埼玉県さいたま市の少年事件に強い弁護士 詐欺罪の逮捕に迅速対応

2017-07-14

埼玉県さいたま市の少年事件に強い弁護士 詐欺罪の逮捕に迅速対応

埼玉県さいたま市に住む大学生Aさんは、割のいいアルバイトがあると大学の先輩に誘われ、オレオレ詐欺の金銭受け渡しをしました。
後日、詐欺グループは逮捕され、Aさんも埼玉県警浦和東警察署の警察官に詐欺罪の容疑で逮捕されました。
Aさんの家族は、息子が詐欺罪逮捕されたという事実にショックを受け、少年事件に強い弁護士に相談することにしました。
(※フィクションです)

【少年の詐欺事件】

昨今の少年による詐欺事件では、振り込め詐欺(オレオレ詐欺)や投資詐欺、還付詐欺のグループの一員として、現金の受け取り役(受け子)や電話をかける役を行い、逮捕されるケースが多いようです。

オレオレ詐欺のような特殊詐欺が年々増加し、かつ悪質になっている現状から、詐欺罪に対しては少年であっても厳罰の傾向にあるようです。

刑法第246条は「人を欺いて財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する。」としています。
詐欺罪の刑罰は重く、少年事件であっても、審判において刑事処分が相当とされ、検察官に事件が送られることになれば、懲役刑が課されるでしょう。

ですので、少年の詐欺事件においては、事件の初期段階から、少年事件および刑事事件の経験が多い弁護士に相談することが重要です。

【少年の詐欺罪の弁護活動】

通常の刑事事件と同じく、少年による詐欺事件においても、被害者に対する被害弁償や示談締結が非常に重要です。
詐欺による被害の弁償、謝罪文などによる真摯な反省、そして示談締結により、審判における重い処分を回避する可能性が高まります。

また、少年による詐欺事件においては、少年の更生が重要な論点となります。
審判においては、例えば、詐欺グループとの関係を断ち切り、二度と再犯に及ぶことがない環境づくりを示すことが重要となります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件および少年事件専門の法律事務所です。
少年による詐欺罪のように、被害者対応や示談交渉を含む事案に経験豊富な弁護士が、少年に付き添い最善の弁護活動を行います。

埼玉県さいたま市詐欺事件でお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の無料相談や初回接見サービスをご検討ください。
埼玉県警浦和東警察署への初回接見費用:37,700円)

ページの上部へ戻る