埼玉県深谷市のいじめ少年事件 暴力行為等処罰法違反で逮捕されたら弁護士にご相談を! 

2017-08-10

埼玉県深谷市のいじめ少年事件 暴力行為等処罰法違反で逮捕されたら弁護士にご相談を! 

埼玉県深谷市在住の中学生Aさん(17)は、友人複数とともに同級生のVさんに対して定期的に暴力をふるっています。
ある日、空き地でAさん達がVさんに対して集団で殴るなどしていたところ、近隣住人が通報し、埼玉県警深谷警察署の警察官によって、Aさん達は暴力行為等処罰法違反の容疑で現行犯逮捕されました。
取調べの結果、傷害罪や恐喝罪などの余罪も発覚し、警察からは今後勾留または観護措置が取られる可能性があると言われました。
Aさんのご両親は、Aさんの今後の事件の先行きに不安を覚え、少年事件に強い弁護士に依頼することにしました。
(※フィクションです)

暴力行為等処罰法とは】

暴力行為等処罰法は、団体または多衆による集団的な暴力犯罪を特に重く処罰する法律です。
主に規制される行為や法定刑を以下に列挙します。

・団体や多衆の威力を示したり、凶器を示したり、数人共同で、暴行罪、脅迫罪または器物損壊罪を犯した場合、3年以下の懲役または30万円以下の罰金
・銃砲や刀剣類を使って傷害を行った場合、1年以上15年以下の懲役
・常習として傷害、暴行、脅迫、器物損壊を行っている者が、傷害を行った場合、1年以上15年以下の懲役、それ以外を行った場合、3月以上5年以下の懲役
・財産上不正の利益を得る目的で、団体または多数の威力を示して面会を強請したり強談威迫をした場合→1年以下の懲役または10万円以下の罰金
・常習として理由なく面会を強請したり強談威迫をした場合→1年以下の懲役または10万円以下の罰金

実際の事件例としては、大学の学生による抗議活動として集団で看板を破壊した事例や、中学生による集団いじめ事件などで暴力行為等処罰法が適用され、それぞれ逮捕や書類送検に至っています。

そして、暴力行為等処罰法が問題となる事件では、少年グループによる集団暴力行為によって非行事実が推認される傾向があるため、厳しい処分を回避し、真に少年のために必要な更生を考えるためには、少年事件に長けた弁護士に相談し、付添人として活動してもらうことをお奨めします。

埼玉県深谷市暴力行為等処罰法違反でお悩みの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の無料法律相談または初回接見サービスをご利用ください。
埼玉県警深谷警察署への初回接見費用:41,600円)

ページの上部へ戻る