埼玉県久喜市で性犯罪の否認に悩んだら~刑事事件に強い弁護士に相談

2017-09-14

埼玉県久喜市で性犯罪の否認に悩んだら~刑事事件に強い弁護士に相談

埼玉県久喜市在住の会社員Aさんは、キャバクラで酔っ払い、店員女性Vさんが嫌がるにも関わらず、胸や尻を触る等のわいせつな行為をしたとして、埼玉県警久喜警察署に被害届を出されてしまいました。
Aさんは行為当時のことはよく覚えておらず、酔った勢いでVさんに抱きついたことは覚えていますが、胸や尻を触ったりはしていないと考えています。
事実を認め示談が成立すれば不起訴になる可能性が高いと聞いたAさんですが、わいせつな行為はしていないと否認して争いたい気持ちもあり、弁護士に相談することにしました。
(フィクションです。)

【被疑事実を認めるか否認するか】

当事者の認識は内面の問題ですから、刑事事件において被疑者と被害者の言い分が食い違うことは多々あります。
その際、犯罪の嫌疑をかけられている被疑者の方が、自分の認識通り被疑事実を否認すべきなのか、刑事手続き上のメリットを狙って被疑事実を認めた方が良いのかということは、非常に悩まれる問題でしょう。

一般には、被疑事実を認めた方が、刑事上の責任を軽くする可能性が高くなると言われています。
例えば、被疑事実を認めて早期に示談を締結することで、不起訴処分や略式罰金処分、執行猶予を獲得し、刑務所へ行くことなく終了させられる可能性が高まります。

では、やっていないことも全て認めていくべきかというと、そうともいえないでしょう。
否認したいのに無理矢理認めさせられることはあってはいけませんし、冤罪も認められるべきではありません。
しかし、否認を貫くことは非常に大変なことです。
捜査機関による取調べや身体拘束が続くことになるでしょうし、もしかすると、否認することで周りから白い目で見られることもあるかもしれません。

だからこそ、性犯罪事件否認に悩んだら、刑事事件に強い弁護士に相談してください。
刑事事件に強い弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、被疑者の方の意向を受け止め、弁護活動に尽力します。
弊所の弁護士は、刑事事件を専門に扱う弁護士ですから、被疑事実について認めた際のメリット・デメリットから否認した場合のメリット・デメリットまで、丁寧にお答えします。
埼玉県久喜市性犯罪でお悩みの方は、弊所の無料法律相談または初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警久喜警察署への初回接見サービス費用:38,600円)

ページの上部へ戻る