新幹線線路への立ち入りで逮捕 埼玉県さいたま市の刑事事件弁護士に依頼

2018-07-16

新幹線線路への立ち入りで逮捕 埼玉県さいたま市の刑事事件弁護士に依頼

埼玉県さいたま市の無職Aさんは、自殺目的で駅のホームから新幹線線路へ立ち入ったところ、目撃者からの連絡を受けた鉄道警備隊および埼玉県警大宮警察署によって、幹線特例法違反の疑いで現行犯逮捕されました。
Aさんの身柄確保およびその後の安全確認等により、新幹線のダイヤに10分ほどの遅れが生じました。
(フィクションです。)

【悪戯目的?自殺目的?線路への立ち入りと刑事責任】

今年7月12日、福岡県北九州市内で6月に発生した山陽新幹線の人身事故について、福岡県警は、新幹線特例法違反の疑いで被疑者死亡のまま検察官に書類送検しました。

男性は、自殺目的で新幹線高架橋脚にある梯子から新幹線保線用通路に侵入し、線路内に立ち入り新幹線にはねられて死亡したと見られており、人身事故の影響で運休や遅れが相次ぎ、4万1500人に影響が出たとのことです。

鉄道は、多くの市民に影響を与える重要なインフラであり、特に新幹線は高速度で移動する車両であることから、新幹線の運行を妨げる行為については、新幹線特例法によって処罰されます。

新幹線特例法では、列車の運行の妨害となるような方法で、みだりに物を新幹線鉄道の線路上に置いたり、または、新幹線鉄道の線路内にみだりに立ち入った場合、1年以下の懲役または5万円以下の罰金が科されます。

実際の事件のように、捜査段階で被疑者が死亡した刑事事件では、警察は被疑者死亡のまま検察官に事件を送致(書類送検)し、検察官は不起訴処分にします(事件事務規程第75条第2項)ので、民事上の損害賠償責任は別にして、刑事上の責任は被疑者死亡をもって消滅します。

しかし、上記事件例のように線路に立ち入った段階で鉄道職員等に身柄を拘束されたり、自殺を思いとどまった場合等、逮捕され刑事事件手続が進行することも考えられます。

また、悪質な悪戯により新幹線線路内へ立ち入った場合には、検察官によって起訴され、実刑判決を受ける可能性も考慮する必要があるでしょう。

埼玉県さいたま市で、新幹線線路への立ち入り刑事事件化または逮捕されてお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の法律相談または初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警大宮警察署への初回接見費用:34,900円)

ページの上部へ戻る