埼玉県さいたま市の公園での酔って迷惑行為で逮捕

2019-09-19

埼玉県さいたま市の公園で酔って迷惑行為で逮捕

<事例1>
埼玉県さいたま市大宮区の公園において、スーツを着た会社員らしき男性が大量のビールを飲んで通行人に迷惑行為を行っているとの通報がありました。
埼玉県警大宮警察署の警察官が現場へ駆けつけたところ、50代ぐらいのスーツを着た男性Aが、酔って別の男性の胸倉を掴んでいたため、警察はAを取り押さえ暴行罪の疑いでAを現行犯逮捕しました。

<事例2>
埼玉県さいたま市大宮区の公園において、60から70代くらいの高齢者男性が集まって大量のビールを飲んで騒ぐ迷惑行為をしているとの通報がありました。
埼玉県警大宮警察署の警察官が現場へ駆けつけたところ、酔った高齢男性2名が掴み合いの喧嘩をしていたため、警察は喧嘩していた男性2名を傷害罪の疑いで現行犯逮捕しました。
(フィクションです)

上記刑事事件例は、今年9月19日の西日本新聞社の記事における、福岡市西区のJR筑肥線姪浜駅前のベンチで、中高年の集団が昼間から酒を飲んで騒ぐなどする迷惑行為が頻発しているとの記事をモデルにしています。

記事によれば、福岡西警察署を中心に、今年110番や苦情は31件、逮捕者は40代から70代の延べ10人に上り、多くの事案において、男女十数人の集まりで、5人前後が連日のようにベンチに陣取って迷惑行為を行っていることから刑事事件化に至っているとされています。
具体的な通報や苦情の内容としては、「酔っぱらいが寝ている」「けんかが起きている」というもので、前述の男女十数人の集団が、近くの店で酒を購入してベンチで酒宴を行い、酔って仲間内でけんかしたり、通行人に絡んだりする行為が4年ほど前から繰り返し行われているとされています。
警察は取り締まりを強化し、今年8月下旬、仲間内で殴り合ったとして傷害罪の疑いで男2人を逮捕しました。
また、9月中旬には、ベンチに座っていた仲間を引きずり下ろした男性を、暴行罪の疑いで逮捕しました。
この集団の中には、昨年4月から今年6月までに、暴行罪などの疑いで計5回も逮捕された60代男性もいるといわれています。
このような悪質かつ頻繁な迷惑行為の現状から、警察は今年7月、管理者である区役所にベンチの撤去を要請し、区役所やJR九州などと会議を開き対策の検討を始めた模様です。

公衆の場において酔って迷惑行為を行い刑事事件化してしまう例は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所にも頻繁にご相談いただいております。

酔って店の看板などを壊してしまう器物損壊罪などの例であれば、逮捕には至らず警察から呼び出しを受けて刑事手続が進行する在宅事件となる場合もありますが、通行人に対する暴行罪傷害罪、あるいはあまりに騒がしい迷惑行為によって通行人や目撃者から110番通報されてしまった事案などでは、警察が逮捕に踏み切る例も珍しくありません。

また、たとえ在宅事件の場合でも、刑事手続において何の対応も行わなければ数十万円の罰金命令が言い渡され、前科を負うこともあるでしょう。

このような事案では、他人の身体や財産に被害を生じさせてしまったのであれば、速やかに刑事事件の示談の経験豊富な弁護士に事件を依頼し、速やかな被害の弁償と被害者感情を和らげる努力をすることで不起訴処分を目指していくことを強くお勧め致します。

埼玉県さいたま市の公園等で酔って迷惑行為をして刑事事件化または逮捕されてお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の初回無料相談や初回接見サービスをご検討ください。

ページの上部へ戻る