いていたように思う」と供述しているようです。

刑法の強制性交等罪および強制わいせつ罪においては、13歳以上の者に対しては暴行または脅迫を用いること、13歳未満の者に対しては暴行または脅迫の要件がなくても、性行為わいせつ行為を行うことで、それぞれ強制性交等罪強制わいせつ罪が成立します。

刑法以外の性犯罪、例えば青少年健全育成条例などにおいても、被害者の年齢が刑罰・罰則の適用要件として規定されていることがあり、このような性犯罪事案では、しばしば「未成年だとは思わなかった」「18歳以上と聞いていた」と事実を争う(故意を否認する)主張も行われます。

しかし、刑事弁護の観点から言うと、少女の「成人である」との申告を信じたというだけで、ただちに故意が否認される可能性は非常に少なく、あらゆる客観的状況から総合的に判断して、少女が成人または18歳以上であると誤信するに足る相当な理由があるか否かが判断されるため、このような刑事事件では性犯罪刑事事件を数多くこなす弁護士に相談するのが良いでしょう。

埼玉県加須市で、13歳未満または18歳未満のわいせつ行為等で刑事事件化または逮捕されてお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の初回無料の法律相談または初回接見サービスをご利用ください。
埼玉県警加須警察署への初回接見費用:40,000円)

盗撮と動画配布による児童ポルノ犯罪で逮捕 埼玉県狭山市の刑事事件弁護士

2018-11-28

盗撮と動画配布による児童ポルノ犯罪で逮捕 埼玉県狭山市の刑事事件弁護士

埼玉県狭山市在住のフリーターAさんは、市内の民家敷地内に侵入し、入浴中の女性を携帯電話のカメラ機能で写真や動画を盗撮し、その画像や動画をインターネット上で配布または販売していたとして、埼玉県警狭山警察署によって、住居侵入罪および児童買春・児童ポルノ禁止法違反児童ポルノの製造・提供)の疑いで逮捕されました。
警察の調べに対し、Aさんは被疑事実を認めています。
(平成30年11月28日朝日新聞デジタルの記事を元に、場所等を変更したフィクションです。)

上記刑事事件例は、今年11月27日、民家敷地に侵入して入浴中の少女を盗撮するなど行い、また別の少女の裸などが映った動画をインターネットを通じて電子マネーで販売したとして、島根県警江津警察署が、住居侵入罪および児童買春・児童ポルノ禁止法違反児童ポルノの製造・提供)の疑いで愛知県の男性を逮捕した事案をモデルにしています。

上記被疑者が、インターネット上で盗撮動画を販売しているのが発覚し、島根県警が販売者の特定を開始し、刑事事件化に至った模様です。

児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律児童買春・児童ポルノ禁止法)によれば、現物であるとインターネット上での電磁的記録であるとを問わず、児童ポルノを提供することを禁じ、これに対して3年以下の懲役または300万円以下の罰金を科しています。

加えて、現物であるとインターネット上での電磁的記録であるとを問わず、不特定もしくは多数の者に児童ポルノを提供した場合、または公然と陳列した場合は、5年以下の懲役若しくは500万円以下の罰金が科されます。

児童ポルノ配布・販売に関する過去の刑事事件例では、児童ポルノをインターネット上に公開して不特定多数が閲覧できる状態にした事案で、懲役1年6月、執行猶予3年が言い渡され、児童ポルノをおさめた記録媒体をネットオークションに出品して販売した事案では、懲役2年と罰金30万円、執行猶予4年が言い渡されており、起訴されて公開の刑事裁判となる可能性は高いものの、適切な刑事弁護により執行猶予を得ることは十分期待できると言えるでしょう。

埼玉県狭山市で、盗撮動画配布による児童ポルノ犯罪刑事事件化または逮捕されお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の初回無料の法律相談または初回接見サービスをご利用ください。
埼玉県警狭山警察署への初回接見費用:41,200円)

子どもに対する性犯罪 埼玉県和光市の刑事事件弁護士

2018-11-21

子どもに対するわいせつ行為で重大性犯罪 埼玉県和光市の刑事事件弁護士

埼玉県和光市の無職Aさんは、夕方頃、市内の公園で遊んでいる少女A(9歳)に声を掛け、人目につかない公衆トイレ裏でAに胸や股間を触る等のわいせつ行為を行ったところ、Aが泣き始めて大声をあげそうになったため、Aの首を絞めて意識を朦朧とさせた上で、Aに対して自分の陰部を押し付けるわいせつ行為を行いました。
後日、埼玉県警朝霞警察署は、Aさんを強制わいせつ致傷罪の疑いで逮捕し、10日間の勾留のうえ、勾留延長も決定しました。
(フィクションです。)

【性犯罪における罪の加重】

性犯罪の中でも、被疑者と被害者が初対面で、被疑者が故意をもってわいせつ行為を働きかける場合、被害者は恐怖で竦んでしまうこともありますが、暴れたり大声をあげて抵抗することも多くあります。

この場合、被疑者は自分の性犯罪の発覚を恐れたり、または自己の性犯罪を遂行させるため、被害者に対して追加の暴行を加えて抵抗の意思をなくそうと試みることがしばしばあります。

しかし、性犯罪の行為における暴行により被害者を負傷させてしまった場合、極めて重い罪の加重が予想されます。

強制わいせつ罪は、13歳以上の者に対して、暴行または脅迫を用いてわいせつ行為を行った場合、または13歳未満の者に対して、わいせつ行為を行った場合、6月以上10年以下懲役が科されます。

強制わいせつ罪における暴行またはわいせつ行為によって被害者に負傷させた場合、罪が加重され、無期または3年以上の懲役が科されます。

この場合、3年以内の懲役刑であれば適用の可能性がある執行猶予の可能性がほとんどなくなり、実刑判決が下される可能性が極めて高く、事件の当初から一貫して捜査対応を行っていないと、後々不利になる場面も出てくる可能性があります。

子どもに対する性犯罪、特に子どもを負傷させてしまった事案では、刑事事件化または逮捕直後に刑事事件に強い弁護士に相談または接見を依頼し、適切な捜査対応の助言をもらうことが有効です。

埼玉県和光市で、子どもに対する強制わいせつ致傷罪等の性犯罪刑事事件化または逮捕されてお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の初回無料の法律相談または初回接見サービスをご利用ください。
埼玉県警朝霞警察署への初回接見費用:39,600円)

裏アカを悪用した児童ポルノ製造で逮捕 埼玉県新座市の刑事事件弁護士

2018-11-16

裏アカを悪用した児童ポルノ製造で逮捕 埼玉県新座市の刑事事件弁護士

埼玉県新座市の公務員Aさんは、女児に人気のゲームアプリを通じて、女児になりすまして小学生の女児に接触し、女児が13歳未満であることを知りながら、裸の写真を撮影させて自分のスマホに送信させたとして、埼玉県警新座警察署によって児童買春・児童ポルノ禁止法違反児童ポルノ製造)の疑いで逮捕されました
警察の調べに対し、Aさんは事実を認めており、「うまく児童ポルノ画像を送らせた時は喜びを感じた」と供述しています。
(平成30年11月15日朝日新聞の記事を元に、場所や態様の一部を変更したフィクションです。)

【SNSの裏アカの実体と犯罪利用】

昨今ではSNSの利用において複数のアカウントを持つこと(いわゆる「裏アカ」)も周知の事実であり、時に裏アカを利用して不適切な発言をしていた芸能人のスキャンダルが露見することもあります。

刑事事件の関わりでは、特に男性利用者が、裏アカを利用して未成年女子との援助交際を目的に接近する児童買春事案等の問題が生じています。

さらに昨今、頭書刑事事件例のように、アプリ上でターゲットの女児と同年代になりすまし、小学生の女児に接触して裸の写真を送らせたとして、茨城県の市立小学校講師男性が強制わいせつ罪および児童買春・児童ポルノ禁止法違反児童ポルノ製造)の疑いで逮捕されました。

被疑者は事実を認め、「うまくだまして裸の写真を手に入れることに優越感を抱いていた」と供述しています。

児童買春・児童ポルノ禁止法では、単純に児童ポルノに該当する写真や動画等を撮影すること(児童ポルノ製造)も処罰されます(同法第7条第4項)。

児童ポルノ製造に対しては、3年以下の懲役または300万円以下の罰金が科されますが、児童ポルノ製造に関する過去の判例を見ると、検察官に起訴された上で、懲役1年6月執行猶予3年の判決を下された事案も見受けられます。

児童ポルノ製造による児童買春・児童ポルノ禁止法違反刑事事件では、刑事事件に強い弁護士の適切な弁護活動により実刑を回避し、執行猶予つき判決を獲得できる可能性が大分見込まれますので、刑事事件化した場合には早期に刑事事件弁護士に相談いただくことをお勧めします。

埼玉県新座市で、裏アカを悪用した児童ポルノ製造等により刑事事件化または逮捕されてお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の初回無料の法律相談または初回接見サービスをご利用ください。
埼玉県警新座警察署への初回接見費用:38,700円)

様々な態様で成立する性犯罪 埼玉県さいたま市の刑事事件弁護士に相談を

2018-11-01

様々な態様で成立する性犯罪 埼玉県さいたま市の刑事事件弁護士に相談を

<事例1>
会社員のAさんは、会社帰りで酒に酔った状態で、埼玉県さいたま市大宮駅周辺でハロウィンの仮装をして待ち合わせをしていた女性Vさんに突然抱きつき、下着に手を入れ下半身を触ったとして、駆けつけた埼玉県警大宮警察署の警察官によって強制わいせつ罪の疑いで現行犯逮捕されました。

<事例2>
フリーターのAさんと友人2名は、ハロウィンの仮装をした若者で込み合う大宮駅周辺で、混雑に乗じて複数の女性の胸を尻を触ったとして、埼玉県警大宮警察署の警察官によって埼玉県迷惑行為防止条例違反痴漢)の疑いで現行犯逮捕されました。

<事例3>
ハロウィンの仮装をした若い女性Vさんから、埼玉県大宮駅前の交番に「胸を触られた」との通報があり、埼玉県警大宮警察署の警察官が胸を触ったと思われる男性Aさんに任意に事情を聞くと、「Vさんらの集団に押されて態勢を崩したので、腕を出してVさんを押し返した」と言いました。
Aさんは警察官に住所等の個人情報を聞かれた上で、暴行罪の疑いで今後大宮警察署に呼び出すと言われ、家に帰されました。
(以上すべてフィクションです。)

先日のハロウィンでは、東京・渋谷に仮装した若者が大勢集まり、様々な性犯罪刑事事件が起こりました。

強制わいせつ罪(刑法176条)は、13歳以上の者に対し、暴行または脅迫を用いてわいせつな行為をした場合に成立します(6月以上10年以下の懲役)。

強制わいせつ罪は、暴行・脅迫を用いた性犯罪として重く処罰されますが、この「暴行」とは、正当な理由なく他人の意思に反して有形力を行使することを言い、無許可で胸・尻・陰部を触ったり、キスすることでも強制わいせつは成立することがあります。

埼玉県迷惑行為防止条例違反痴漢)は、公共の場所において他人の身体に触れて、人を著しく羞恥させたり、不安を覚えさせた場合に成立します(6月以下の懲役または50万円以下の罰金)。

こちらは強制わいせつ罪と異なり、暴行・脅迫が要件となっていません。

上記2つの性犯罪とは異なり、人の胸や尻等を触った場合でも、わいせつな目的が認定しがたい場合は暴行罪(刑法208条)が成立することがあります。

ただし、被害者が胸や尻を触られたと主張している場合には、本当にわいせつ目的がなかったのか、捜査機関による厳しい追及を受けることが強く予想されます。

埼玉県さいたま市で、様々な態様の性犯罪でお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の初回無料の法律相談、または初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警大宮警察署への初回接見費用:34,900円)

イベントでハメ外しの暴力犯罪で逮捕 埼玉県さいたま市の刑事事件弁護士に接見依頼を

2018-10-29

イベントで暴力犯罪を起こし現行犯逮捕 埼玉県さいたま市の刑事事件弁護士に接見依頼を

埼玉県さいたま市在住の大学生Aさんは、友人とともに、渋谷のハロウィンイベントに参加するために仮装して大宮駅で待ち合わせをしたところ、Aさんらを揶揄する集団と口論のすえ乱闘になり、Aさんはその内一人を殴って負傷させたとして、埼玉県警大宮警察署によって傷害罪の疑いで現行犯逮捕されました。
Aさん逮捕の連絡を受けたAさんの母親は、突然の知らせに驚愕し、息子がどのような状態か、今後どのような処分となるのかを知るべく、刑事事件に強い弁護士接見を依頼することにしました。
(フィクションです。)

【大型の屋外イベントで逮捕者発生】

10月31日のハロウィンを前に、27日深夜から28日未明にかけて、東京・渋谷に仮装した人たちが集まりました。

しかし、イベントでハメを外しすぎたのか、軽トラックが横転させられたり(器物損壊罪)、暴行(暴行罪)や盗撮・痴漢(東京都迷惑行為防止条例違反)などの疑いで逮捕者計5人も出る騒ぎとなりました。

ハロウィンを巡って、近年では、ゴミの放置や参加者同士のトラブルが続いており、特に若者が仮装してイベントを行う渋谷区では、瓶に入った酒類の販売自粛を近隣店舗に呼びかけるなど対策を強化していました。

また、昨年のハロウィンでは、「ハロウィンで目立ちたくて仮装して暴走した」という理由で、埼玉県越谷市内において、16~17歳の少年計7人が越谷市内でバイクで暴走行為をしたとして、道路交通法違反共同危険行為)の疑いで逮捕されました。

ハロウィンイベントも日本に定着してきた感があり、そこで発生するトラブルや刑事事件に対応すべく、警察も警戒を強めており、現行犯逮捕された場合には、刑事事件専門の弁護士接見を依頼し、事件の見通しを知ることが極めて重要です。

埼玉県さいたま市で、屋外イベントにおける暴力犯罪等で刑事事件化または逮捕されてお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の初回無料の法律相談、または初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警大宮警察署への初回接見費用:34,900円)

覗き目的の建造物侵入罪で逮捕 埼玉県三郷市の刑事事件弁護士に依頼を

2018-10-26

覗き目的の建造物侵入罪で逮捕 埼玉県三郷市の刑事事件弁護士に依頼を

埼玉県在住のAさんは、埼玉県三郷市にある温泉施設において、覗き目的で女湯に忍び込んだとして従業員にその場で取り押さえられ、建造物侵入罪の疑いで現行犯逮捕されました。
Aさんは埼玉県警吉川警察署に留置され取調べを受けていますが、「男湯と女湯を間違えて入ってしまい、無人だったため気付かなかった」と被疑事実を否認しています。
(平成30年10月26日読売新聞の記事を元に、場所や態様を変更したフィクションです。)

【様々な覗き行為と刑事責任】

刑事責任を追及される「覗き」行為は、その態様によって様々な刑事責任が発生する可能性があります。

公共の場、例えば駅の階段やエスカレーター等で、人の隠している部分をいた場合、各都道府県によって異なりますが、迷惑行為防止条例に違反することがあります。

公共の場所以外、例えば、他人の住居・浴室・脱衣所・トイレ等において、人の隠している部分をいた場合、軽犯罪法に違反する可能性があります。

そして、他人の住居や建造物く場合、その前提として他人の住居・建造物侵入しているため、住居侵入罪建造物侵入罪が成立する可能性があります。

軽犯罪法違反単独の場合、拘留または科料という軽い処罰となりますが、同時に住居侵入罪建造物侵入罪が成立する場合には、3年以下の懲役または10万円以下の罰金で処罰されることになります。

実際の刑事事件例では、覗き犯罪で刑事事件化するのは、ほとんどが現行犯逮捕のケースです。

覗き行為がその場で発覚しなければ、後日逮捕される可能性は低く、在宅のまま捜査が続くケースが多いですが、後日逮捕される可能性はゼロとは言えません。

上記被疑者の主張が真実であれば、誤って(故意なく)覗き行為をした場合には、建造物侵入罪の故意がなく、無実(冤罪)と判断される可能性もありますが、その過程における捜査機関の追求に対して適切に対応するためにも、刑事事件を得意とする弁護士に助言をもらうことが大切です。

埼玉県三郷市で、覗き目的の建造物侵入罪刑事事件化または逮捕されてお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の初回無料の法律相談、または初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警吉川警察署への初回接見費用:41,000円)

電車内で性犯罪をして線路を逃走 埼玉県深谷市の刑事事件弁護士に相談を

2018-10-22

電車内で性犯罪をして線路を逃走 埼玉県深谷市の刑事事件弁護士に相談を

埼玉県在住の大学生Aさんは、大学への通学途中のJR高崎線を走行中の電車内にて、近くに立っていた女性会社員Vさんの尻やふとももを触る等のわいせつ行為を行いました。
近くにいた別の女性がAさんの痴漢行為を指摘し、次の岡部駅で降りて駅職員を呼ぼうとしたところ、Aさんは隙を見て線路上を逃走しました。
その後、埼玉県警深谷警察署は、監視カメラと目撃者の情報からAさんの身元を解明し、Aさんは埼玉県迷惑行為防止条例違反痴漢)および威力業務妨害罪の疑いで逮捕しました。
(フィクションです。)

【電車内での性犯罪後、線路へ逃走】

上記刑事事件に類似の事例として、今年10月9日、JR新宿駅の電車内で会社員の女性を盗撮したとして駅員から事情を聴かれていた男性が、埼京線のホームから線路上に立ち入り、複数の線路を横断して敷地外に逃走したとして、東京都迷惑防止条例違反盗撮)の疑いで逮捕されました。

また、今年10月22日、京王井の頭線の電車内で、女子大学生の尻を触ったため、この女子大生に明大前駅で降ろされたところ、ホームから線路に飛び降りて逃走したとして、大学生男性が威力業務妨害罪と東京都迷惑防止条例違反痴漢)の疑いで逮捕されました。

このように、電車内での痴漢盗撮等の性犯罪後、逮捕を免れるために線路上を逃走する背景には、一部では、電車内での性犯罪の発覚を免れる手引きやマニュアルを記載する闇サイト的存在があり、あえて線路上を逃走することで、電車の運行システムを混乱させたり、安全確認の手間を増やすことによって、犯人の特定を遅らせることができるからだ、という説もあるようです。

しかし、性犯罪後に線路上を逃走した場合、威力業務妨害罪鉄道営業法違反新幹線特例法違反の罪が成立する場合があり、併合罪として重く罰せられる可能性が高いでしょう。

それだけでなく、故意の線路立入により鉄道事業者に損害を与えた場合には、鉄道会社から高額の民事上の損害賠償請求を受けることもあり得るでしょう。

このような場合、性犯罪の被害者に対する示談以外に、鉄道会社に対する対応が必要な場合も考えられ、様々な刑事事件の示談に経験豊富な弁護士に依頼することが望ましいでしょう。

埼玉県深谷市で、電車内で性犯罪をして、その後線路逃走して刑事事件化または逮捕されてお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の初回無料の法律相談、または初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警深谷警察署への初回接見費用:41,660円)

児童を車に連れ込んでわいせつ行為で逮捕 埼玉県飯能市の性犯罪の刑事事件に強い弁護士

2018-10-21

児童を車に連れ込んでわいせつ行為で逮捕 埼玉県飯能市の性犯罪の刑事事件に強い弁護士

埼玉県飯能市の自営業Aさんは、下校途中の小学生女子児童Vに声を掛け、健康検査であると騙して自分の車にVを乗せ、検診であると偽ってVの身体を触りました。
Vが帰宅後、この出来事を母親に申告し、母親は110番通報しました。
埼玉県警飯能警察署は、被害現場付近の防犯カメラからAさん所有の自動車を割り出し、Aさんを強制わいせつ罪およびわいせつ目的誘拐罪の疑いで逮捕しました。
警察の調べに対し「身に覚えがありません」と逮捕事実を否認しています。
(平成30年10月17日産経デジタルの記事を元に、場所等の一部事実を変更したフィクションです。)

【わいせつ行為の手段で様々な罪に発展】

上記刑事事件例は、小学生の女子児童を自分の車に乗せ、体を触るなどし、連れ回したとして、神奈川県警は、強制わいせつ罪わいせつ目的誘拐罪の疑いで、同県相模原市の無職男性を逮捕した事案をモデルにしています。

上記刑事事件では、一緒に帰宅途中だった小学4年の女子児童2人に対し「私は医師で、小学校の給食に虫の卵が入っていたから検査させてほしい。」などと声をかけ、1人ずつ自己所有の軽自動車の車内に誘い込み、体を触るなどのわいせつな行為をしたうえ、横浜市内の路上で解放するまで約30分間、連れ回したとの疑いがあります。

被疑者は逮捕事実を否認していますが、横浜市内で同様に10代女性が声を掛けられる事案があったとして、警察は余罪を追及しています。

わいせつ目的で人を誘拐し、その結果わいせつ行為を行った場合、行動の自由を保護する目的と、性的自由を保護する目的から、それぞれ別個に犯罪が成立しますが、2つの罪が手段と結果になっているため、「牽連犯」となり(判例)、その最も重い刑により処罰されることになります(刑法第54条第1項)。

被害者が未成年の女子児童である場合、被害者ひとりでは法律行為に制限があるため、その両親等が示談相手になりますが、被疑者本人が示談を申し入れることは事実上不可能ですので、性犯罪刑事事件の示談に経験豊富な弁護士に依頼することが最も効果的と言えるでしょう。

埼玉県飯能市で、児童を車に連れ込んでわいせつ行為を行って刑事事件化または逮捕されてお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の初回無料の法律相談、または初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警飯能警察署への初回接見費用:42,800円)

過去最多の児童ポルノ所持・製造摘発 埼玉県草加市の刑事事件弁護士

2018-10-04

過去最多の児童ポルノ所持・製造摘発 埼玉県草加市の刑事事件弁護士

<事例1>
埼玉県草加市在住の会社員Aさんは、SNSを通じて女子高校生Vさん(16歳)と知り合い、金銭を支払って性行為を行ったほか、同じく金銭を支払ってVさんの裸の写真を撮影するなどしたとして、埼玉県警察草加警察署によって、児童買春・児童ポルノ規制法違反児童買春児童ポルノ製造)の疑いで逮捕されました。

<事例2>
埼玉県草加市在住のフリーターAさんは、SNSを通じて女子高校生Vさん(16歳)と知り合い、Vさんの裸の写真を送ってもらったところ、別件捜査中の埼玉県警草加警察署の任意の取調べによって、Aさんが未成年と思われるVさんの裸写真を所持していることが判明し、児童買春・児童ポルノ規制法違反児童ポルノ所持)の疑いで、さらに任意の取調べを受けることになりました。
(上記いずれの事例もフィクションです。)

【児童ポルノ摘発過去最多!】

警察庁の資料によれば、今年上半期に全国の警察が摘発した児童ポルノに関する刑事事件は1423件で過去最多とのことです。

増加の主な原因としては、2014年の児童買春・児童ポルノ規制法の改正により、児童ポルノ所持罪の罰則が新設され、この摘発が急増したのが要因と見られています。

児童買春・児童ポルノ規制法では、児童に対する性的搾取や性的虐待に該当する行為を規定し、それぞれに罰則を設けています。

児童買春に対しては、5年以下の懲役又は300万円以下の罰金、性的好奇心を満たす目的での児童ポルノ所持に対しては、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金、児童ポルノ製造等に対しては、3年以下の懲役又は300万円以下の罰金が科されます。

一般に、児童ポルノに関する犯罪は、児童買春の捜査の延長で余罪として立件される場合(上記事例1)と、何らかの事情で携帯電話等に保存してある児童ポルノ画像が捜査機関に発覚してしまう場合(上記事例2)の2パターンで刑事事件化することが多いです。

後者の場合でも、児童ポルノの入手経路について捜査機関から厳しい追及を受け、児童買春の疑いがかけられる可能性がありますので、刑事事件弁護士への早急な相談が望ましいでしょう。

埼玉県草加市で、児童ポルノ所持または製造刑事事件化または逮捕されてしまった方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の初回無料の法律相談または初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警草加警察署への初回接見費用:40,500円)

« Older Entries