あおり運転による刑事責任 埼玉県三郷市の交通犯罪に強い刑事事件弁護士

2018-12-10

あおり運転による刑事責任 埼玉県三郷市の交通犯罪に強い刑事事件弁護士

埼玉県の地方公務員Aさんは、埼玉県三郷市の国道において、自分を追い越した前の車に対して、過剰なクラクションや幅寄せ等のあおり運転を行ったとして、埼玉県警吉川警察署によって、暴行罪および道路交通法違反の疑いで逮捕されました。
警察の調べに対し、Aさんは逮捕事実の一部について否認をしています。
(平成30年12月10日読売新聞の記事を元に、場所や態様を変更したフィクションです。)

【今注目のあおり運転の交通犯罪の刑事責任】

上記刑事事件例は、兵庫県三木市の山陽道で、1.4キロにわたってあおり運転を繰り返したとして、兵庫県警は10日、陸上自衛隊所属の男性被疑者を暴行罪および道路交通法違反の容疑で逮捕した事案をモデルにしています。

警察の発表では、被疑者は、前を走る女性が運転する車の前に割り込んで進路を妨害し、道路上に停止させるなどした疑いがありますが、逮捕事実の一部を否認しているようです。

あおり運転に対しては、年々罰則の厳罰化が進んでおり、警察庁も通達を出しているように、あおり運転に対して、「あらゆる法令の適用」をもって厳重に処罰するとの姿勢を強めています。

現在、神奈川県の東名高速におけるあおり運転での死亡事故が大変注目を集めており、危険運転致死傷罪で起訴された被告人に対して、今年12月10日、検察官は懲役23年を求刑しました。

上記事案はあおり運転による死亡事故の中でも大変悪質な態様で、かつ2名の死者が出ていることから、検察官が重い処罰を求めたと考えられますが、一般的に危険運転致死傷罪の量刑について言えば、自動車保険による損害の補填や示談成立等により4、5年の執行猶予付き判決を獲得している事例もある反面、犯行態様が悪質なものについては10年を超える懲役刑が科された事件もあります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の法律事務所として多くの交通犯罪事件を取り扱っております。

埼玉県三郷市で、あおり運転による交通犯罪刑事事件化または逮捕されてお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の初回無料の法律相談または初回接見サービスをご利用ください。
埼玉県警吉川警察署への初回接見費用:41,000円)

ページの上部へ戻る