埼玉県春日部市の刑事事件に強い弁護士 動画配信の逮捕事案も相談受付中

2017-10-05

埼玉県春日部市の刑事事件に強い弁護士 動画配信の逮捕事案も相談受付中

埼玉県春日部市在住の自由業Aさんは、動画配信サイトへ動画を投稿し、その広告収入によって生活しています。
ある日、Aさんは友人2人と協力し、ひったくりに財布を盗まれた演技をし、通りがかりの警察官に応援を要請して一緒に追いかけるという企画を立て、実行に移しました。
企画は成功したものの、警察官に事情を話すと厳しく訓戒され、その後、埼玉県警春日部警察署で任意の取調べを受けました。
後日、その動画がアップされ、ネット上で批判を集まることで社会の注目が高まり、Aさんらは在宅のまま偽計業務妨害罪の疑いで起訴されました。
(※フィクションです)

動画配信刑事事件

閲覧数を稼ぐために過激な、時に反社会的な動画を投稿するユーチューバー等が世界的に話題となっています。

日本では、8月26日、違法な薬物と見せかけたグラニュー糖を警察官の前で故意に落とし、警察官から逃走する動画が話題となりました。
この男性は、いたずらドッキリという題で動画を投稿していますが、この行為によって、交番勤務の警察官28人が追跡する事態となり、社会の注目を集めた結果、刑事事件(偽計業務妨害罪)にまで発展しました。

これに対して、9月28日、福井区検は罰金40万円の略式命令を出しました。

略式命令とは、簡易裁判所の管轄事件で、100万円以下の罰金または科料の事件であり、かつ略式手続きについて被疑者の異議がない場合にのみ、公判を行わず簡易かつ迅速に事件を処理する命令を言います。(刑訴法461条以下)

なお、この事件では動画撮影をしていた妻も偽計業務妨害罪の疑いで逮捕・起訴されていたところ、不起訴処分となっています。

いたずらやドッキリ関係の動画では、撮影対象の同意を得ないで特定の行為を行い、その戸惑った様子を撮影することが予想されます。
企画動画の製作者には、信用毀損罪または偽計業務妨害罪(刑法233条)、威力業務妨害罪(刑法234条)、公務執行妨害罪(刑法95条)などに該当することがないよう配慮する倫理観が求められていると言えるでしょう。

埼玉県春日部市動画配信に関する刑事事件でお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の初回無料相談や初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警春日部警察署への初回接見サービス費用:38,200円)

ページの上部へ戻る